頭痛と肩こりの関係はどうなっているの!?

Pocket

頭痛

頭痛と肩こりには関係があるのでしょうか!?

「頭が痛いけど理由がわからない・・・」とか、「慢性的に頭痛が続いている・・・」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
頭痛の原因が気になる方へ、肩こりとの関係性についてまとめてみました。

頭痛と肩こりには深い関連性があります。

「ちょっとした肩こりだろう・・・」と放っておくと、深刻な問題に発展してしまうこともあります。
そんな、肩こりが頭痛に繋がる原因も幾つかあります。

脳が酸欠状態になることで頭痛に繋がる。

肩や首まわりの筋肉が伸び縮みすることで、血液とともに酸素や栄養も運んでいます。
ところが、肩や首まわりの筋肉が硬くなると、筋肉の伸び縮みができなくなることで、脳に酸素をうまく送ることができなくなってきます。そのことで、脳が酸欠状態になることが頭痛に繋がります。

頭の筋肉が原因で頭痛に繋がる。

肩こりの状態が続き、首や肩の筋肉が硬くなると頭の筋肉も硬くなってしまいます。
頭にも、前頭筋、側頭筋、上頭斜筋といった薄い筋肉があるため、こういったものが肩こりや首の筋肉と連動して硬くなってしまうと頭痛に繋がります。

肩こりが原因で起こっている頭痛を解消するには、まず、肩こりを緩和していくことが重要になります。
肩こりは、基本的に筋肉疲労で起こります。肩や首の筋肉が硬く張ってしまうことでもなります。

そのため、肩こりの解消には、肩の筋肉をほぐすようにして下さい。
手を回したり、腕のストレッチを行ない、筋肉の”こり”をほぐすようにしましょう。
長時間のデスクワークなどの方も、定期的に腕を使った運動を行なうようにして下さい。
また、首の筋肉をほぐすマッサージをして下さい。
首ストレッチでは、首を左右に倒すように動かしてストレッチしましょう。
片方の手を頭に置き、頭を抑えるように手の方向へ傾けましょう。過度に力を入れ過ぎると、逆に傷めてしまうこともあるので、程よい力加減で行なうようにして下さい。
その状態のまま30秒ほどキープするようにしましょう。
この繰り返しを、自然な呼吸を意識して左右交互に行なうようにして下さい。

マッサージなども効果的です。筋肉の血流を改善するようにしましょう。

また、頭痛に影響するのは、肩こりだけではありません。

昨今のパソコンやスマホなどの過剰使用による眼精疲労やストレス、デスクワークでの姿勢の悪さなども影響してきます。適度に目を休ませたり、ストレッチなどの軽い運動を定期的に行なうようにしましょう。

これら、頭痛と肩こりには深い関係があります。
頭痛の原因で悩まれている方は、肩こりを疑ってみて下さい。
肩こりの改善を行なうことで頭痛も必然的に解消するかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です