夏バテは食べ物で予防・改善できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏バテ

暑い夏をなんとか乗り越えたい

夏の暑い日が続いて秋に差し掛かったころ様々な身体の不調が起きるのが夏バテです。

別名暑さ負けともよばれる夏バテは暑い真夏をなんとか乗り越えて、やっとこれから身体が楽になると思った頃に、夏の暑さにより積み重なった疲れが押し寄せ、体調不良となってしまう事を言います。

秋口に差し掛かるとってもまだまだこの時期というのは夜多少涼しくなっても日中は暑さが厳しい状態です。

気を付けないとさらに症状を悪化させてしまう危険があります。

また、最近では夏バテという意味は暑さ負けの総称の意味だけではなく、高温多湿の辛い状況が続いたときに体調が悪くなることも同じように夏バテと表現されます。

夏バテ気味・夏バテの主な症状として身体がだるい、疲れやすい、胃腸の調子が悪い、頭痛やめまい、食欲不振、やる気が起きない、朝辛くて起きられないなどが挙げられます。

完全な夏バテになってしまうと心身ともに疲れ切って不調となってしまうので心と身体が完全に回復するまでにはかなり時間がかかります。

本人も辛いですが、それを見守る周囲も大変です。

完全な夏バテにならないようにするためには夏バテ予防と初期段階での早め改善がベスト。

夏バテの予防と改善には十分な睡眠や、生活習慣を整えるなどが挙げられますが、毎日欠かせない食べ物が重要となります。

今回は夏バテ予防におすすめの栄養素や食べ物や食べ方、夏バテ改善におすすめの栄養素や食べ物、水分の摂り方や食事方法などについてご紹介しましょう。

夏バテを予防するおすすめの食べ物、栄養素、食事方法

朝食を抜くのは避け、間食よりもバランスの取れた3食を

夏バテを予防するために規則正しい生活とバランスの取れた食事がベスト。特に一日のスタートとなる朝に食事を抜くのは夏の暑さに耐えるエネルギーを蓄積できないため、夏バテを招く要因となってしまいます。

朝食だけでなく、3食の内1食でも抜いてしまうと栄養バランスが悪くなるほか、血行を悪くし、冷えやすい身体となってしまいます。

夏は出来るだけバランスの良い食事を意識し、間食重視ではなく、3食をきちんと摂るように心がけましょう。

冷たい食べ物ばかりを食べないようにしましょう。

夏はついつい口当たりの良いそうめんやうどん、アイスクリームなど冷たいものばかりを食べてしまいがち。よほど食欲がない時は別ですが、身体を冷やしてしまうだけでなく栄養が偏り、胃腸の働きを弱める可能性があります。

そうめんやおそばなどの冷たい食べ物は1日1食程度にし、食べる時は薬味をたっぷりにする、副菜をいくつか用意する、デザートに果物を食べるなど栄養バランスも考えて食べるようにしましょう。

夏場は出来るだけ味噌汁や野菜たっぷりのスープなど栄養豊富で食べやすくあたたかい食べ物を摂るようにすると胃腸の負担が少なく、栄養がしっかり摂れ、冷えないので身体中が喜びます。

たんぱく質や栄養密度の高い食べ物をしっかりと摂る事。

夏バテを予防する際には元気に活動するため血液や筋肉を作ることが大切。

そのためにはたんぱく質をしっかり摂取することが大切です。たんぱく質の代表的な食品として挙げられるのはお肉・お魚・大豆製品・卵。

朝食にはこの中のどれか1つをしっかりと摂取するようにしましょう。

夜に食べるたんぱく質は出来るだけ脂質が少ないたんぱく質を考え、カロリーを高くしないようにすること。

胃腸の為にも夜は白身魚やヒレ肉やモモ肉、ささみ、お豆腐など脂肪分の少ないたんぱく質がおすすめです。

多少脂っこいたんぱく質を摂取するなら朝か昼食が良いでしょう。

また、あまり量が食べられないという場合には栄養密度の高いバナナや卵、大豆製品、酵素ドリンク、青汁などを摂取すると量は少なくても豊富な栄養を摂取することが出来ます。

夏バテ改善に役立つおすすめの食べ物、栄養素・食事方法

ああ~なぜだか最近つかれやすい。もしかして夏バテかなといくらか自分で思った時は夏バテ初期段階。

夏バテは悪化すると辛くて長引きますので出来るだけ早いうちに改善するのが理想的です。

クエン酸が効果的

夏バテ気味だな、疲労感があるなという場合はクエン酸が豊富な梅干しやオレンジ、グレープフルーツなどを摂取しましょう。黒酢もクエン酸が豊富です。

酢の物などのお料理に活用して、積極的に摂取しましょう。

すっぱいものが苦手な方はクエン酸のサプリメントなどがおすすめです。

旬野菜が効果的

彩豊かで食欲をそそり、栄養豊富なのが夏野菜です。

トマトやピーマン、パプリカ、ゴーヤ、ナス、カボチャ、モロヘイヤ、キュウリ、オクラ、枝豆などカラフルではっきりとした色をしています。

夏野菜には夏の身体が必要としている栄養素を豊富に含んでいます。

野菜というのは旬のものを食べるのが一番価格も安く、栄養価が高いもの。

冬には冬に必要な身体をあたためる成分が豊富であり、夏は夏に不足しがちなカリウムやビタミン、水分をたっぷりと含んでいるものが豊富で、クールダウン効果も期待できます。

また、トマトは食欲が出て、神経を鎮める効果が期待できる食べ物。

食事の初めにプチトマトやトマトジュース、トマトスープなどを食べると素早く栄養を補給でき、食欲がわいてきて、夏バテ改善に役立ちます。

ビタミンB1を積極的に補給しましょう。

夏バテを予防するためには夏場に消耗が激しいビタミンB1を多く含む食べ物を摂取しましょう。

ウナギや玄米、胡麻、ホウレンソウ、豚肉などが挙げられます。

ビタミンB1は体内に取り込まれた栄養をエネルギーに換えてくれる大切な役割を果たします。また、食べる時はアリシンを多く含むタマネギやニンニク、ニラやネギなどと

一緒に摂取すると吸収が良くなるのでおすすめです。

夏バテ予防・改善に重要な水分の摂取方法

夏はどうしてもごくごくと飲物ばかりを飲んでしまいがち。清涼飲料水などは糖質が多すぎてしまうので飲みすぎは特に注意が必要です。

水分補給はこまめに少しずつ摂取するのが理想的。一度に大量の水分をがぶ飲みしてしまうと食欲がなくなり、胃腸に負担をかけてしまうので夏バテを招く原因となってしまいます。

ちょこちょことこまめに飲むようにしましょう。

汗を多くかくときはスポーツドリンクも良いですが飲みすぎは糖質が気になります。

お水に海塩とレモンを加えたものを作ると不足しがちな水分とミネラル、疲労回復に役立つクエン酸を同時に摂取することが出来ます。

食欲がない時は香辛料や薬味を上手に利用する

食欲があまりわかないという場合は香辛料や薬味を上手に利用すると効果的です。

胡椒やみょうが、紫蘇、ニンニク、ネギ、唐辛子、ワサビ、カレー粉などを上手に利用してみましょう。

少量でも栄養豊富なチーズを食べる

チーズは栄養価が高く、夏には最適な食べ物。食欲が落ちている時や元気がわかない時に一口タイプのチーズが便利です。

また、様々な料理に使用でき、食欲増進効果も期待できます。サラダや料理のトッピングに利用するのもおすすめです。

夏野菜や具沢山のカレーも夏バテ改善におすすめ

カレーは夏バテ改善におすすめの食べ物です。食欲をそそるだけでなく、食べやすく漢方に使用されている身体によい香辛料が豊富に含まれています。

健胃作用、消化促進、食欲増進効果に優れており、夏バテ状態を回復・改善してくれます。

お肉や夏野菜をたっぷりと加えれば栄養満点の一皿になります。

作るのも簡単で一度作れば何回も食べることが出来るので手間も省くことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*