夏風邪はなぜなかなか治らず、長引いてしまうの?

夏風邪
Pocket

早くなおしたいつらい夏風邪

毎日暑さを乗り越えるだけでも辛いのに、朝起きたら頭が重くのどが痛い・・熱っぽいしお腹も痛くて調子が悪い。それは夏風邪のサインかもしれません。

ああ~夏風邪って一旦かかると長引いて厄介なんだよな~とショックの方も多いでしょう。

夏風邪というのは引いてしまうと長引く傾向があると良く言われます。

実際に夏風邪をひくと冬よりも辛くなかなか完治をしないと感じる方・経験された方は多いです。

その理由は1つではなく様々な点が挙げられますが最大の理由として挙げられるのが免疫力の低下です。

真夏と言われる時期は連続して暑い日が続きます。そのため通常に一日を過ごすだけでもかなりの体力を消耗し、徐々に疲労が蓄積されて身体の免疫力が落ちてしまう傾向があります。

免疫力が落ちた状態で風邪を引いてしまうと夏風邪のウイルスであるアデノウイルスやコクサッキ―ウイルス、エンテロウイルスといったウイルスがお腹に潜んでしまうのです。

一旦お腹に潜んでしまった夏風邪のウイルスというのは排出されるまで時間がかかってしまう厄介なもの。

それに対しての有効な治療薬が無いといった理由も重なるため、だらだらと長引いてしまう場合があるのです。

夏風邪の症状は発熱、のどの痛み、鼻水・鼻づまり・くしゃみ・咳・倦怠感・痰など冬の症状と同じ症状の他に腹痛や下痢に悩まされる方が多いです。

今回はそんな夏風邪を少しでも早く回復する方法やできるだけ風邪をひかないための予防方法についてご紹介しましょう。

夏風邪を回復させるためには

夏風邪というのは特効薬というものがありません。

夏風邪を早く回復させるために一番重要なのは自然治癒力と免疫力を高める事。

自分の力でウイルスを排出し、撃退する方法しかないのです。

夏風邪はこじらすと大変危険。

かなりの高熱がある、下痢がひどい、衰弱が激しい、吐き気がひどい、食事ができないと家で寝ていることも困難な場合はいち早く医師の診断を受け、医師の指示に従うことが回復に向けても最善の方法です。

 

しかし熱もそれほどひどくはない、下痢も何とかトイレに度々行く程度、水分も摂取できる程度であれば、特定の薬で治るというわけではないのでゆっくりとまずは身体を休めることが大切です。

熱でふらふらというわけではない程度の熱・身体が動ける程度の熱であればできるだけ解熱剤は使用しない方が回復は早いです。

発熱というのは身体に悪いわけではなく、実は身体を守るための免疫の働きによるもの。

発熱している状態の方が、身体はウイルスが繁殖しにくく、身体を守ってくれるのです。

確かに高熱が出ると心配で熱を下げたくなるのはわかりますが、ちょっとした熱だけで解熱剤を使用してしまうと熱は下がりますが、症状そのものの回復を遅らせてしまう可能性があります。

体調を見て、よほどぐったりしている場合は別ですが、38.5度以下であれば出来るだけ解熱剤は使用しないようにしましょう。

 

夏風邪の場合、解熱剤と同様、下痢の症状が出た場合も出来るだけ下痢止めは使用しない事。

下痢というのは何度もトイレに行くので、そのたびにトイレに行くのはとても辛いですが、身体の中のウイルスを排出するための生理現象ですので、できるだけ悪いものは出してすっきりとしてしまう方が回復は早いと言えます。

下痢だからと言ってすぐに下痢止めを飲んでしまうとお腹の中のウイルスを除去することが出来ません。

様子をみて、あまりにも下痢の症状が回復しない場合は別の病気の場合も考えられるので 

病院で診てもらうと安心です。

 

夏風邪で寝ているとき、家で安静にしている際にはこまめに水分を摂取する事。暑さの他に風邪による熱や下痢の症状がある場合、水分摂取は大変重要です。

脱水症状になってしまうと大変ですのでスポーツドリンク・麦茶・ミネラルウォーター・経口補水液などで定期的に水分を欠かさず摂取する様にしましょう。

 

そして睡眠を十分にとること。

部屋は快適な気温で過ごせるようにし、空気が乾燥しないように、部屋の湿度にも注意をしましょう。

暑さの我慢のし過ぎは免疫力を低下させ、夏風邪の治りを遅くします。

快適な温度と湿度を保つことは睡眠の質を高めてくれます。

エアコンを上手に活用し、夏風邪を長引かせないようにしましょう。

 

夏風邪を治すためには食事でしっかりと栄養を補給することも大切。

身体の状態をみながら上手に栄養を補給しましょう。

のどが痛いときなどは辛い物は避け、のどごしよく消化の良いものを食べるようにしましょう。

熱が出た後、下痢をした後などは水分補給のためおもゆやお粥、ゼリー飲料、お吸い物やスープ、柔らかいうどん、果物類などがおすすめです。

食欲が無い時などは梅干しや生姜などを上手に使用すると食欲を増進させます。

食欲が出てきたら栄養を付けるために発酵食品や卵などを摂るようにしましょう。

胃腸の負担を避けるため身体が元気になるまでは脂っこいものや刺激物、消化の悪いものは少量に抑えておきましょう。

子供がかかりやすい夏風邪とは

夏になると夏特有の子供がかかりやすい風邪があります。

手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱の3つはお子様がいる家庭では注意が必要です。

子供に限らず、大人も免疫力が低下している場合はかかる可能性があります。

手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱は子供の3大夏風邪と言われています。

 

・手足口病は発熱・のどの痛みのほか、数日経過した後に手や足、口の中に水疱が出来ます。これは痛みを伴うため、子供にとってはとても苦痛。

完治までには1週間以上かかることもあります。

エンテロウイルスというのが原因であり、乳児・幼児がかかりやすい病気です。

 

・ヘルパンギーナもエンテロウイルスが原因の疾患であり、乳児・幼児に多く見られる病気です。高熱が突発的に起き、口内に炎症や水疱が出来、のどの痛みも激しく、苦痛を伴います。

 

・プール熱は咽頭結膜熱とも言われ、アデノウイルスが原因です。

プールに入って感染することがあるのでプール熱と言われることが一般的です。

潜伏期間は約1週間。発熱とのどの痛みのほか、結膜炎の症状として目の痛み、目やに、目の充血などがあります。

 

目が赤い、突発的に高熱が出た、手や足、口の中を痛がるといった症状があらわれた場合はすぐに病院に行き、医師に診てもらいましょう。

 

夏風邪を予防するためには

夏風邪をひかないようにするためにはウイルスに負けないこと。

そのためには日頃から免疫力を高める生活を心掛ける事が大切です。

免疫力を高めるには規則正しい生活習慣を意識することと十分な睡眠時間を取る事。

そして日頃から腸内環境を整えるよう、腸活を始めることがおすすめです。

腸活とは腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良くすること。

腸内環境を良くするためには食物繊維を多く含む昆布やごぼう、オクラ、サツマイモ、玄米、カボチャ、ブロッコリーといった食べ物やキムチや納豆・ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂ることがおすすめです。

水分もこまめに摂取するようにしましょう。

冷たい炭水化物も善玉菌を増やすと言われています。

冷たいポテトサラダやバナナ、冷えたおにぎりなどをよく噛んで食べるのがおすすめです。

また、食べ物で補いきれない分は腸活サプリメントなども便利。

腸活に必要な栄養分がギュッと詰まったサプリメントなら毎日無理なく手軽に必要な栄養を補うことが出来ます。

夏風邪予防のための腸活は健康・美容維持にも役立ちますので、気長に続けることが良い結果につながります。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*