体に悪影響をあたえる便秘!何とか即効で改善したい

Pocket

便秘

続くとつらい便秘

お金とは違い、どんどんたまると厄介で身体に悪影響をあたえてしまう便秘。

人間が健康な理想的な身体の状態というのは食う・寝る・出すがスムーズな事なのですが良く食べて眠れていても「出す」に困難が生じると身体の中の毒素や老廃物を排出することが出来なくなるため、身体だけでなく精神面にも悪影響を与えてしまう危険性があります。

たばこと同様便秘は百害あって一利なし。

放置せずに出来るだけ早期改善が重要となります。

何とか即効で便秘を解消・改善できる方法が知りたいという方のため、今回は便秘になる原因や便秘が与える心身の悪影響、即効で出来る便秘改善・解消法など健康に重要な「出す」について詳しくご紹介しましょう。

便秘が原因によってよる心身の悪影響とは

便というのは1~2日に1回、スムーズに出るのが理想的ですが、便秘がひどくなると1週間に1~2回、ひどくなると1週間以上出なくなるという方もいます。

・便秘が続くと腸内には様々な悪玉菌が発生してしまいます。またそれだけではなく、硫化水素、アンモニア物質、怖い発ガン促進物質、発がん物質といった有害な物質を発生させます。

・腸の中の臭いも日によって強烈となり、有害物質と一緒に臭いも身体中をめぐるようになります。そのため便秘をしてしまうと身体中に毒素や有害物質が駆け巡るだけでなく、体臭やおなら・口臭もきつくなります。

・ニキビや吹き出物など肌荒れにもつながるため、美容面にも悪影響をあたえます。

・便秘になると全身の血液循環や代謝を悪化させ、自律神経の働きも乱すため、精神的に不安定となり、イライラしやすく、怒りっぽくなる、出ないという不安で落ち着かなくなるなどの症状があらわれます。何とも言えないすっきりしないイライラ感はストレスとなりやすく、ストレスが溜まるとさらに便秘の状況を悪化させてしまう危険性もあります。

・全身の血行と代謝の悪化で痩せにくく、太りやすい体質になる可能性を高めます。

身体もだるく、疲労感も増えるため、身体を動かすことへの意欲も無くし、さらに状況を悪化させてしまう場合があります。

・血行不良・代謝不良はむくみや冷えを引き起こし、生理不順、頭痛・肩こり・腰痛などの大きな原因にもなります。

・常にお腹が張り、下腹部の違和感に悩まされます。便秘が悪化すると便の水分が不足する便がかたくなり、トイレでいきんだ際に痔を引き起こす原因にもなります。

また、強くいきむと血圧を上昇させるため心臓や脳に負担をかけ、脳卒中や心臓病のリスクも高めます。

夏になるといきんで汗をかき、脱水症状となる場合もあります。

・大腸がんや高脂血症・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めます。

即効性のある便秘解消方法とは

試してみる価値大!耳ヨガ

身体を動かす有酸素運動の1つであるゆっくりと身体全体を使うヨガは身体の循環を良くし、便秘解消にも役立ちますが、いつでも気軽に行え、即効性が期待できるのが耳ヨガです。

全ての方に即効性があるという訳では無いですが、多くの方が実体験し、大きな効果をあげていると今評判の便秘解消方法です。

耳というのは身体全体に効果的なツボが集中していると言われています。

やり方はとても簡単。まず片方の耳の上を親指と人差し指2本でつまみ上げ、ぎゅっと引っ張り上げます。これを5秒間続けたら手の力を緩めます。

次に耳の真ん中を引っ張って5秒間、次に耳の下(耳たぶ)を引っ張り5秒間引っ張り、緩めます。その後、固いところがあれば優しくほぐしてあげましょう。

片方の耳が終わったらもう片方の耳を同じ様に引っ張り、ほぐします。

この耳ヨガを行い、耳に刺激を与えることで自律神経が整います。

自律神経が整うと腸やその他の内臓の働きが活発化し、老廃物をすっきりと排出することが出来ます。ヨガを行う前に水分を摂取しておくとより効果的です。

耳ヨガも効果的ですが、全身のツボが集中している足の裏を刺激するのも便秘解消には効果的です。

青竹踏みを使用するのも効果的ですし、足の裏全体を手でゆっくりもみほぐしてあげると腸の働きを良くし、便秘解消効果が期待できます。

つま先立ちで便秘解消

つま先立ちを5分間行うのも便秘解消には効果的です。バレリーナのように完全なつま先立ちではなく、裸足で何かにつかまり、かかとを出来るだけ上げ、5分キープするだけです。

たった5分と思いきや、いきなり5分間は難しいので最初は2分程度に分けて行うようにしましょう。つま先立ちをすることで腹筋やお尻の筋肉・排便に必要な筋肉を刺激する効果があるほか、ふくらはぎを刺激し、身体の血行と基礎代謝をアップさせ便秘解消効果が期待できます。

うつぶせ寝で大ぜん動促進!

テレビ番組などでも紹介された便秘解消方法で話題となっているのがうつぶせ寝を10分した後に身体を横に転がるように動かす運動です。寝る前に行うと朝にスッキリ排便効果が期待できます。

まず、おへその周りにクッション、または枕を敷き、そのままうつぶせになり、10分間そのままをキープします。この間は音楽を聴いたり、ラジオを聞いたりしてゆったりとリラックスしましょう。

10分経過したら身体を左右横にゴロゴロと身体を傾けるのを4~5回繰り返して終了です。

腸全体に刺激を与え、腸の働きを妨げる余分なガスを抜く効果があります。

この他にもストレッチやラジオ体操、ウォーキングや縄跳びなどの適度が運動は身体の代謝を活発にしてくれるため、健康にも良く、便秘解消にも大いに役立ちます。

運動不足は便秘の敵です。即効性のあるご紹介したヨガやつま先立ち、うつぶせ寝のあと横に転がるように動かす運動だけでなく日頃から適度な運動を心掛けることは今後の便秘予防にもつながります。

便秘解消のお茶やサプリメントを試してみるのもおすすめ

便秘というのはなかなか頑固なもの。よほどひどい便秘は浣腸や便秘薬などは即効性があります。あまりに便が出ず、ストレスが溜まって精神的に追い込まれてしまうよりも、時には薬の力を借りることは悪い事ではありません。

ただし、それが当たり前となり、薬に頼り過ぎてしまうのは危険。

特に普段から便秘になりやすい方は適度な運動や食物繊維やヨーグルトなど便秘解消に役立つ食生活を心掛け、自然な排便が出来るようにすることが大切です。

便秘解消に薬ではなく、健康食品であるサプリメントを試してみるのもおすすめです。

便秘に役立つサプリメントは乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖、マグネシウムなどが配合されているものが効果的です。こ

れらのサプリメントを毎日継続することにより、腸内環境が整い、快適でスムーズな排便が期待できます。

便秘解消に役立つサプリメントを選ぶ際には価格面、機能性、品質などを良く確かめ、安心できるメーカーの商品を選びましょう。

また、最近ではネット通販やドラッグストアには便秘改善のお茶というのも数多く販売されています

便秘改善のお茶選びで気を付けなくてはならないのが、お茶の選び方です。

便秘改善のお茶には即効性のあるものと継続して飲むことにより、徐々に便秘が改善されるお茶と大きく分けて2種類があります。継続して飲むことにより徐々に効果が現れる便秘改善のお茶にはごぼう茶やルイボスティー、玄米茶などが挙げられます。

即効性のあるお茶には下剤として使用されているセンナやキャンドルブッシュといった成分が含まれていますので、あまりいきなり大量に飲んでしまうと下痢や腹痛を起こす場合があります。記載してある量を守り、お腹の調子を見ながら飲むようにしましょう。

頑固な便秘で困った時は即効性の高い成分が入ったお茶を飲み、普段は継続することにより腸内環境を良くするお茶を飲むようにすれば安心です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です