筋肉を効率的に増やすサプリメントHMBの副作用とは

Pocket

筋肉

魅力的な筋肉をつけたい人に

HMBとはスポーツをする人を中心に筋肉を効率的に増やすために使用されるサプリメントです。その主成分はベータヒドロキシベータメチル酢酸という必須アミノ酸の一種で、略してHMBという名称がつかわれています。

必須アミノ酸なので生体活動のために不可欠な成分なのですが、バランスよく摂取することによって体内のタンパク質の分解を抑える効果があることが分かっています。

そのため厚生労働省もこの成分に着目しており、医療介護の分野でも研究が進められています。例を挙げると、高齢者にリハビリを行う際、HMBの服用も並行すると筋力の増強効果が更に高まることが認められたと言うのです。このような確かな効果から、ダイエット目的の方や魅力的な筋肉をつけたい方の中で人気のサプリメントになっています。

飲むだけでは効果がないHMB

ですが市販されているサプリメント商品の中には、純粋なHMBだけでなくクレアチンやBCAAなどのように他のアミノ酸が配合されているものも少なくはありません。こうした商品にも筋肉をつける効果が認められていますが、必然的にHMBの濃度が下がっているので、純粋なものに比べれば効率が悪い事は否めません。

しかしその他の成分が配合された総合的なサプリメントでも、軽いダイエットを行いたい方、引き締まった体を手に入れない方には充分に意味を発揮します。むしろ気軽に使いたい場合にはこうした多種類配合型のサプリを利用する方がいいでしょう。

純粋にHMBだけをつかったサプリメントは上記のような病気治療目的やボディビルダーの方のようにメリハリのついた頑強な筋肉を必要としている方に求められていると言えます。

HMBの正しい使用法として、定期的な筋力トレーニングに加えてバランスの良い食事を行い、その上サプリメントを服用します。よく勘違いされがちなのですが、HMBを飲むだけでダイエット効果があったり筋力増強ができたりするわけではないのです。この点をよく知っておきましょう。

人間の筋肉とは基本的に何もしない状態で増えていくことはありません。筋力トレーニングをすることによって筋線維が破壊され、そこを補強するために以前よりも強固な繊維を構築してこの次に破壊されることを防ぐ。この手順の繰り返しによって筋肉がどんどん固く引き締まっていくことが、筋肉増加のメカニズムで、サプリメントはその働きを後押しする物なのです。そこでHMBを飲むだけで効果がでないと言う方は、肝心の筋トレを怠っているか全く取り組んでいないということが考えられます。サプリメントは手軽に購入できて体への負担も少ないことから、健康や痩身のために用いる方も多い事が知られています。しかしあくまでも成分や効果を補足することが目的です。単体で目的を達成しようとするのは間違った認識と言えるでしょう。

HMBに筋肉を強くする効果が高いのは、最初に述べたようにタンパク質を分解する働きを抑える事にあるのですが、それ以外にもアメリカの研究によって筋肉自体の損傷を抑える効果も高いということが分かっています。

つまりHMBにはタンパク質が主成分の筋肉を保護する働きと伴に、生成された筋肉がそれ以上破壊されないように守る効果もあるのです。これらの複合的な効能から筋トレの際に用いることでより質のいい筋肉を得られるというメリットがあるのですね。

しかしHMBにはまったく問題がないわけではありません。それはHMB自体が2010年から流通するようになった比較的新しいサプリメントなので、研究機関としても賛成意見と反対意見がまちまちではっきりしたことがまた分からないということです。

気をつけないといけないHMBの適切な摂取量

一番の問題は、どれだけの量を摂取すれば適格な筋肉増強効果があるのかが不明だと言うことです。被験者を3グループに分けて、それぞれ異なる量のHMBを投与し、同じ筋力トレーニングを行った結果、より多くの量を投与されたグループほど筋肉の増え方が顕著であることが分かっています。

しかし逆に量を増やし過ぎると筋肉が減っていくという研究もあります。人の体重1キロに対するHMBの最適量は、今後の研究が待たれるところなのです。

HMBは様々な事例から効果が確認されていますが、しかし使用する多くの方は素人の市民でスポーツのプロのようにトレーナーが付いている訳ではありません。自分で飲む量を管理していくことが難しい点が、このサプリメントに対して懐疑的な見解を産む原因となっています。

そして新しい製品なだけに副作用の検証実験がまた充分に行われていないという不安もあります。現状ではHMBを服用したことによる血糖値、コレステロール、血圧、心拍数などへの副作用は確認されていません。

これは服用する量を様々に変化させて実験されたものですが、どの事例でも特に体への異常は発見されていないのです。

しかしこのことが却ってどの程度飲んだらいいのかを曖昧にさせている要因にもなっているのです。副作用がないのならどんどん飲めばいいのか?化学物質によって構成されている以上、いくら飲んでも大丈夫ということはありません。しかし上限量がはっきり分かっていないため、早急に効果を出したくて一気に大量に服用する人が出て来る懸念があります。

今はまだ副作用が出たという具体例は上がっていませんが、この先乱用を続けることで致命的な疾病を得ることはないと言い切れないのが一番の不安材料と言えますね。

繰り返しますが現状深刻な副作用の報告はありません。用法容量を守って適切な食生活と運動習慣を身に着けて利用するなら、筋肉増強の効果は確かに在るのです。

HMBの副作用が心配でなかなか使う気になれないと言う方は、ポイントとして飲み過ぎを必ず防ぐようにしましょう。

飲む量が少なすぎても効果は出ませんが、少なくとも大量に飲むことで副作用の危険性は増すのです。購入したHMBサプリメントのパッケージに表示してある適正量を必ず守るようにすれば、高い確立で副作用から自分の体を守れるはずです。大手通販サイトなどのような信頼度の高いルートから購入する物なら安全性は更に高くなると言えますね。

総合的に見ていくとHMBは副作用のリスクも少なく多くの愛用者に支持されていて厚生労働省も効果を認めている非常に優良な商品と言うことができます商品として優秀であるからこそ、反証実験も今後更に必要になって来るでしょう。飲むだけで確実に効果の出る魔法のような成分というものはありません。むしろ、安全性を信頼しすぎるあまりに粗悪な購買サイトのうたい文句に引っかかってしまうことに気をつけるべきですね。事実HMBの高い筋トレ効果に便乗することを目的とした誇大広告サイトや情報収集目的のサイトも散見されるようになって注意が喚起されています。ネット通販はワンクリックで何でも買えると言う便利なツールです。そのため粗悪な商品を掴まされたりお金を払っても品物が届かない詐欺行為も横行していて、消費者自身が判断力や自制心を持っていることが求められる時代になってきています。

HMBの副作用を避け確実な結果を出したい場合には、1日の服用限界を必ず守る事と値段や販売元の信頼度を確かめること、また飲むだけで痩せたいなどのような安易な目的で購入しないことを念頭に置いておいてください。

もともとが医療やプロスポーツ選手のために開発された新しいサプリメントです。一般の人が使う場合にはより慎重に使い方や購入方法を検討することが必要な点を、しっかり考慮しておきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です