介護の味方?地域包括支援について

介護
Pocket

介護と地域包括支援について

地域包括支援という言葉が近年着実に定着してきています。地域包括支援センターという機関の知名度も上がってきました。地域包括支援センターの役割、知名度というのは非常に重要な要素のひとつであり、介護をしていく必要がある家族にとってはとても大きな味方になっていくことでしょう。

地域包括支援とは何か・・・

地域包括支援というのは、非常にわかりやすくいってしまうと、その地域で生活している高齢者を総合的にサポートしていくことであり、地域に密着したサービスを展開していくことになります。

介護で困っている家族や、介護を必要としている高齢者の方に対して、どのような手段があるのか等を含めて相談を受けたり、アドバイスを受け、他の機関につなげていくということをしていきます。

何かわからないことがあれば、地域包括支援センターに足を運ぶことで、具体的な手段等がわかるようになっています。

いざ介護をしようとしても、一体何からやっていけば良いのかわからないという人も多いことでしょう。手当たり次第情報収集ができる人というのはなかなかいない状況であり、途方にくれてしまう人がほとんどです。

それによって正しい介護ができなくなってしまうようでは、介護を受ける人、する人の両方に対して非常に大きな負担が発生してしまいます。

どうすれば良いのかを教えてもらうことができる地域包括支援センターがあることで、介護の導入部分の負担を大きく減らしていき、正しいサービスにつなげやすくしていくことが可能となっています。

地域包括支援センターがどこにあるのかわからないという場合

地域包括支援センターがどこにあるのかわからないという場合には役所に尋ねてみるとすぐにわかるはずです。

役所の高齢者担当や福祉課等に相談をすればすぐに見つかるでしょう。

役所で相談を受け付けている場合もありますが、役所よりも地域包括支援センターのほうが専門的、具体的なアドバイスをもらうことができる場合も多いので、一度は地域包括支援センターに足を運んでみることをオススメします。

地域包括支援センターという名前自体福祉に詳しくない人にとっては、なかなか見つけづらいものになってしまっている可能性はあります。

このあたりは、社会がしっかりと名称を告知していく、名前の知名度を上げていく工夫が必要になっていくことでしょう。

知名度が今よりもずっと上がっていくことは、そのまま介護負担の軽減につながっていくでしょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*