健康

日本人の約3割以上が花粉症の時代!

花粉症

ほんとうにつらい花粉症

暖かい春の訪れは寒さに弱い方にとってはとても嬉しい事ですが、花粉症の方にとっては辛い日々が続く幕開けであり、憂鬱となる時期でもあります。

日本では最もマスク率が高まる時期でもあり、周囲をチラッと見るだけでもかなりの方がマスクをされています。

天気予報と共に花粉状況が予報されるほど多くの方が苦しみ、悩んでいる花粉症。

1年を通して感じる方もいますが、一番多く花粉が飛散するのが冬の終わりから春にかけての時期となります。

スキやヒノキ、イネ、ヨモギ、ブタクサといった知名度のある植物を含め、なんと花粉が飛ぶ植物は50種類以上。

飛散する量は毎年違いますが、これだけの種類の花粉が飛び交っているというだけでも嫌な気分になってしまいますよね。

年齢層によっても差がありますが今では約日本人の3割以上が花粉症であり、花粉症かも・・と何かしらの対策をしている方を含めると4割以上とも言われています。

重症な方になるとゆっくりとしている間もなくティッシュで鼻をかみ、くしゃみが止まらず、睡眠不足となり、花粉の症状だけでなくメンタル面や体調も悪化し、心身共に調子を崩してしまう場合も。

かなり症状が辛い時は医師の診断を受け、薬を処方してもらい、医師の指導を受けることが大切ですが、それと共に日ごろから自分で出来る花粉症対策をしっかり行うことで、症状を緩和し、軽くすることができます。

今回は自分で出来る花粉症対策についてお話しましょう。

続きを読む

自宅で楽しめるおしゃれな女子会

女子会

女同士で気軽に楽しむ女子会

女性はいくつになってもちょっとしたおしゃれなことが大スキ。

ちょっと服装もおしゃれをして、おしゃれな雰囲気のお店でおしゃれ感のある美味しい食べ物を食べながら思いっきりガールズトークを気兼ねなく楽しむ。

毎日忙しく働き、ストレスがたまる中、気の合う仲間とこういった一時があると自然とリラックスすることができ、明日への活力がみなぎってきます。

しかし、おしゃれなお店での女子会は意外とお金や手間や時間がかかるもの。

そして沢山沢山お話ししたいのに時間に制限があるので物足りない時も・・

そんな時はあまりお金を掛けず、簡単にお洒落な自宅での女子会パーティをしてみてはいかがでしょうか。

親しい女3人寄ればもうそこは女子会。

どうせお友達を招くのであれば女子会らしくお友達が喜ぶちょっとしたおしゃれ感をプラスしたおもてなしをしたいですよね。

招待されるのも楽しいですが、もてなす側になるのも楽しいもの。

今回は自宅での女子会をおしゃれに、楽しく盛り上げるちょっとしたコツをご紹介しましょう。

続きを読む

成長ホルモンがたっぷり分泌されるノンレム睡眠とは?

睡眠

時間帯ではなく眠りの深さに関係する成長ホルモン

人間が健康でいられるのは日中に意欲的に動き、そしてぐっすりと睡眠を取る事。

睡眠は身体を休めるというだけでなく、昼間活用した脳の中の記憶を整理したり、成長に必要な成長ホルモンが多く分泌される時間でもあります。

特に成長期の子供にとってゆっくりと眠る事、充実した睡眠は成長に大きな役割を果たしてくれます。

寝る子は育つというのはまさにこのこと。成長期に安眠出来ず、睡眠不足になってしまうと十分に成長ホルモンが分泌されず、身長をはじめ身体の成長に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

日本人は他の国と比較しても睡眠時間が短めであり、身長も他の国と比較しても低めです。これははっきりと断言されたわけでは無いですが、短い睡眠が影響をしているとも言われています。

睡眠には種類があり、レム睡眠とノンレム睡眠と2種類があります。

どちらも大切なものですが、成長ホルモンが最も分泌されるのはノンレム睡眠の時と言われています。

今回はこのノンレム睡眠と成長ホルモンについてお話していきましょう。

続きを読む

筋肉痛の時は運動してもいいの?原因と対処法について

筋肉痛

毎日筋トレしたほうがいいはウソ?

「久しぶりに運動したら体が痛い!」

よく見かける光景ですが、筋肉痛は誰にでも起こりうる身近な症状のひとつです。

体が痛む状態で無理にトレーニングを続ければ、さらに筋肉が鍛えられそうな気もしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は「筋肉痛の時は運動してもいいの?筋肉痛の原因と対処法について」お届けいたします。

続きを読む

うつ病の症状と原因について

うつ病

心がこじれてしまううつ病とは

普段は健康な方でも身体の疲労や無理が続くと、免疫力が衰え、体調を崩し、風邪を引きやすくなります。

一方、身体ではなく、精神的な無理がたたり、心が風邪を引いたようにこじれてしまう状態がうつ病(鬱)です。

風邪をひくと咳や熱、喉の痛みなどで体がとてもつらく、治るまではとても大変です。しかしそれ以上にいったんこじらせてしまうと困難なのが心の病気であるうつ病です。

うつ病は風邪と同様、誰にでもかかる可能性がある病気。

特に時間に追われ様々な事を次々と行わなければならないストレス社会と言われる現代ではうつ病にかかる人数は年々増えています。

うつ病はひどくなると自殺願望がでるため命にもかかわる怖い病気です。

うつ病はどのような症状や原因を知っておくことは将来もしも自分自身や家族、知人・友人がかかった時に早期発見が出来、早めに治療を行うことができます。

今回はうつ病の症状・原因などについてご紹介しましょう。

うつ病の症状1(こころに現れるサイン)

うつにかかると様々な症状が現れます。

その症状の中でも大きいのが抑うつ気分です。

心が重く、落ち込み、感情のエネルギーさえもなくなった状態となり、何を食べても味がなく、何をしても楽しくなく、かといって悲しいのを爆発させるといった感情も出てきません。

何かをしようという意欲がなくなり、ため息ばかりが出て、気持ちは落ち込んだまま。

喜怒哀楽という感情がシャッターを閉じたような状態となります。

大好きだった音楽やテレビなどを見てもこれといった感情や感動も湧き出ることが無くなります。

今までと様子が違うと本人や周囲が早めに気づき、少しでも早く治療が出来ればよいのですが、本人は病気と考えられる状態ではなく、周囲も性格がちょっと変わった、気まぐれ的なもの、環境の変化の一時的なものといった程度にしか受け止めず、そのままの状態が続いてしまいがち。

もしかしてこれはうつ病なのでは・・と気づくまではかなりの時間がかかってしまう事が多いのが現状です。

毎日がつまらない、何をするのも面倒、やる気が起きない、何もしたくない、気分がへこむといった抑うつ状態は時には誰でもあるもの。

大抵は身体を少し休めたり、美味しいものを食べたり、大好きな事に打ち込んだりすれば気持ちが晴れ、元気になりますが、うつ病になってしまうと気持ちは曇ったままの状態が晴れることなく続きます。

人に何かを言われてもなかなか理解することが出来なくなる方もいれば、おしゃれや身だしなみなどにも一切興味がわかなくなる方もいます。

また時には不安が押し寄せ、焦燥感で落ち着いていられなくなり、心の落ち着き場を無くしてしまい、とても苦しい状態となります。

こういった状態が2週間以上続いた場合はうつ病である可能性が高いです。

うつ病の症状2(身体に現れるサイン)

うつ病になると心に現れるサインだけではなく、身体にもさまざまな症状が現れます。

人によって症状の現れ方も違いがあります。

・食生活に現れる症状

うつ病になると食生活にも変化が現れます。食欲がなくなり、食べ物に対しての興味がなくなります。食べることさえも面倒になることもあります。

短期間で本人は意識していないのに、あまり食べないため急激に体重が減っていく方もいます。それとは逆に急に食欲が出て過食に陥り、甘いものなどが極端に欲しくなるため、急激に太る方もいます。

・睡眠に現れる症状

うつ病になると多くの方が睡眠異常に陥ります。

なかなか寝付けないため眠れない状態が続く、熟睡できず何度も起きてしまう、寝ても全く眠った感じがない、早く目覚めてしまう、一度寝るとなかなか起きることができないといった症状が現れます。

・疲労や倦怠感が続く

うつになると身体が重く、疲れた状態が一日中続く、思うように動けない、だるい、何もする気が起きないといった辛い症状が続きます。

・その他の症状

その他の症状として女性ですと月経の不順が続く、男性ですと勃起障害などが現れます。

また性欲も減退となる方が多いです。

急な発汗や息苦しさに襲われる、動悸や焦燥感に悩まされる、頭痛や肩凝り、めまい、関節の痛みなどが現れる、便秘や胃腸の調子が悪いのが続くなど人によって様々な辛い症状が現れます。

身体にも様々な症状が現れるという事は心も体も悲鳴をあげているという事。

心と身体は一体なので心が不安定で辛くなることで身体にも悪影響が出るのです。

うつ病の主な原因とは

うつ病の原因というのはこうだ!という明確な原因がはっきりと解明されていなく、特定されたものがあるわけではないのがとても難しいところです。

現段階では様々な要因が重なりあった結果で起こる病気と考えられています。

いくつかの原因を挙げてみましょう。

・遺伝的要因

まず挙げられるのが遺伝的な要因です。

大きな割合では無いですが、ある程度関係しているという事はほぼ確実と言われており、親がうつ病を経験している、またうつ病である場合、子供もかかる確率はそうではない場合よりも2~3倍高いと言われています。

必ずかかるという訳ではなく、かかりやすい要素を持っているのでストレスをこまめに発散する、疲れすぎないなど自分自身を労わることでうつ病の予防することは可能です。

・環境的要因

次にうつとなる原因で考えられるのが環境的要因です。転勤や進学、引っ越し、クラス替えなどの環境変化や人間関係のトラブル、家族との不仲、結婚や離婚、妊娠や出産や育児、

仕事を失う、財産を失うなどのトラブル、厳しい家庭内環境、職場環境などが挙げられます。

一生懸命頑張らなくてはといった想いや几帳面な性格の方の場合は無理が生じ、うつ病となる危険性があります。

・身体的要因

うつは身体的なことがきっかけで起こる場合もあります。

慢性的な疲れや更年期、月経前、出産前後、老化によるホルモンバランスの乱れ、脳の血管障害、がんなどの大きな病気、感染症、甲状腺機能異常などのほか、血圧の薬や避妊薬などを薬の影響による影響も考えられます。

・ストレスによるもの

うつ病にかかる原因は現代社会でも大きな問題となっているストレスの影響が大きいと言われています。

それはとても複雑なものが絡んでおり、仕事の失敗や失業、貧困、近親者との死別などの悲しみからくる大きなショックによるストレスもあれば、昇進・進学・結婚・出産といった人から見れば羨ましいほどの嬉しい出来事からくるストレスもあります。

また、親せきや友人、ご近所の方との人間関係のトラブル、仕事場や子供の親同士の人間関係のトラブルなども心のバランスが崩れる大きなきっかけとなります。

その他にも身体の歪みや栄養の偏り、化学物質や気圧、気温、湿度などによるストレスもあります。

できるだけ早めに医師に相談しましょう。

まずは家族や親しい人が最近の様子がおかしい、抑うつ状態の様だ、食欲がなさそうだ、と感じたら、優しく話しかけ、ゆっくりと休ませてあげましょう。

また、自分自身でもうつ病のサインに気が付いたらまずは自分自身を大切にして身体を休ませること。几帳面で真面目で一生懸命あることは良い事ですが、心身共に疲れ切った状態であるのに無理をしてしまうと一層心の風邪をこじらせてしまいます。

長い人生一番付き合っていくのは他人ではなく、自分自身です。

いつも一生懸命頑張っている自分にごほうびとして、思い切って休暇を取りましょう。

そしてどちらの場合も出来るだけ早く医師に相談をすること。

怪我をすれば外科に行きますし、歯が痛ければ歯医者へ行くのと同じことです。

うつ病は誰もがなる可能性がある病気であり、多くの方が診察を受けています。

全く身構える必要はありませんし、恥ずかしい事ではありません。

適切な治療を受ければ改善できる病気です。

長引かせず、早めに心療内科や精神科または総合病院で診察を受けましょう。

ダイエットにもぴったり!朝一で行うランニングの効果について

ランニング

早起きは三文の徳?

人は運動不足になるとあちこちにガタがくるものです。

車が足代わりになっている人やデスクワークがメインの人などは、日頃から意識して運動を取り入れることをおすすめします。

朝のランニングは計画がしやすく、早起きさえできれば誰にでもできる運動法です。

今回はダイエットにも最適な「朝一で行うランニングの効果について」お届けいたします。

続きを読む

記憶力を高めるサプリってあるの?注目の成分とは

記憶力

記憶力を高めるサプリメントは効果がある?

なんだか最近頭では思い浮かんでも名前が出てこなくて何でも「あれ」と言ってしまう・人の名前がなかなか覚えられなくなった・うっかりミスが増えてきた、など日々の生活の中で記憶力の低下を感じ、将来認知症になるのでは・・と未来まで不安となっている方は多いのではないでしょうか。

大抵の方は年を取ったのかなと記憶力の低下は加齢が原因と思っていますが、

必ずしもそれだけではなく、記憶力というのは年を重ねても十分鍛えることが可能なのです。

ではなぜ、記憶力が低下してきたのかというと疲労や睡眠不足など人それぞれによって違いがあり、様々な原因が考えられます。

まずはその原因を知り、改善していくことが大切となりますが、その中で今大変注目を浴びているのが記憶力の低下を抑制し、回復のサポートをしてくれるサプリメントです。

体力の低下や健康を維持するためには必要な栄養分をバランスよく摂取することが大切なように脳に活力を与え、記憶力を良くするためには記憶力を手助けしてくれる栄養成分を摂取することも大切です。

サプリメントは食事だけでは摂取しきれない記憶量を改善させてくれる栄養分を効率良く摂取することができる大きなメリットがあります。

記憶力を高める栄養素が入ったサプリメントで効率よく栄養を補給することは、脳にとってはとても嬉しい事。

サプリメントを摂るだけでは即効性もなく、大きな効果は期待できませんが、記憶力をアップさせる他の方法と共に併用するとよりよい相乗効果が期待できます。

記憶力をアップさせるサプリメントにはどんな種類があるのか、また記憶力をアップさせる方法はどのようなものがあるのかなど合わせてご紹介しましょう。

続きを読む

お肉を食べると寿命が延びると話題だけどほんと?

お肉

高齢者は肉を食べない方がいいはウソ?

ほんの少し前までは寿命を延ばすため、健康でいるためには年を取ったらお肉は出来るだけ食べない方が良いと言われていました。

しかし、現代ではその常識のような説が覆され、健康で元気でいるためにはお肉をはじめとした良質なたんぱく質を摂取することが必要と医学的にも明らかになったのです。

テレビ番組などでも80歳以上を超えた元気な高齢者たちが、若者のように元気にお肉を食べている姿が数多く放映され、元気の秘訣はお肉をしっかり食べることと語っています。

40~60代の中年層とは違い、それ以上の高齢者になってくると自然と食は細くなっていきます。

さらに40~60代の時にコレステロールが高い、中性脂肪が高いから肉は出来るだけ避けること!と周囲から言われ続けていたため、高齢者と呼ばれる年代になっても肉は食べない方が良いのだというのがインプットされており、あえて食べようとしなくなってしまう方が多いです。

さらに高齢者になると食の嗜好が変わり、低カロリーであっさりとしたものを好むようになってきます。

また、歯も弱くなるので柔らかいものを好み、お肉を食べることがどんどん減ってきます。

そうなると問題となってくるのが高齢者の栄養不足です。

高齢者はしっかりとバランスの取れた食生活を送ることが大切。

特別な場合を除き、お肉は食べたほうが寿命は延びるというのは本当なのです。

続きを読む

元気が無い時には薬膳鍋が効果大

火鍋

体にいいの?薬膳鍋とは

仕事や家事などの疲労やストレス、季節の変わり目・天気の変化などで元気が出ない。

体調も崩れ気味。このままいくと寝込んでしまいそう・・と心も体もばて気味の方。

ここはひとつ話題となっている身体が元気にパワフルになる美味しい薬膳鍋に挑戦してみてはいかがでしょうか。

薬膳鍋とは薬膳火鍋とも言われ中国ではポピュラーに食されています。

また、シンガポールやマカオでも食べられている薬膳効果の高い料理です。

その場所により、食材の内容や味付けに違いがありますが、

大変多くの食材が組み合わされているのが特徴です。

他の鍋とは違い、2つの鍋で2種類のスープに仕切られており、陰と陽を表す赤色のスープと白いスープになっています。

赤色のスープが紅湯(ホンタン)、白いスープが白湯(パイタン)と呼びます。

赤色のスープはとても辛く、唐辛子や豆板醤が入っています。

身体の不調の悩みを改善してくれる沢山の効能が期待できる漢方の食材がこの二つのスープの中に大量に含まれているのです。

そのスープの中にお魚やお肉、お野菜など様々な具材を入れて煮えたらワイワイと楽しみながら食べます。

2種類のスープがあるので一度に2度美味しさが楽しめるのが嬉しい。

締めくくりはご飯や中華麺を投入してスープを堪能します。

ここでは美と健康を願う方にとって嬉しい薬膳鍋の魅力や効果について色々とご紹介しましょう。

続きを読む

効率よく脂肪を燃焼するには?

体脂肪

健康維持のためには欠かせない体脂肪

体脂肪とは、食事から摂取した脂肪分が細胞に貯蔵されて脂肪組織を形成している状態を言います。

脂肪と聞くと要らない物、健康に良くない物と思いがちですがそもそも体脂肪は健康維持のために欠かせないものでもあります。

まず優れたエネルギー源であり、生命活動に必要な熱量を補ってくれまます。

また外界の気温の変化から体温を守る断熱材の働きも持っていて、気温が下がっても上がっても体温を一定に保つ恒常性を補完しています。

あるいは内臓付近についた脂肪には衝撃から身体を守る緩衝剤の役割もあるのです。

加えて脂肪細胞からは様々なホルモンが分泌されることが分かっています。

中でもアディポネクチンには脂肪の消費を活発にさせてインスリンが働きやすくするようにする作用があり、ダイエット、体型維持のためには欠かせない物質と言えます。

適度な脂肪がついているとこのように痩身に効果的な仕事もしてくれるのです。

しかし体脂肪率が高くなりすぎていわゆる肥満の状態になると様々な健康被害が出てきます。

代表的なものでは高血圧、高脂血症、糖尿病、脂質異常症などです。

こうした病気には自覚症状が無く状態が悪化してから始めて指摘されるケースも少なくありません。

まだ脂肪が増えすぎて肥満が進んでしまうと、心疾患や脳卒中などに繋がり日本人の死因の大部分をしめる重大な症状を引き起こしてしまうのです。

人生100年時代が始まると言われている昨今、元気で年齢を重ねるには適度な体脂肪率を維持していることが欠かせない課題となって来ました。

では適度な体脂肪を維持するためにどのような生活をしていったらいいのでしょうか。

続きを読む