誰でもできる寝不足の解消方法

Pocket

寝不足

健康と美容に悪影響を与える寝不足

寝不足を感じている方はいませんか?

睡眠不足の感じ方というのは人によって違います。寝る時間が問題ではありません。

時間は短くてもぐっすりと眠り、睡眠不足を感じていない人もいれば、時間的には長く寝ていても熟睡できておらず、常に寝不足を感じている方もいます。

睡眠は、質の良い睡眠かどうかが重要なのです。

質の良い睡眠というのはある程度の時間を確保でき、スムーズに眠りに入ることが出来、

ぐっすりと熟睡できること。

そしてスッキリと目覚めることができ、朝から快適に動ける状態を言います。

睡眠時間が短く、寝不足の方、質の悪い睡眠で常に寝不足を感じている方は健康と美容に悪影響を与える可能性は大きいと言えます。

寝不足が続きますと、一日中集中力に欠け、ぼーっとなる、物覚えが悪い、仕事に集中できない、うっかりミスが続くなどの症状が現れます。

また将来寝不足が続くと認知症を招く恐れもあると言われています。

その他肥満になりやすくなる・イライラが続き、怒りっぽくなる・頭痛や肩凝り、めまいに悩まされる・肌が荒れる・落ち込みやすくなる・免疫力が低下し病気になりやすいなど人によってさまざまな辛い症状が現れます。

思わぬ事故や病気・老化を招かないためにも寝不足は極力避けることが必要です。

そこで、誰でも出来る寝不足の解消方法をご紹介しましょう。

寝不足を解消!質の良い睡眠を取る方法

寝不足を解消するためにはズバリ!質の良い睡眠を取ることが大切です。

睡眠というのはまとめてとれば後は少なくしても良いというものではありません。

寝だめ・食いだめというのは出来ないことをまず知りましょう。

・15時までに昼寝をする

今、疲労を防ぎ、集中力をアップするという意味で昼寝を学校でも取り入れているところがあります。午後もパワフルに活動するためにはちょっとした充電時間は大切。

夜の睡眠に影響のない15時ころまでに20分ほどの仮眠をとるようにしましょう。

ほんの少しでも身体はとても楽になり、寝不足が解消。午後の活動がスムーズになります。

・規則正しい生活を心掛ける。

仕事によってこれはとても難しい事ですが、朝起きる時間・食事の時間・寝る時間というのを決め、体内時計を正常にすることにより、質の良い睡眠を得られやすくなり、寝不足が解消します。

・夜寝る1時間前に入浴する

入浴は身体の疲れを取り、身体をあたため血行を良くするために最適な方法。

リラックスして身体があたたまってから体温が下がってきた時に眠るとスムーズな眠りに入りやすく、快適な眠りにつくことが出来ます。

・寝る前のストレッチ

入浴後は身体が柔らかい状態です。ここで軽いストレッチを行うと、身体はさらにほぐれ、脳や身体が自然と寝る準備を進めていき、気持ちの良く眠ることが出来ます。

・照明や寝具にこだわる

枕の高さや柔らかさが自分に合っているものを選び、好きな肌触りの寝具を選ぶことも大切。照明も出来るだけ暗くし、脳や身体が休まるように工夫しましょう。

・寝る前はパソコンやスマートフォン・ゲームなどはしない

寝不足を解消するため・質の良い眠りにつくためには寝る前に脳を刺激することは避ける事。寝る部屋にはパソコンやスマートフォン・ゲーム機などは持ち込まないようにしましょう。

寝不足を解消する方法は簡単で、誰にでもできます。

最も重要なのは睡眠の大切さを意識すること。寝不足を軽視しない事です。

一日でも早く寝不足を解消し、健康と美を維持していきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です