顎に吹き出物ができやすい人の特徴

Pocket

吹き出物

吹き出物ができやすい人?できにくい人?

ふと鏡を見ると顎にブツブツとした吹き出物ができている。このようなことで悩まされた方は多いのではないでしょうか。顎は目に入りやすい部位に該当するため、そこに吹き出物ができると周囲の目も気にしがちです。

この顎の吹き出物ですができやすい人、できにくい人がいます。では顎の吹き出物ができやすい人にはどのような共通点があるのでしょうか?今回は顎の吹き出物で悩まされる人の特徴などを解説します。

顎の吹き出物は一度できると治りにくい

まず、顎の吹き出物の特徴ですが一度できると完治しにくいです。顎の吹き出物が治りにくい理由ですが、顎には皮脂を分泌する皮脂腺が多く存在します。顎という小さな面積に皮脂腺が多くあるため、どうしても吹き出物が目立ちやすい箇所となります。

また一度炎症(吹き出物)を起こした箇所が治っても、今度は隣の皮脂腺に炎症がうつります。そのため、多くの方が「また顎に吹き出物ができてる」という経験をします。前述のように顎の吹き出物は一度できると治りにくいため、吹き出物ができる原因などをしっかりと把握しておくことが大切です。

顎の吹き出物で悩まされる人の特徴とは?

冒頭でもお伝えしたように顎の吹き出物はできやすい人とできにくい人がいます。ここでは顎の吹き出物ができやすい人に共通する2つの特徴をまとめましたのでご覧ください。

ホルモンバランスが乱れている

顎の吹き出物ができる多くの原因はホルモンバランスの変化にあります。特に女性は生理周期によってホルモンバランスが乱れやすい傾向にあります。女性の体内ではエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが分泌されています。

そして顎の吹き出物に影響を与えるのは排卵後に分泌量が増えるプロゲステロンです。プロゲステロンは妊娠や出産には重要な役目を果たすホルモンですが、男性ホルモンに似たような作用があります。

具体的には皮脂の分泌量の増加、角質が硬くなり角栓の詰まりを誘発するなどが挙げられます。吹き出物は毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂が溜まることでできやすくなります。つまり、生理周期の影響でプロゲステロンの分泌量が増加した女性は顎にニキビができやすい体質に変化するということです。

また女性でも少ないながらに男性ホルモンが分泌されていますが、顎はこの男性ホルモンの影響を受けやすい部位ともいわれているため、吹き出物が目立ちやすくなります。その他、ホルモンバランスの乱れを誘発するのはストレスや睡眠不足です。

特にストレスを日常的に受けると男性ホルモンのアンドロゲンや副賢皮質ホルモンのステロイドホルモンの分泌量が増えます。この結果、顎に吹き出物ができやすくなります。

間違ったスキンケアを行っている

日々のスキンケアで顎は軽視されやすい部位です。多くの方はスキンケアを行う時は頬やおでこに集中しがちです。そして洗顔をする時にも顎のすすぎを十分に行わないことで、洗顔料の成分が肌に残ったままになり、毛穴の詰まりを発生させることがあります。

また吹き出物の原因になりやすい皮脂を落とすために、1日に何度も洗顔をする方がいますがこれも要注意です。と、いうのも皮脂は本来薄い皮膜を作ることで皮膚を守っており、肌の健康維持には欠かすことができません。

そのため、過剰な洗顔で皮脂を全て洗い流してしまうと今度は肌のバリア機能が低下し、潤いを保つのに必要な水分や油分まで蒸発させてしまいます。つまり、皮脂を必要以上に洗い流してしまうと肌の乾燥を招くということです。

この状態になると体は「肌が乾燥している」と察知して、皮脂を過剰に分泌するようになります。この過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり、吹き出物ができやすくなります。

顎の吹き出物を作らせない生活習慣やスキンケアを意識しよう!

前述のように顎の吹き出物はホルモンバランスの乱れや誤ったスキンケアが原因です。そのため、顎の吹き出物を予防するには「規則正しい生活習慣を身につける」「正しいスキンケア」といったことを意識する必要があります。

ホルモンバランスの乱れは主に睡眠不足やストレスです。そのため、日常的に寝不足の方は睡眠を十分にとることが大切です。質の良い睡眠をとることでホルモンバランスも整えられやすくなります。

また健康な肌を作る上で欠かすことができないターンオーバー(肌の新陳代謝)も睡眠時間を十分に確保することで正常に機能し、肌トラブルの予防にもなります。その他、質の良い睡眠は疲れた脳を休ませる効果も期待できるため、蓄積されたストレスを解消することもできます。

もちろん毎日の食事もタンパク質やビタミンなど栄養バランスの整ったものを摂取するようにしましょう。そして、正しいスキンケアを実施することも顎の吹き出物予防には大切です。

具体的には皮脂を過剰に落とさないように洗顔は1日2回までにする(日中仕事の方は朝と夜の洗顔がベスト)、吹き出物の原因になりやすい乾燥を防ぐために化粧水や保湿クリームを顎にもしっかり塗布するなどが挙げられます。今回ご紹介した「吹き出物ができやすい人の特徴」に心当たりがある方はぜひ試してみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です