大切な布団のお手入れ方法が知りたい!

Pocket

布団お手入れ

一日の疲れを癒してくれる安らぎのひと時が睡眠です。

私たちの疲れた体を優しく包んでくれる睡眠時に欠かせないものと言えば布団。

健康と美容を維持するためには快適な睡眠が大切ですが、快適な睡眠のためには布団のお手入れというのはとても重要です。

なんだか最近目覚めが悪い・布団が気持ちよくない・なかなか寝付けない、熟睡感が無いといった睡眠について今までにない違和感があるという方はもしかしたら布団のお手入れに問題があるのかもしれません。

しかし、この布団の正しいお手入れ方法とは何?と聞かれるとはっきりと言えず、適当に干して押し入れに出し入れしているだけという方は多いのではないでしょうか。

今まで布団に対してこれまであまり気を配ることが無かったという方、大切なお布団だからこれからちゃんとしたお手入れ方法を知りたい!という方のため、今回は大切なお布団のお手入れ方法についてお話しましょう。

布団のお手入れ方法1 上手な布団の干し方

布団をお手入れで特に重要なのが布団干しです。

布団を干す最大目的は清潔を保つための除湿と殺菌です。

お日様の出ているすっきりとした気持ちの良い日に布団を干すと汗や部屋の湿気などをすっきりと乾かすことが出来、太陽の紫外線の殺菌効果で雑菌とさよならできます。

紫外線の殺菌作用はかなりパワフル。消臭効果も期待できます。

布団干しは片面だけでなく両面日光を当てるのが理想的です。

カラっと仕上げるためには片面1~1.5時間程度で両面合わせて2~3時間程度干すようにしましょう。

時間帯は季節にもよりますが真夏のあまり暑い季節以外は午前9~10時ころから午後2~3時ころが良いでしょう。

布団を干すときはまず布団の品質表示そして洗濯表示を確認してから行うこと。

詳しく記載してあるものは説明通りのお手入れ方法がおすすめです。

布団には羽毛・羊毛・合成繊維布団など様々な素材の布団があります。

その中でも羽毛はとてもデリケートな物なので干すのも月に1~3回程度で充分ですし、干す時間も30~1時間ほどで充分です。

くれぐれも干しすぎには注意しましょう。

また、羽毛布団の場合は干した後に中の羽毛の片寄りを平らに整えるのがおすすめ。

二人がかりで四方をつまみ、何度か降って全体に羽毛を行きわたらせましょう。

羊毛布団の場合は2週間に1度ほど、布団・合成繊維布団なら1週間に1度ほど各2~3時間ほど干すようにしましょう。

布団を干す場合には季節に関わらず布団カバーをしたまま干した方が布団の直接生地の日焼けやダメージを抑えることが出来ます。

両面布団を干した後は決して強く布団を叩きすぎないこと。

あくまでも軽く表面のホコリを落とす程度にしておきましょう。

布団を傷めることになりますし、ダニの糞や死骸が出てきてしまいます。

ホコリやダニが心配な時は軽く掃除機をかけると安心です。

布団のカバーはこまめに洗濯してお手入れしましょう

布団はなかなか干すのは重労働ですが、カバーは面倒くさがらずにこまめに洗濯してお手入れしましょう。

布団カバーというのは汗だけでなく、皮脂や臭いも付きやすいですし、無意識によだれや鼻水、ほこり、フケなど様々な汚れが付いています。

快適な睡眠のためにはお肌のデリケートな方・アレルギーの方などは特に衛生面に気を遣うことが大切です。

掛布団カバーや敷布団カバー、シーツなどは出来るだけ洗い替えができるよう数枚用意しておくと便利です。

カバーやシーツ選びの際は簡単に取り換えが出来るものを選ぶようにしましょう。

サイズもジャストサイズなものを選ばないと入れづらい、取り換えづらくなり、洗い替えが面倒になってしまいます。

カバーやシーツに付いた汚れの中で落ちづらいのが皮脂汚れと加齢臭です。

皮脂汚れはたんぱく質なのであまり高い温度のお湯で洗うのはたんぱく質がかたまってしまう可能性があるので避けましょう。

冷たすぎない水に近いぬるま湯が理想的です。

ニオイが気になる場合は消臭効果のある洗剤や柔軟剤を使用すると良いでしょう。

柔軟剤は表面をコーティングしてくれるので乾きが早く柔らかく、満足度の高い仕上がりとなります。

年に1~2度は丸洗いをしましょう。

汚れをしっかりと落としたい、ダニやほこりやカビすべてが気になるという場合は思い切って丸洗いをしましょう。

丸洗いは年に1~2回行うのが理想的。

自宅やコインランドリーで出来るかどうかまずは表示をよく確認してみましょう。

自宅・コインランドリーで可能な場合は大きなネットで包み洗濯すると安心です。

丸洗いが困難そうであれば無理をせず業者に頼みましょう。

毎日使用するものは多少金額がかかっても清潔な状態をリセット出来れば、快適な眠りを誘い、美容と健康を維持できるので病院に行くよりも安いものです。

甘い飲物などをこぼした時・おねしょをした時のお手入れ

甘い飲物をこぼして布団がべたべた状態になってしまった、おねしょで布団が大変な状態に・・そんな時のお手入れ方法はどうしたらよいか戸惑ってしまう方も多いと思います。

いくら太陽に殺菌作用があると言ってもこの状態でそのまま干すのは禁物。

まずはべたべたの糖分の入った飲みもの・おしっこを布団から取り除くことが大切です。お風呂場でぬるま湯かけ、踏み込んで飲物・おしっこを洗い流しましょう。

その後は乾いたタオルでたたき、出来るだけ水分を吸収しましょう。

ニオイが少し残った場合や重曹スプレーや消臭スプレーをかけ、その後外に布団を干し、1~2時間おきにお布団をひっくり返して十分に乾かしましょう。

布団の上手な保管方法

季節により布団を入れ替える時、次の出番が来るまで虫食いや湿気で布団の状態を悪化させないように上手に保管するためには、ただ押し入れに入れるだけではいけません。

出来るだけの対策をしておくことが重要です。

まず保管する前にはしっかりと布団を干す事。

雨の日が続いたときや雨が続いていなくても湿度の高い時ではなく、カラッとした天気の時に保管するのがおすすめです。

布団を干している間に保管場所の湿気チェックをしましょう。

保管場所が押し入れであればまず押し入れのある部屋の窓と押し入れの扉を開けて換気をしておきましょう。

押し入れにしまう時は除湿剤を隅に置き、出来るだけ湿気の少ない上段に保管しましょう。

布団を重ねる時は重さのある敷布団を下に、掛布団を上に重ねること。

虫食いを防ぐために防虫剤を入れ、使用しないシーツで包むか通気性の良い布製の布団専用バッグなどに入れて保管しましょう。

どうしても物が多い場合は布団を圧縮袋に入れる方法がありますが、ボリュームが無くなってしまう場合があるので半年以上の長期保管は避けましょう。

羽毛布団は出来るだけ圧縮は避けたほうが良いでしょう。

羽毛を傷めてしまう危険性があります。

布団がなかなか干せない環境の場合のお手入れ方法

マンションがベランダの布団干しを禁止している、日中仕事でなかなか家にいないので布団が干せない、雨の日が続いて布団が干せないといった場合のお手入れ方法も知っておくと安心です。

布団は湿気対策が一番重要。

あると便利なのが布団専用の折り畳みのダブルハンガータイプの物干しです。

出来るだけ風通しの良い部屋に物干しを起き、布団を干し、エアコン、扇風機、サーキュレーターなど送風しましょう。

これだけでもかなりの湿気を減らすことが出来ます。

その後は掃除機でほこりを吸い取りましょう。

布団専用のノズルなどがホームセンターなどにあるので購入しておくと便利です。

布団乾燥機があれば大いに活用しましょう。

しっかり乾燥させたいときはコインランドリーの大型布団用の乾燥機もおすすめです。

布団はちょっとした気くばりと毎日のお手入れで気持ちよい状態を保つことが出来ます。

快適な睡眠のためにも、布団を長持ちさせるためにも大切にこまめなお手入れを心掛けましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です