アロマで睡眠の質が変わる!快適な睡眠に効果的なアロマとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アロマ

睡眠に不満のある方が増えている!アロマは効く?

夜寝る時になかなか寝付くことが出来ない、朝起きた時すっきりせず疲れが残っている、目覚めが悪い、夜中に何度も起きてしまう、眠った気がしないなど、今多くの方が睡眠に対する不満をかかえ、その症状に悩まされています。

寝た気がしない、睡眠に不満があるというのは睡眠の質が落ちているという事。

しかし不満があるからと言ってただ睡眠時間を増やせばよいというものでは無いのが難しいところです。

一日の疲れを取るため、心身共に安らぐための大切な睡眠の質が落ちてしまうと精神的にも身体的にもバランスを崩しやすくなるため、軽視は危険です。

少しでも早く睡眠の質を高め、満足感のある快適な睡眠が出来るようになるよう、

快眠を妨げているものを改善し、自分に合った快眠方法を試みて、睡眠の質を高めることが必要です。

今さまざまな快適な睡眠に導く・睡眠の質を高める方法がありますが、その中で注目されているのがアロマテラピー(略してアロマ)による方法です。

アロマって聞いたことあるけど、実際にどのようなもの?

どのように使用することで快適な睡眠が可能なの?

と色々と疑問がわいてきますね。

早速、アロマについてと、アロマと睡眠との関係についてご紹介しましょう。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとはエッセンシャルオイル(精油)という植物から抽出した香りの成分を使用して、心と身体に働きかける自然療法の1つです。

好きな香りをかぐことでなつかしい気持ちになったり、気持ちが安らいだり、自然と涙したこと、自然の花の香りや、果物の香り、森などに入った時の何ともいえない心地のよさと香りを経験された方も多いのではないでしょうか。

「良い香り」「自然の香り」というのはリフレッシュとリラックスに大変役立つもの。

リフレッシュとリラックスすることにより、疲れた心と身体が正常に整い始め、健康と美しさを取り戻していきます。

この方法は実はとても古くから利用されており、人類は自然の香りによって助けられてきました。

アロマテラピーという言葉が登場したのは20世紀になってから。

自分自身の健康と美容に関心が高まっている現代では研究も進み、会社や介護施設、スポーツ、リラクゼーション、エステ、医療、宿泊施設など様々な場所で活用されています。

心地の良い香りを嗅ぎながら眠るというのは想像するだけでも気持ちよく眠れそうですよね。

アロマが快適な睡眠に役立つ理由は?

アロマが快適な睡眠に役立つ理由は、様々な自然の葉や根・皮・花から抽出された精油の香りが持つリラックス効果・リラクゼーション効果のほか、様々な薬理成分が含まれているから。

香りを嗅ぐことにより、香りの成分が脳に直接届き、疲労回復やストレス解消などその植物が持つ薬効が期待できます。

エッセンシャルオイルを使用し、心地よい香りを嗅ぐことで気持ちを落ち着かせ、心と身体が和らぎ、その結果快適な睡眠を得ることが出来ます。

また、心地の良い香りを嗅ぐと心が軽くなり、気分が明るくなるので、くよくよすることが無くなります。

アロマは不安が軽くなる抗うつ作用があるのです。

さらにリラックスすることにより、自律神経の乱れを整え、寝つきを良くすることが出来ます。

その他、女性特有の女性ホルモンのバランスの乱れも整えてくれる作用も期待できます。

快適な睡眠に役立つアロマの使用方法とは

特別な道具を使用しなくても、エッセンシャルオイルさえあれば、アロマテラピーというのは簡単に試すことが出来ます。

まずは少量から。量を沢山使用したからと言って効果が上がるわけではありません。

逆に浴びるように使用しては周囲に迷惑をかけてしまったり、香りがきつすぎて逆効果になってしまう可能性があります。

「ほんのり」「ほのかに」香る程度が理想的。

ティッシュかコットンにほんの少ししみこませて、寝室に置いてみましょう。

また、無香料のハンドクリームなどにほんの少し精油を加え混ぜてから手に塗り込み、布団に入ってその手を顔に乗せ、そっと嗅ぐと手も保湿しながら、心地よい香りの中で眠ることが出来ます。

お風呂に入れる時は直接エッセンシャルオイルを入れず、重曹やはちみつ、天然塩などに混ぜて乳化させてからお風呂に入れるようにしましょう。

眠る1時間前に入るこのアロマバスは血行も良くなり、リラックス度が高まるため、快適な眠りの為にはおすすめです。

睡眠に効果的なアロマの種類とは

睡眠の時に快適な眠りを誘うことが出来るアロマをご紹介しましょう。

・ラベンダー

気持ちを落ち着かせ、睡眠に役立つ香りの代表と言えばやはりラベンダーです。
甘くてフローラルな香りが特徴的。

鎮静効果があり、肩こりや目の疲れなども癒す効果も期待できます。

良く芳香剤などにも使用されていて、芳香剤のラベンダーが苦手という方もいらっしゃいますが本物のエッセンシャルオイルの香りは違うので試してみる価値大です。

・カモミール

優しくきつすぎず、香りに敏感過ぎてしまう方やお子様でも使用できる香りです。

カモミールにはカモミール・ローマンとカモミール・ジャーマンの2種類がありますが、

かゆみ止めとしてスキンケアにも使用できておすすめなのがカモミール・ローマンです。

・オレンジスウィート

甘くさっぱりとしたみかんの香り

甘くてすっきりと爽やかなのがオレンジの1種のマンダリンです。お子様でも安心してリラックスできる香りです。自律神経を調整してくれる効果が期待できます。

・フランキンセンス

咳や鼻水などでなかなか寝付けないという時におすすめ。

神聖な香りで呼吸器系に効果が期待できます。花粉症などにはユーカリもおすすめです。

・クラリセージ

女性におすすめのホルモンバランスを整えてくれるハーブ調の香りが特徴。

生理前後でイライラする、寝付けないといった時に効果が期待できます。

・マジョラム

神経が高ぶって辛い、自律神経が乱れがち、ストレスで押しつぶされそうといった方におすすめ。気持ちが和らぎ、自然な眠りへと誘います。

アロマを使用するうえで気をつけなければならないこと

アロマによっては逆に睡眠を妨げてしまう香りや睡眠の質を高める効果が期待できない、睡眠には合わない香りというのも存在します。

また、なんでも好きな香りを使用すれば、快眠を誘うとは限りません。

なぜならエッセンシャルオイルによって嗅ぐことによりリラックスするものと、それとは逆に香りをかぐことで元気になり、バリバリ活動出来るものも存在するので注意が必要です。アロマオイルの特徴や成分などを良く調べて、睡眠の時に役立つ、快眠に適したアロマオイルをいくつか選び、その中から好きな香りのアロマを使用するようにしましょう。

アロマを日常生活に上手に利用しましょう。

質の高い、気持ちの良い睡眠を得るには、アロマは簡単で無理なく続けられるおすすめの方法。自分の体調や心の状態と対話し、その時の状況に合ったエッセンシャルオイルを使い分けるとよりよい効果が期待できます。

上手にアロマを利用することは、快適な睡眠が出来るだけでなく、心と身体のバランスを整え、健康と美容維持にもつながります。

エッセンシャルオイルを入手するにはアロマ専門店が安心ですが、通販などでも気軽に購入することが出来ます。

購入する際は低価格を重視するのではなく、出来るだけ評価の高く、品質の良いエッセンシャルオイルを購入できるお店を選びましょう。

正式な商品にはエッセンシャルオイルか精油と表記されているので必ず確認すること。

間違って合成香料商品を買わないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*