smallspring

アルコールを飲むといびきがうるさい!いびきの原因とアルコールとの関係

いびき

偶然ではない?飲んだときのいびき

アルコールを飲むときに限っていびきをかく方、アルコールを飲むとさらにいびきが大きいと家族に怒られたとお悩みの方、何故アルコールを飲むといびきが大きく、うるさくなるのかご存知でしょうか。

これはたまたま起きる自分だけ特別なものではなく、多くの方が体験し、悩まれています。

アルコールといびきは実は大いに関係性があるのです。

続きを読む

夏バテは食べ物で予防・改善できる?

夏バテ

暑い夏をなんとか乗り越えたい

夏の暑い日が続いて秋に差し掛かったころ様々な身体の不調が起きるのが夏バテです。

別名暑さ負けともよばれる夏バテは暑い真夏をなんとか乗り越えて、やっとこれから身体が楽になると思った頃に、夏の暑さにより積み重なった疲れが押し寄せ、体調不良となってしまう事を言います。

秋口に差し掛かるとってもまだまだこの時期というのは夜多少涼しくなっても日中は暑さが厳しい状態です。

気を付けないとさらに症状を悪化させてしまう危険があります。

また、最近では夏バテという意味は暑さ負けの総称の意味だけではなく、高温多湿の辛い状況が続いたときに体調が悪くなることも同じように夏バテと表現されます。

夏バテ気味・夏バテの主な症状として身体がだるい、疲れやすい、胃腸の調子が悪い、頭痛やめまい、食欲不振、やる気が起きない、朝辛くて起きられないなどが挙げられます。

完全な夏バテになってしまうと心身ともに疲れ切って不調となってしまうので心と身体が完全に回復するまでにはかなり時間がかかります。

本人も辛いですが、それを見守る周囲も大変です。

完全な夏バテにならないようにするためには夏バテ予防と初期段階での早め改善がベスト。

続きを読む

サプリメントやチョコレートで注目のGABAとは?

GABA

GABAでストレス解消?

現代人の多くが仕事や学業・育児・家事・介護などで感じているストレス。

ストレスは日々少しずつ蓄積され、精神面や身体面で悪影響を及ぼします。張りつめた神経と緊張感で身体と心はもうカチカチ。

そんな辛いストレスを感じている精神面・身体面をリラックさせてくれる注目成分がGABAです。

GABAはチョコレートや様々な健康サプリメントなどに配合されているリラックス効果が期待できる成分。

天然アミノ酸の1種であり、正式名はGamma-Amino Butyric Acid(ガンマーアミノ酪酸)と言い、頭文字を取り、GABA(ギャバ)と呼ばれています。

脳やせき髄で神経伝達物質と興奮を鎮め、リラックスさせる役割を果たしています

ストレスが溜まった時にGABAの成分が入ったチョコレートやサプリメントを摂取るとストレスを軽減し、リラックスをもたらせる効果が期待できます。
通常GABAは体内にも広く存在しておりますが、ストレス社会となっている現代では自分とは無意識に溜まりかけているストレスを和らげようと体内のGABAはどんどん使われ、常に少ない状況となっている方が増えています。

また、過労や加齢・睡眠不足により、体内で作られるGABA量を思ったように作ることが出来ず、常に不足気味となっている方も多くおられます。

特にGABAはぐっすり眠るときに多く生成されるので、睡眠不足となると体内のGABAはどんどん足らない状態となってしまいます。

そうなるとGABAによる抗ストレス作用が働かなくなり、ストレスによる緊張・興奮した状況から解放されず、心身共に参ってしまう可能性があるのです。

今回はGABAとストレス、その他の効果効能、食べ物による取り込み方法などについてお話していきましょう。

続きを読む

最近不眠症気味・・もしかして更年期かも

不眠症

イライラする、よく眠れないのは更年期のせい?

女性の身体というのは早い人で40代後半あたりから身体に様々な変化が起き始めます。

加齢とともに卵巣機能の衰えや女性ホルモンの分泌が低下し始めるのが大きな原因。

間もなく閉経を迎える時期、閉経した後の時期に起きる症状です。

これは更年期といわれるもので閉経前5年間、閉経後5年間のおよそ10年間の事を指します。

その症状の中でも多くの女性が悩むのが更年期による不眠症です。

イライラや不安な感情が現れ、夜中に何度も起きてしまう、手足が冷たくてなかなか寝付けない、夜中に汗をかき熟睡できない、朝目が覚めても熟睡感が無い、なかなか起き上がれない、夜熟睡できないので昼間が眠くて寝てしまい悪循環になってしまうなど日によっても症状が違うことがあれば、いくつかの症状が重なってしまう事もあります。

これは更年期による卵巣の機能低下で女性ホルモンの分泌が急低下すると、心身のバランスを整えてくれている自律神経が乱れ、睡眠を司る間脳に悪影響を及ぼしてしまうのが原因とされています。

また、さらに日常生活での様々なストレスなどがプラスされると症状はさらに悪化し、心身共に参ってしまい、困り果ててしまう方も。

今回はそんな多くの女性が悩む更年期の症状や不眠との関係・対策方法についてお話ししていきましょう。 続きを読む

知っておきたい熱中症対策のポイント

熱中症

もっと知りたい。熱中症について

ここ数年の日本の暑さは厳しく、毎年4月ごろになると急に暖かくなり始め、グングンと気温が上昇し、連日のように熱中症に気を付けるよう、テレビ番組やラジオ番組などでも注意喚起が行われています。

熱中症は室外だけでなく室内でもかかる危険性があり、誰の身にも起こりえること。

処置が遅れると最悪の場合は死に至るケースも怖い症状であるため、年齢を問わず、正しい理解と知識、予防と対策が必要です。

特に暑い時に屋外で仕事やスポーツ・イベント・などで長時間にわたって行動をされている方は熱中症の危険とは常にとなり合わせ。

あらかじめ熱中症にならないための予防をすることも大切ですが、熱中症とはどのような症状になるのか、暑い時に屋外で活動する際の対策方法などを知っておくといざという時に早目の処置を行うことが出来ます。

今の世の中は高齢化社会という問題も抱えており、夫婦だけで暮らしている高齢者、ひとり暮らしの高齢者も増えています。

高齢者は水分をあまり摂取しなくなる、暑さに対して鈍くなる傾向があり、夏場は熱中症に充分に注意しなくてはなりません。

また、両親共働きでお子様だけの留守番も増えており、体温調節機能が未熟なお子様が夏場の留守番中に熱中症になる危険も考えられます。

自分の身は出来るだけ自分で守る時代。

ここでは自分で出来る熱中症予防・対策・対処についてお話していきましょう。

続きを読む

快適な寝室づくりなどで注目の間接照明とは

間接照明

おしゃれなだけじゃない間接照明の効果

私たちの生活の一部であり、身近で大切な存在である照明。

今は部屋の雰囲気などに合わせた様々な明るさの照明やその照明を囲むお洒落な照明器具が販売されています。

照明には大きく分けると直接照明と間接照明の2種類に分かれます。

直接照明とは直接の光で部屋の中を照らす、ごく一般的な照明の事を言い、関節照明とは直接照明とは違い、天井や壁などに光源をむけて反射した光を空間に活用する照明の事を言います。

間接照明は部屋のムードや雰囲気を良くする、快適な空間を演出する効果があります。

美術館やお洒落なバー、ホテルの寝室などを思い浮かべると眩しすぎず、穏やかで優しいおしゃれな光を思い出しませんか?そういった素敵な空間には間接照明が使用されています。

今若者やおしゃれに関心のある方の間ではこの間接照明が大人気。

間接照明に関することが数々の雑誌やテレビ番組などでも取り上げられており、男女問わずその人気は高まっています。

自分の部屋を間接照明でお洒落に演出しするとモテ度がアップするとも言われています。

さらに間接照明はお洒落だけでなく、リラックス効果やストレス解消、安眠効果などを高める効果も期待できます。

特に一日の疲れをとるために必要な睡眠の質を高めるための寝室の間接照明は関心度が高まっています。

今回はそんな間接照明についてお話していきましょう。

続きを読む

暑い夏に快眠したい!今人気の冷感敷きパッドとは?

冷感

暑い夏には欠かせないクール寝具

毎年夏が暑くなっている・・そんな気がするほどここ最近の夏の暑さというのは大変なものです。夏を乗り切るために大切なのは夜十分に身体を休めること。

そこで重要なのがいかに快眠できるかです。

夏が暑いと疲労度も高まり、身体は悲鳴をあげ気味。夜ぐっすりと快眠できればその疲れも癒すことが出来ますが、暑さで寝苦しい、途中暑さで起きてしまうなど眠りが浅く、快眠が出来ていないと疲労は蓄積し、夏バテの大きな原因となってしまいます。

そんな暑い夏に快眠をサポートしてくれると今注目を浴びているのが冷感敷きパッドです。

敷きパッドとはシーツや敷きカバーの上に敷くもの。

敷きカバーやシーツの上に重ねて敷くものであり、寝間着や肌に直接触れるものです。

汗をかいた後や、汚れてもさっと外すことができるので大変便利です。

冷感敷きパッドとは寝る時にひんやり感を感じることが出来る敷きパッドの事。

種類も豊富で汗の吸収しやすい仕上がりになっている冷感パッドやさらっと速乾性の高いもの、ひんやり感の高いものなど自分の好みに合わせて購入することが出来ます。
今回は快眠に効果が期待できる冷感敷きパッドについて色々とご紹介しましょう。

続きを読む

悪質な施設に入らないために。良い老人ホームの見分け方

老人ホーム

快適に暮らせるように自分や家族の希望を確認

老人ホームは介護が必要になり、家庭で生活することが困難になった高齢者を入居させて、必要な生活援助やサービスを提供するための場所です。

現在高齢者人口の増加に伴って、官民の双方からさまざまな特徴を持った施設が設置運営されています。そこでどの施設が良い老人ホームなのか選ぶのが難しくなりました。

大切なおじいちゃんおばあちゃんが生活する所なので、良い施設を選びたいですね。施設選びのコツはどのようなものがあるのでしょうか。

自分や家族が入所する老人ホームが快適な住環境になるかどうかを判断するためには、先ず自分がどんな環境で生活して行きたいのかの希望を確認しておくことが欠かせません。

人生100年時代の到来が近いとされている現代では、老人ホームに入ってから過ごす時間も30年40年と長期間に渡たります。その長い時間をストレスに耐えながら過ごすのは精神的にも肉体的にも良い事ではありません。

入所を打診するに当たって、施設側がどんなサービスを提供してくれるのかをまず調べ、情報と自分たちの要求がマッチングしているのかを確かめましょう。

基本的に確認しておきたいのは6つです。立地、居室の広さや設備、食事の内容、介護の内容、医療体制、家族の面会頻度。これらの事は施設のパンフレットに必ず記載してある情報です。

それが書いてない様ならきちんと担当者に確認を取って納得のいくまで話し合いをしてみましょう。どれも高齢者が充実した生活を送るには重要な要素になります。

先ず立地ですが、人によっては軽い買い物に出かけやすいお店が多く移動手段に長けた都会を希望する方もあるでしょう。反対に静かな田舎でのんびりと過ごしたい場合も。

周辺に駅や高速道路、工場などがあると騒音で眠れないなどの弊害も予測されます。入所を検討している施設があったら必ず体験会などに参加して立地を確認しましょう。

あまり遠い所にあると家族の面会も大変になり、施設の中で高齢者が孤立してしまうことも考えられます。介護の必要などからホームに入るとしても、最期まで家族との関係を密にしておくことは大切です。

また老人ホームは新たな自宅になる場所ですから、室内の設備や広さが好みに合うかどうかも重要なチェックポイントですね。掃除をキチンとしてもらえるのか、シーツの交換頻度は、なども気になれば確かめておきましょう。

要介護度に応じて噛める固さや飲みこめる大きさが変わってきます。朝昼晩の食事には、入所者に合わせて食べやすい献立や状態のものを準備してもらえるのか。これは見落としてしまうと誤嚥を引き起こす可能性があり、肺炎など重篤な病気の原因になります。

そのためせっかく入った施設を出なくてはならなくなるという場合もあるでしょう。専門の調理師が居るのか、栄養士などの監督があるのかも知っておかなくてはなりません。

最後にもっとも重要な介護士の勤務体制と、嘱託医の存在を調べます。老人ホームは体や精神に何か疾病が起こってしまい、家庭で生活するのが難しい人のための場所です。

介護士の数は充分なのか、いざという時にきちんと医師の診察を受けられるのかなどを調べます。高齢者は免疫力が低くなっていて季節の変わり目に体調を崩しやすいものです。医療設備の充実を施設に求めるのは当然です。

続きを読む

二世帯住宅での介護は家の特徴を最大限活用が理想

二世帯住宅

別居と同居のいいとこどりである二世帯住宅の介護

「二世帯住宅」とは、親、子、あるいは孫家庭を含めた三世代で暮らしている住宅の中で、それぞれの家庭ごとに住空間が分かれている設計のものを主に言います。

お風呂やトイレが2つずつ作られていたり、台所も分かれていたり、中には玄関が2つと言う作りのものもあり形状は様々です。

子供が結婚して家庭を持っても、お互いの生活に干渉せずに自由に暮らしつつ、何かあったときは協力関係を密にしておけるようにということを目指して90年代から広まりました。

それから30年近い年月がたち、今や別々の環境で暮らしていた親世代に、日常的な介護が必要な時代となっています。いつまでも離れていると考えていられなくなりました。

そこで、二世帯住宅で長年生活し、親が高齢者となった場合、この先の介護をするうえでいろいろなメリットが見込めると評判になってきています。

それは先ず別居に近い状態とはいえ親がすぐ近くにいて様子を伺いやすいと言う事。病気になったり食事を運んだりするときも、親世帯の台所や居室を一部借りるなどして臨機応変に対応可能なことから来ています。

また、基本的には生活空間が分かれているので、介護している家族が休息をとり易く、ストレスを溜めることを防げます。介護は精神帝にも体力的にも厳しいものなのでこの点は重要です。

介護ストレスを溜めてしまった家族による高齢者への虐待問題も根強く、根本的な解決策が模索されている段階でしかありません。

また老老介護は社会問題化することもありますが、やはり長年連れ添った相手を自分で世話したいと思うご夫婦も多いようです。

その場合には、それぞれのプライバシーが守られている空間で過ごせることが世帯が別れている事のメリットとなります。おむつの交換など親しい人以外に見られたくないと思っている女性も多いでしょう。

二世帯住宅は遠いようで近いという、別居と同居のいいとこどりをしたくらしの形です。それが介護の現実にも適していることが分かってきたのです。

続きを読む

今就職の際に注目のリフレッシュ休暇とは

リフレッシュ休暇

チェックしておきたい休暇制度

今は有給休暇や育児休暇など法律で定められた法的休暇の他に、それぞれの大企業・中小企業が任意で導入を行う法定外休暇というものが存在します。

その法定外休暇の中で注目され、増えつつあるのがリフレッシュ休暇です。

リフレッシュ休暇とは勤務年数が一定を超えた時、早ければ3年から5年・10年などの節目の際や節目の年齢となった際に付与される休暇の事を言います。

リフレッシュ休暇は通常の週休や夏季休暇や年の初め・最後の休暇には含まれません。

それとは別に付与されるもので勤労者への健康維持や精神の安定、自己啓発・疲労回復などを目的として設けられている休暇です。

今このリフレッシュ休暇を導入している大企業や中小企業は徐々に増えつつあり、特に規模の大きな企業ではすでに約半数がこのリフレッシュ休暇を導入しています。

働いている側からすれば節目・節目に会社からごほうびをいただいたようでとても嬉しい事ですし、節目というのは色々と人生や仕事に置いて考える時期でもあります。

その時にリフレッシュ休暇を取得することは物事をプラスに向けられる様々な効果があります。

今回はそんなリフレッシュ休暇がもたらす企業側・取得する側の効果やリフレッシュ休暇を取得する側の効果などリフレッシュ休暇にについてお話しましょう。

続きを読む