介護用マットレスを選ぶ時のポイント

Pocket

ねたきりマットレス

介護用マットレスは使う方の体の状態をよく考えて選ぶことが重要

毎日の生活で使うものですから、体に合ったものを使わないとお世話がしにくくなったり、病状が悪化するなどの不安が生じてしまうからです。

老人用のマットレスはいろいろな種類のものが市販されているので、どんな目的で使いたいのかを確認して購入しましょう。

まずは固さをどうするのか、次に通気性や速乾性のあるものを選ぶのか

この2点がマットレスを選ぶ際の決め手となるポイントです。

固さで選ぶ場合は、日常生活動作をどの程度自分出来るか考慮して商品を探しましょう。

少し介助は必要だけれど自分で身体を起こすことができてベッドの上がり降りも自分で出来るという方の場合、

高反発マットレスやコイルマットレスなど少し固めのものを選ぶようにしてください。

あまり柔らかいものだと起きあがろうとするとき体が沈み込んでしまって、なかなか力を込められません。

そうして起き上がりにくい生活が続いてしまうと、体を起こす事がめんどうになり本人も自力で起きようとしなくなってしまうのです。

これが寝たきりにつながる一歩となります。

本人の体力がまったしっかりしているうちには固めのマットレスを使いましょう。

ベッドから起き上がり、下に降りるまでに介助が必要な方には電動リクライニングマットレスを使うのが適しています。

足元がふらつくなど起き上がりに人の手を借りなくてはいけない場合でも、電動リクライニング式なら自分で好きな時に体を起こして身の回りの準備にかかることができます。

自分で身体を起こそうという意欲を保っていくことが介護度を上げないために必要な働きかけなのです。

そして手の力を込めやすいように、少し固めのマットを使った電動式を探してみましょう。

寝たきりで身の回りの世話をほとんど人に任せている場合には、床ずれを防ぐために耐圧分散式マットレスを使うことが重要です。

床ずれは体の血管が圧迫され続けることによって血流が滞り血が溜まって酷くなるとそこの血管が破裂してしまいます。

そうなると治療が非常にむずかしくなるので事前に防ぎたい症状なのです。

耐圧分散式マットレスなら体にかかる圧力を均等にしてくれるので、一部分だけ圧迫されるということがありません。床ずれ防止のために体全体を包んでくれるような柔らか目のマットレスを選びましょう。

また、寝たきりになってしまっている方は清拭をベッドの上で行いますね。

その場合、水がかかっても大丈夫なように通気性や換気性、あるいは消毒用アルコールがかかっても大丈夫な物を探しましょう。

水や消毒液が掛かってしまってもいちいちマットの掃除をしなくて済みます。介護者の負担を減らしてくれて便利なのです。

介護は本人にとってもですがお世話をする側にも大きな負担を強います。

お互いにストレスを溜めないよう、適切なマットレスで快適に暮らせる工夫をしましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です