冷え性対策に大人気の愛され食材の生姜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生姜

夏は冷房、冬は暖房だけでは体が冷えるという方に強い味方

現代は冷房に長時間いる環境にいる方なども多く、寒い冬だけでなく年間を通して男女問わず冷え性に悩んでいる方が非常に多くなってきています。

暖房だけでは顔だけなどの上半身はあたたかくなっても手先は冷たく、身体の芯まであたたまることはできないといった慢性の冷え性の方は血行が悪く、基礎代謝が低いため寒さだけでなく便秘や肌荒れ、肥満にもなりやすく、美容と健康にも悪影響を及ぼします。

そんな冷え性の方は日頃から靴下やカイロ、下着など様々な冷え性対策・温活をされており、身体を芯からあたためたい、基礎代謝を上げたいと願っています。

そんな冷え性対策・温活方法でも人気なのが食べ物による冷え性対策です。

冷え性の方にとってあたたかい食べ物や飲み物、そして身体をあたためてくれる食材というのは強力な味方。

その中でも多くの人から知られており、人気の食材が生姜です。

生姜は身体があたたまる食材として知名度抜群

また身体をあたためるだけでなく基礎代謝を上げ、血行を良くし、発汗作用もあるので美容やダイエットにも最適です。

さらに生姜は風邪予防・疲労回復・解毒作用・消炎作用・殺菌作用・食欲増進など体に嬉しい効能が沢山ある事でも知られています。

生姜は手ごろな価格で購入できることが出来るのも魅力。

毎日の食生活に取り入れることで冷え性改善に大いに役立ちます。

ただし、生姜は食べ方で効能が変わるので注意が必要。

なんと生姜は注意をしないと食べ方によっては身体を冷やすことにもなるのです。

身体をあたためるためにはあたためるための最適な食べ方で食べることが大切です。

今回は冷え性対策のための美味しい生姜の食べ方をご紹介しましょう。

冷え性対策のためには生姜の生食は禁物

生姜には血行を促進し、身体をあたためてくれるショウガオールという成分が含まれていますが、ジンゲオールという解熱と解毒・殺菌作用のある身体の芯を冷やす成分も含まれています。

このジンゲオールは生の生姜に多く配合されている成分。

風邪を引いたときや免疫力をアップしたいときには最適です。

生の生姜を食べた直後は身体が熱くはなりますが、その後に身体が冷えていきます。

冷たいうどんやそば、冷奴などの薬味としてすりおろした生の生姜や針生姜などはさっぱりと美味しく、食欲をそそりますよね。

夏の暑い日に身体を涼しくしたい方、食欲がなく元気が無い時、風邪を引いたときなどには薬味などで生ショウガを食べるのは良い食べ方と言えます。

しかし、冷え性改善・身体をあたためたい時には生ショウガは禁物。

加熱や乾燥をした生姜であれば身体をあたたかくするショウガオールがたっぷりなのでおすすめです。

冷え性改善のためには生姜は必ず乾燥したショウガを使用するか、加熱をして食べるようにしましょう。

美味しく冷え性を改善できる!乾燥生姜・加熱生姜の食べ方

いくら冷え性を改善する食べ物と言っても薬のように不味いものでは続けるのは嫌ですよね。

生姜は飲物・食べ物でも大変美味しく摂取することが出来るので毎日無理なく続けることが出来ます。

毎日適量を摂取することで血行を促進し、基礎代謝をアップさせ、冷え性が改善されていきます。

・まずは美味しい飲物で冷え性改善

冷え性改善にオススメの飲物と言えば生姜紅茶です。

生姜紅茶は今インターネットやスーパーなどでも簡単に手に入れることが出来ます。

ティーパックの紅茶に乾燥したショウガが入っていますのでお湯の中に入れるだけ。

もし販売していない場合は通常のティーパックの紅茶とすりおろした生姜または乾燥生姜をカップに入れて熱いお湯を注ぎ、ハチミツや御砂糖をお好みに加えれば生姜紅茶のできあがりです。

飲んだ後身体がぽかぽかとあたたまってくるのがわかります。

夜寝る前のお風呂タイムの少し前に飲むのがおすすめ。

汗を気持ちよくかくことが出来、寝も気持ちよく身体を冷やさずに熟睡することが出来ます。

紅茶が苦手な方は生姜湯がおすすめ。

お湯を沸かしている間に生姜のすりおろしととろみをつけるための片栗粉少々とはちみつや御砂糖をお好みでカップに入れ、お湯を加えてよく混ぜて出来上がり。

乾燥した生姜の粉末などを購入しておけばさらに簡単に作ることが出来ます。

まろやかに飲みたい方は生姜ココアと酒粕生姜ミルクがおすすめ。

生姜ココアはココアの中に生姜の粉末または生姜のすりおろしを加えて出来上がり。ココアは便秘改善にもなりますし、生姜が加わることによりパンチの効いた味になり、また違った美味しさを発見できます。身体をあたためてくれるだけでなく、お腹の調子も良くなるので一石二鳥です。

酒粕生姜ミルクは酒粕少々にお水と生姜のすりおろしまたは乾燥粉末、そして牛乳1カップとハチミツまたは黒砂糖や御砂糖を加えて良くお鍋で煮溶かしてできあがり。

酒粕だけでも身体があたたまりますが、生姜と牛乳を加えることにより、よりあたたかくなり、まろやかで美味しい飲物になります。

・美味しく熱々の生姜入り料理で冷え性改善

飲物だけでなく様々な料理に加えても美味しい生姜。

加熱すると身体をあたためてくれるので必然的にあたたかい料理が最適です。

たっぷりと摂取できるのはお鍋。普段の鍋料理に細かく千切りにした生姜やすりおろした生姜を加えると芯からあたたまり、美味しくいただけます。

鍋に入れるお魚のつくねやお肉のつくねなどに生姜を加えると臭みが消え、美味しくいただけます。

お味噌汁やラーメン、スープなどにも乾燥生姜や生姜の千切り、生姜のすりおろしなどお好みの生姜を加えてみましょう。

炊き込みご飯に千切りの生姜をたっぷりと加えるのも美味しい。

さっぱりと食べることが出来、身体がぽかぽかしてくるのがわかります。

王道の豚の生姜焼はお子様も一緒に喜んで食べられます。

カレーにたっぷりと加えても美味しい。香りもアップし、爽やかな辛さがくせになります。

お魚の煮物やお肉の煮物等にも加え、薄味に仕上げて汁ごと食べるのもおすすめです。

チャーハンを作るときに生姜のみじん切りを加えると、後味の良い美味しいチャーハンになります。

様々な熱々料理に是非生姜を加えてみましょう。

生姜の一日の目安量は?

冷え性を改善してくれるのに役立つ生姜ですが、いくら身体をあたためてくれると言っても大量に食べる必要はなく、適量で継続するのが理想的です。

生姜一片程度を目安にし、自分が美味しいと思う量で料理を仕上げるようにしましょう。

生姜はあまり食べ過ぎてしまうと胃腸を刺激してしまう場合があります。

特に身体の疲れなどで胃腸の調子の悪い時などは生姜の食べ過ぎは胃を荒らしてしまう事があるので注意が必要。

胃腸の調子が今一つの時はショウガを少量入れた生姜湯や汁物程度にして様子を見ましょう。

簡単にできる乾燥生姜の作り方

加熱した生姜同様、乾燥生姜には身体をあたためるショウガオールがたっぷり含まれているので、生姜が安い時に手作りしておくと日持ちもしますし大変便利です。

作り方もとても簡単。

晴れの日に生姜を1ミリか2ミリほどにスライスし、平らなザルなどに並べて1日天日干しします。

よく乾いて指で簡単にパリッと折れるほどに乾燥すれば出来上がり。

ミルやミキサーなどで粉末にしておくと様々な調味料としても使用できますし、お湯を注いでお砂糖を加えるだけで直ぐに生姜湯として飲むことができます。

湿気防止のために必ず乾燥剤を入れておくようにし、作るときは大量に作らず、少量でこまめに使い切るようにするとカビなどの心配も無く、風味よく美味しくいただけます。

美味しくて身体があたたまり、健康・美容にも役立つ生姜。

冷え性でお悩みの方は是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*