自分の体調で天気がわかる・・これってホント?

気圧

気圧の変化による体調不良

雨が降る直前になると体調が悪くなる・台風前になると古傷が傷むなど天気の状況によって体調が悪くなる方はいませんか?また、家族の中で自分の体調の変化で天気予報が出来るという方がいて、まさか~そんなことあるの?と疑問に感じておられる方もいると思います。

まったく天気に影響されない方にとっては、気のせいではないか?実はそんなこと言ってさぼりたいのでは・・などと天気で体調不良を訴える方をあまり信じていない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、気圧の変化による体調不良というのは気のせいではありません。

気圧の変化に敏感な方にとってはとても深刻。人によっては起きていられないほどの症状が出てしまう方もいます。

実際に医療現場ではこの症状は気象病と呼ばれており、病院によっては天気痛外来を開設しているところもあるほど。

この気象病という名が付く前から、天気によって体調を崩れることがあるという事、気圧の変化というのは体調に影響を及ぼすというのは知られていましたが、花粉症同様、認知度が増えてくるにつれて気象による身体の不調で病院に訪れる方はどんどん増えている傾向にあります。

また、気象の変化が年々激しくなっているのも気象病が増加している原因の1つ。

爆弾低気圧や台風、季節を通り越した気温の変化や長引く雨などで影響しています。

気象病というのが存在するのを知った方は、誰にも言えなかったあの不調は天気のせいであったのかと納得し、ほっとされる方も多いです。

ここではそんな低気圧の影響や天気の変化で起こるだるさなどの体調不良の症状や改善方法をご紹介していきましょう。

低気圧・天気によって感じる症状

体調が悪くなる症状は人によって様々ですが、多くの人が感じる症状は身体のだるさや頭痛、耳鳴り、めまい、首の痛み、肩こり、関節痛など。

喘息持ちの方は症状の悪化などが挙げられます。

その他には手術をした後の傷口や古傷が傷む方、急な焦りや不安、呼吸の乱れなどの症状が出る方、精神的に不安定になり、鬱の症状があらわれる方もいます。

どんな天気の時に特に体調不良が多くなるのか?

では一体どんな天気の時に体調不良が出てくるのでしょうか。

特に多いのが気圧の低下する時、つまり低気圧の時に多くなる方が圧倒的に多いと言えます。

特に急激な変化の際は症状を訴える方が急激に増える傾向があります。

また、気温の上昇、低下の激しい時や湿度の変化の激しい場合も症状が起きやすくなると言われています。

気圧の変化に敏感な方は低気圧が通過する梅雨時期や春、秋、台風が近づく時期は特に辛い時期と言えます。

特に痛みを感じると言われるのが台風と局地的な大雨。

気圧の変化が激しくスピードが速いため血行不良や自律神経の乱れが起こり、頭痛やだるさなどがあらわれます。

こういった低気圧をはじめとした気圧の変化は圧倒的に女性が多いのが特徴的。

ある本では心身が天気によって大きな影響を受けてしまう女性を低気圧女子と名付けるほど。

もちろん気圧や天気の影響を受ける男子もいますが、女性がなぜ多いのかというと男性よりもホルモンの変化が激しいなどの理由で自律神経が乱れやすいためといわれています。

女性は毎月の月経や閉経前後の更年期などの時は自律神経の働きが低下し、そこにさらに急激な気圧の変化が起こると、身体は敏感に反応してしまうのです。

また、低気圧の悪影響を及ぼしやすい人の特徴は耳がとても気圧の変化に敏感にできている人、車に酔いやすい人などが挙げられます。

低気圧のだるさや痛み、何とか予防したい!

気象病と言われる主に低気圧によるだるさや今にはどのように予防することが出来るのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介しましょう。

アプリや天気予報チェックをする

低気圧のだるさや頭痛などの改善のために役立つのが気象予報士開発の無料アプリです。

天気予報のほか、気圧予報をしてくれ、頭痛が起きそうといった時にはお知らせもしてくれる優れもの。アプリを使用することで前もって準備や対策が出来ます。

普段から自律神経を整える努力をする

低気圧などの天気の変化に負けない体・精神となるためには毎日の生活を出来るだけ健康を考えたものにすることが大切です。

生活習慣の基本は早寝・早起き・バランスの取れた3食の食事・適度な運動・質の良い睡眠です。出来る範囲で意識し、体内時計・生活リズムを整えるよう努力しましょう。

適度な運動をこころがけましょう。

運動不足というのは身体の抵抗力や筋力も失われてしまい、肥満などの原因になるほか、自律神経が乱れやすくなります。

自分の好きなスポーツや、毎日気兼ねなく出来るウォーキングや縄跳び、サイクリングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。

頭痛薬を常備しておく

気圧による痛みは頭痛薬や乗り物酔いの薬を飲むと症状が軽くなる場合が多いです。急な天気の変化での際の頭痛を防ぐためにも、頭痛薬を常備しておくと安心です。

飲めば症状が軽くなる安心感があるだけでも精神的に楽です。

質の良い睡眠を心掛ける

日頃からの疲労や睡眠不足・ストレスなどが溜まっていると自律神経の乱れやすくなります。

一日の疲れをとるためにも低気圧に負けないよう自律神経の乱れにくくするためにも日頃から十分な睡眠を取ること、睡眠の質を高めることが大切です。                                                  

寝室や寝具・パジャマは心地よいものを選び、寝る前にはアロマを焚くなど、自分好みの寝やすい体制を整えておくと安眠効果を高めることが出来ます。

低気圧によるだるさや頭痛の改善法

低気圧による症状の感じ方は人によって差があります。しかしまずは前兆があり、徐々に症状が重くなっていくので首が痛い、重い、身体がだるい、肩こりがいつもよりひどい、なんとなく目がチカチカする、めまいのような感覚があるという場合は早めに対処し、改善しましょう。

頭痛薬、酔い止めを飲む

使用方法をよく読み、前兆の段階で飲んでおくと、頭痛や関節痛の痛みの悪化を防ぐことが出来、前兆段階で改善できる場合もあります。

くれぐれも用量を守り、自分の身体に合った薬を服用するようにしましょう。

身体を冷やさない

低気圧の悪影響は血行の悪さと自律神経の乱れから置きます。

これから気象痛が出てきそうという時は身体を冷やさないよう心がけましょう。

あたたかい飲物を飲む、時間に余裕があったら入浴をする、足湯をする、カイロや湯たんぽなどを使用する、足腰が冷えないようひざ掛けなどを使用する、ストレッチなどで身体を動かし、血行を良くするなど自分で出来る方法で身体を冷やさないようにし、血行を悪くしないようにしましょう。

耳をマッサージする

低気圧によるだるさや頭痛、耳鳴りなどの症状は耳マッサージがおすすめです。

耳には多くのツボがあり、マッサージすることにより、症状が軽くなる場合があります。

両耳を持ち、上下・横と5~10秒ずつ痛すぎない程度に引っ張ってみましょう。

次に両耳の横をつまみ、少し引っ張りながら耳をゆっくりと5回ほどまわしてみましょう。

そして両耳をそれぞれ手で覆い、優しく5回ほど回してみましょう。

よほど症状が辛い場合は病院へ

天気の変化による不調とはわかっていても、症状が徐々に重くなる、だるさや頭痛がなかなか治まらないなど自分自身だけでは処理できない症状や不安がある場合は、思い切って病院へ行き、診断を受けましょう。

気圧の変化による体調不良は耳の違う病気や何か大きな病気が隠されている可能性もあります。

たかが気象病と軽く考えてはいけません。

病院へ行けば内耳の揺れを抑え、調整してくれる薬などを処方してくれるなど適切なアドバイス・治療を受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です