冷房効率が良くなる!涼しさサポート優れものサーキュレーターとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サーキュレーター

冷房代を節約

一見扇風機の様で扇風機ではないサーキュレーター。もらったけど今一つ使用方法がわからずにそのまま保管し、タンスの肥やしにしているという方も多いのではないでしょうか。

サーキュレーターとは冷房が必要な時や暖房が必要な時に冷房の風ムラ、暖房の風ムラを攪拌してくれる優れもの。室内に均一に涼しさ、暖かさが来るようにしてくれるので設定温度が同じでも涼しく、暖かく感じることが出来ます。

夏の場合はあまりの暑さで長時間つけっぱなしの時が多く冷房代がかかりますが、サーキュレーターを併用することで冷房代を大きく節約することが出来ます。

でも・・サーキュレーターと冷房を同時に使用しているのだから逆に電気代がかかるのではないかと心配される方もいると思いますが、サーキュレーターの一日の電気代というのはごくわずか。

サーキュレーターを使用せず冷房のみを使用してなかなか涼しくならないからと設定温度を下げたり、上げたりする方が電気代は高くなります。

冷房というのは室温を1度下げようとするだけでなんと電気代が1割も変動すると言われています。

冷房で冷やされた空気というのは部屋の下の方にたまります。

上の方はなかなか冷えず、設置されている冷房が感知する温度は高いままなので必要以上に電力を消費します。

しかし、サーキュレーターを使用するとグルグルと分かれてしまった空気を攪拌してくるため冷やされた空気が均一に部屋に行きわたります。

そのため、ただ普通にエアコンをつけているだけの時よりも部屋中が快適に冷え、空気の流れが生まれるので気持ちの良い涼しさとなり、設定温度を必要以上に低くすることは無くなります。

つまり、サーキュレーターがあるだけで夏も、冬も快適な温度で電気代を抑えることが可能なのです。

今回はそんな賢いサーキュレーターの上手な活用方法についてご紹介しましょう。

 

無駄な冷房代を減らすことが出来るサーキュレーター

 

最近の日本の夏は暑すぎて怖いほど。毎年多くの方が熱中症に倒れ、重症で命を落とす危険性もあります。

冷房設置は必須。

高齢者の方は冷房が無駄なぜいたく品と考える時代ではないという事を認識し、自分の健康年齢を高めるためにも、元気に夏場も乗り越えるためにも暑い日は日中も寝る時も出来るだけ使用しましょう。

最近の冷房は昔の冷房と比較すると電気代はかなり抑えられるようになり、除湿や空気を綺麗にするなど様々な機能も付いています。

また、電力会社も選べるようになったため、自分の家にあう電力会社を選ぶことでさらに電気代を減らすことが出来ます。

それと共にサーキュレーターを使用することにより、冷房代の無駄を極力なくすことが出来ます。

節約、節約と言って冷房をせずに暑さを我慢することは賢い選択ではなく、かえって身体を壊し、病院に行くことになってしまっては自分自身も大変つらい思いをしますし、冷房代の何倍も金銭面で負担がかかってしまう場合もあるのです。

夏を元気に快適に過ごすためには身体を第一に考えた中で、賢く過ごす方法を見つけるべきです。

サーキュレーターがあっても使用していない方はもったいない!早速保管場所からさがしだし、、活用しましょう。

 

節電できる賢いサーキュレーターの使用方法

 

室内を快適に冷やし、冷房代を節約できる賢いサーキュレーターの使用方法はまず冷房の風向きを水平に、サーキュレーターを天井に向かって回せるように向けましょう。

天井に向けて回せば、部屋全体に効率よく空気を攪拌することが出来ます。

下に向かって冷えていた空気が首元や顔まで気持ちよく来るので、同じ温度設定なのにかなり涼しく感じるのがわかります。

サーキュレーターは扇風機とは違い、空気循環の為のものなので風を直線的に遠くまで送ることが出来ます。

扇風機の役目は果たせず、そばにいても冷房が無ければ涼しい風は来ません。

強い風をらせん状にうずを巻くように送るのでお部屋全体を攪拌することが出来ます。

 

サーキュレーターにもなる扇風機が人気!

 

扇風機を今後買う予定のある方はサーキュレーター機能付きの扇風機がおすすめ。

どちらにも切り替えて使用することが出来るので大変重宝します。

天井に風を回すことが出来るので冷房の季節が終わっても今度は暖房に使用することが出来るので季節によって出し入れする手間も省けます。

最近では見た目におしゃれなものも沢山売れており、お部屋のインテリアポイントとしても活躍します。お部屋の雰囲気と大きさにマッチしたものを選ぶようにしましょう。

冷房・暖房以外のサーキュレーターの活用方法

 

サーキュレーターは冷房と併用・暖房と併用することにより夏は涼しく、冬は暖かくしかも経済的というのがわかりましたが、サーキュレーターはその他に梅雨の時期や雨の多い日、花粉の多い日や黄砂などで洗濯物を外で干せない時に室内で洗濯物を快適に乾かす道具としても大活躍してくれます。

室内干しした洗濯物は扇風機も効果大ですが、スポット的にらせん状に風を送ることが出来るサーキュレーターならより効率よく洗濯物を乾かすことが出来ます。

例えばカーテンレールなどに干した洗濯物を乾かす場合、扇風機ですと頭の傾きに限界がありますがサーキュレーターの場合には風の向きを上向きの角度が大きいため、上の方でもスポット的に風を当て、早めに洗濯物が乾きます。

家族が多く、それでももっと効率よく室内で洗濯物を乾かしたい場合はサーキュレーターと除湿機、エアコンの除湿機能と併用すると良く乾きます。

サーキュレーターを使用して室内で洗濯物を乾かすと空気の流れが良くなるため、室内干し特有の嫌な臭いもほとんど付きません。

また、サーキュレーターは髪を乾かす時にも重宝。夏場の暑い時に髪を乾かすのは大変ですが、サーキュレーターを併用するとぐんと早く快適に乾かすことが出来ます。

また、お風呂の湿気がひどい、押し入れの湿気がひどいという時もサーキュレーターを使用すると嫌な湿気を取り除いてくれます。

 

サーキュレーターの選び方

 

サーキュレーターを購入する際は先程ご紹介した扇風機にサーキュレーター機能が付いた商品もおすすめですが、サーキュレーターだけ欲しいという場合にはどのような商品を選んだら良いのかいくつかポイントをご紹介しましょう。

 

パワフルで風が強いものを選ぶ

サーキュレーターを購入する際はデザイン性もポイントとなりますが、何よりも大切なのは風の直進性がパワフルである事。

中途半端ではなくパワフルで部屋の空気をしっかりと攪拌できるものを選びましょう。

 

音がうるさくないもの

いくら機能が充実していても音がうるさいと困りますよね。

部屋で静かにテレビが見たい、家族とゆったりと団欒の時間を過ごしたいという時にサーキュレーターの音が気になって妨害する程だとしたら大きなストレスとなってしまいます。

実際に購入する際はサンプル品などで音を確認する事。

静音モード搭載のものを選ぶと安心です。

 

角度は真上90度まででき、微調節が可能なものを選ぶ

サーキュレーターを選ぶ際には風を送る角度というのがとても重要。洗濯物を干す、暖房や冷房を効率良くさせるため部屋の空気を攪拌することの両方を考えると風量も切り替えが出来、角度も真上90度まで風向きを代えられ、細かく5段階ほど調節できるものが良いでしょう。

 

タイマー機能があるものが便利

サーキュレーターはタイマー機能があるものですと無駄な電力を消費することなく、何かと便利です。

花粉など敏感な体質の方は空気清浄機能付きの優れものもあるので、よく検討し、ベストなサーキュレーターを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*