すっきりと美味しいだけでなく、健康・美容にも嬉しい緑茶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緑茶

緑茶の優れた効果

日本人が大好きな飲物、ホッとする飲物と言えば緑茶です。毎日の暮らしに無くてはならないものという方も多いでしょう。

緑茶は日々の生活の中で飲む回数は人によって様々。

食前食後に飲み、お茶の時間に飲み、のどが渇いたときに飲みとふと振り返るといつもそばにお茶があるという方もいます。

この毎日飲む緑茶は風味と香り、味を楽しむだけでなく、毎日一定の量を飲み続けると健康面や美容面でとても良い影響・メリットがあるのをご存知でしょうか。

大好きなお茶を毎日楽しみながら飲むだけで健康と美容維持に役立つとしたらこんなに嬉しいことはないですよね。

緑茶は毎日飲むことで病気予防や対策に役立ち、ダイエットや美肌効果が期待できる嬉しい飲物なのです。

今回はそんな緑茶の優れた効果効能や飲むタイミングなど毎日の緑茶タイムに役立つことをご紹介しましょう。

緑茶は栄養たっぷりの嬉しい飲物

緑茶は単一の成分が優れているわけではなく、多くの豊富な栄養成分が含まれており、その相乗効果で建機王や美容・ダイエットに嬉しい効果をもたらせてくれます。

主な成分と効果・効能をご紹介しましょう。

 

カテキン(緑茶の渋み成分)

カテキンは抗酸化作用や血中のコレステロールを下げる作用、血圧や血糖値の上昇を抑える作用、抗ウイルス・殺菌・抗菌作用、口臭予防作用、発がん抑制などが挙げられます。

 

カフェイン(緑茶の苦み成分)

カフェインは気分をスッキリさせる覚醒作用、代謝を促進効果、利尿作用が挙げられます。

 

ビタミンC

緑茶は特に女性に嬉しいビタミンCが豊富。疲労回復、抗酸化作用、白内障予防、風邪予防、美白効果、免疫機能回復効果などが期待できます。

 

テアニン(緑茶の旨みと甘み成分)

緑茶のうまみと甘み成分であるテアニンには血圧を下げる効果やリラックス効果が期待できます。

 

クロロフィル・フラボノール

緑茶には口臭予防の効果が期待できるフラボノール類やクロロフィルも豊富です。

 

ビタミンE

緑茶は美容と健康に役立つビタミンEも豊富。ビタミンEは若返り効果や白内障予防、抗がん作用、血行促進、免疫機能改善効果なども期待できます。

その他抗菌作用のあるサポニンや皮膚炎・口角炎などを予防できるビタミンB2、便秘改善効果の期待できる食物繊維や抗酸化作用の高いベータカロティン、美肌効果・老化予防が期待できるコエンザイムQ10 なども含まれています。

 

凄い!お茶の飲む量で期待できる健康効果

お茶の飲む量で科学的に調査された緑茶の効果というのがあります。

まずは1日2杯以上の緑茶を飲む人と週に3杯以下の緑茶しか飲まない人を比較すると1日2杯以上の緑茶を飲む人の方が認知症になりにくいということがわかってきています。

緑茶は活性酸素を抑える抗酸化作用のあるカテキンやベータカロティンなどが豊富です。認知症予防効果を期待したい方は1日2杯以上の緑茶を心掛けてみましょう。

また、カテキンなどの効果により1日緑茶を5杯以上飲むことにより脳・心臓といった循環器系の疾患による死亡リスクを低下させる効果が期待できるほか、1日のビタミンC必要摂取量を摂取することが出来ます。

さらに1日7杯緑茶を飲むと糖尿病改善効果を高めることが出来ます

あまり飲む量を意識し過ぎてしまうと人によっては無理をしてお茶を飲むことになり、楽しいお茶のはずがお茶そのものを楽しめなくなってはストレスをためてしまうことになり、健康面・精神面に帰って良くない影響を与えてしまいます。

あくまでも飲む量は目安。気になる症状に合わせて、無理なく飲めればその時の体調をみながら続けてみましょう。

一番良いのは毎日の生活の中で美味しく緑茶を飲むことが出来ることです。

 

美容効果を高めたい・ダイエット効果を高める飲み方とは

緑茶にはビタミンCやビタミンEやカテキンなど美容やダイエットに役立つ栄養成分がたっぷり。その栄養を余すことなく摂取するために一番おすすめの飲み方が粉末緑茶を使用して緑茶を作り飲むことです。

普通のお茶はどうしても急須に茶葉が残ります。この残った茶葉に実は美容・ダイエット効果に役立つ成分が豊富に含まれているとしたらもったいない気がしませんか?

粉末緑茶の場合はその点は心配なし。お茶の葉を丸ごとそのまま摂取することが出来ます。

それなら抹茶が良いのでは?と思う方もいますが抹茶は普段使用には高級品であり、日差しの当たらないように作られた柔らかな新芽を多く入れるためカテキンの量が通常の緑茶よりも少な目となっています。

風味や美味しさは抹茶の方が断然美味しいと言えますが、太陽の光を充分に浴びた茶葉が多く含まれる方がカテキン量も栄養分も豊富と言えるので粉末緑茶の方がおすすめです。

ダイエットに効果を発揮したい場合、粉末緑茶には体脂肪を減らし、脂肪分解する酵素の働きをアップさせてくれるカテキンをたっぷりと含まれているので毎日飲むと脂肪燃焼効果が期待できます。

美肌・美白効果も抜群。メラニン生成を抑制し、シミやそばかすが出来るのを予防し、コラーゲンの生成をサポートしてくれるビタミンCや身体の老廃物は排出し、ニキビや吹き出物などを予防してくれる食物繊維をたっぷりと摂取できます。

さらにカテキンは老化を抑え、アンチエイジング効果も発揮。

健康・美容面で大いに役立ちます。

 

緑茶を摂取する時の注意点

緑茶は朝・昼・晩の食前、食後、ティータイムやお水代わりに飲むのは身体にとって良い事ですが、やはりあまりに過剰摂取は考え物です。

緑茶にはカフェインが含まれているため1日のカフェイン摂取限度をすぎないようにすることも必要です。

緑茶ですと1日10杯程度までならカフェインの摂取限度は超えません。

また、緑茶にはタンニンが含まれているため貧血気味の方が摂取しすぎるのは要注意。鉄分の吸収を妨げてしまう可能性があります。

こちらも過剰摂取した場合のみの心配ですので、1日多くても10杯程度にしておくのが良いでしょう。

緑茶はシユウ酸が含まれており、過剰摂取は尿路結石や腎不全となる場合があります。

健康効果・美容効果を高めるためには1日5~10杯程度を毎日続けるのがベストと言えます。

 

飲むだけではない!美容と健康に役立つ緑茶利用方法

緑茶は飲むだけではなく、緑茶パックとしても使用してもお肌が喜びます。

やり方はとても簡単。粉末緑茶1、小麦粉2の割合で混ぜ、お水を適量加えお肌にパックできる固さにします。

洗顔後緑茶パックを塗り、10分程そのままの状態にして、洗い流し、保湿します。

美白効果が期待でき、お肌が喜ぶのがわかります。

さらにニキビ肌や肌荒れでお悩みの方は緑茶で洗顔する方法もおすすめ。

粉末緑茶で緑茶を作り、洗顔用に冷ましておき、通常洗顔後、緑茶洗顔で仕上げます。

美白効果だけではなく毛穴を引き締め、殺菌効果も期待できるので、ニキビや肌荒れを徐々に改善してくれます。

緑茶パックは1週間に1~2度、緑茶洗顔は1日1回を試してみましょう。

 

また風邪予防、インフルエンザ予防、口臭予防におすすめなのが緑茶うがいです。まずは歯磨きと舌磨きを綺麗に行った後に、お茶でうがいをしましょう。

食後あまり時間の経過しないうちに歯磨き、お茶うがいをすると酸の出るのも防いでくれるので虫歯予防にも役立ちます。

あまり冷たいお茶よりもいくらかあたたかいお茶でうがいをしたほうが効果的。

うがいの後にコップに残ったお茶は飲んでしまえばお茶の栄養も摂取でき、のどの奥の方までカテキン効果が行きわたります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*