ノロウイルスにアルコール消毒は効かない?除菌の方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノロウィルス

厄介なノロウイルス

寒い冬の季節になるとインフルエンザなどのウイルスの病気が流行し始め、ご家族に小さなお子様やお年寄りがいらっしゃる方は特に心配かと思います。

インフルエンザも怖いですが、嘔吐・下痢などで症状が激しく、家族一人がかかると家族全員に広まる危険が高いのがノロウイルスです。

ノロウイルスはとにかく厄介。

一番怖いのは感染力が非常に強く、一度かかったからもう大丈夫という事でもなく、何度でもかかってしまいます。

様々な病気などに有効なアルコール消毒剤や熱にも強いため、アルコール消毒だけでは万全な対策とはならないのです。

テレビなどでノロウイルスという名前は知っていてもまだかかったことが無いという方、

も、もし家族の誰かがかかった時何も知らないと困るもの。

ここではいつ家族の誰かがかかってもおかしくないノロウイルスはどのように感染するのか、どのような症状があり、かかってしまったらどうすれば良いのか、アルコール消毒がだめならどのような対処方法があるのか、詳しくご紹介しましょう。

ノロウイルスの感染ルートとは

とにかく強力でインフルエンザウイルスよりも1000倍もの感染力があると言われているノロウイルス。どのような感染経路で観戦するのか、まずはそれを把握し、感染を拡大させないようにしなくてはなりません。

ノロウイルスに感染するのはまず食品が原因の経口感染です。

主に牡蠣などの2枚貝などを摂取し感染します。

そして怖いのが人と人との感染。感染者の方の便や嘔吐物にはノロウイルスが大量に付着しており、その感染者が良く手を洗わず、汚染されたままで蛇口や食べ物に触れたりすると汚染が急激に広がります。

家族でノロウイルスの感染した方が出た場合は、他の家族の方はしっかりと手洗いと消毒を行うことが大切なのです。

そして特にトイレの掃除はきちんと行う事。薬剤などで除菌・消毒することが必要です。

便座、蓋、手すり、ドアノブ、床、すべて清潔にしましょう。

また、ノロウイルスは空気の乾燥がひどくなると空気感染もすると言われています。

部屋の湿度を保てるよう、加湿器を設置し、濡れタオルや濡れた洗濯物を干すなどの対策を心掛けるようにしましょう。

ノロウイルスの症状とは

かかった多くの方がもうあんな思いは二度とごめん!と連呼するほどつらいと言われるノロウイルスの症状とは一体どのようなものなのでしょうか。

ノロウイルスは体内に入り、潜伏期間があります。

この潜伏期間はおよそ12~24時間。その間に胃の機能著しく低下させます。

急激な体調の悪化、腹痛、吐き気を感じ、強烈な水溶性の下痢・嘔吐を繰り返します。

熱はインフルエンザよりも低めですが37~38度の発熱出る場合もあります。

下痢や嘔吐は重症ですと一日何度も繰り返され、身体の衰弱し、脱水症状が起きやすくなります。  

その他の症状にはインフルエンザ同様、筋肉痛や頭痛などの症状が起きる方もいます。

腹痛・下痢・嘔吐の症状の多少落ち着いたら水分をなるべくこまめに少しずつ摂取するようにしましょう。

気分が悪い時に一気に水分を補給すると再び吐いてしまう危険があります。

水分補給はお水やイオン飲料などにし、ジュース類や牛乳類はさけましょう。

あまり下痢がひどくなるとついつい下痢止めを飲みたくなりますがウイルスを溜め込んでしまい、逆に回復を遅らせてしまう危険性がありますので市販の薬をむやみに飲むのは大変危険です。

悪いものは一度出してしまったほうが回復も早いので、出来れば自然回復を待ちましょう。

衰弱がひどい、脱水症状がひどいという場合は病院で点滴をしてもらう方法もあります。

ノロウイルスはなぜアルコールが効かない?

ノロウイルスを予防するためにはインフルエンザと同じく家中をアルコール除菌・消毒すれば、安心なのではとお考えの方はちょっとストップ!

ノロウイルスはインフルエンザとは違い、ウイルスの構造状、アルコール除菌はあまり効果が期待できないのです。

何が違うのかというとノロウイルスとインフルエンザなどのウイルスの構造が違うのです。

インフルエンザウイルスをはじめとした多くのウイルスは菌の表面が膜で覆われています。

これはエンベローブという脂質で出来た膜であり、アルコールを吹きかけると膜が壊れウイルスにダメージを与えることができます。

しかしノロウイルスというのは膜が無くても元気に生きることができる強いウイルスのため、アルコールを吹きかけたくらいではダメージとはなりません。

ノロウイルスはエンベローブなしでも大丈夫なウイルスという事で、ノンエンベローブウイルスとも言われています。

熱にも強く、アルコールにも強いという非常に怖いノロウイルス。

違う方法で対策をしなくてはなりません。

ノロウイルスは何で除菌できるのか?

ノロウイルスを徹底的にしっかりと除菌したい!アルコールや熱以外はどんな方法でそれが可能なのでしょうか。

自宅で出来るノロウイルス対策消毒として有効なのが次亜塩素酸ナトリウムです。

市販されている家庭用の塩素系漂白剤(濃度およそ5パーセント)に含まれているので、家庭用塩素系漂白剤を使用して消毒液を作りましょう。

まずは手すりやドアノブや机の上といった感染者が直に触れたところなどには

水2・5リットルに対して家庭用塩素系漂白剤をペットボドルのキャップ2杯分(およそ10ml)を混ぜたものを使用します。

便や嘔吐物が付着した部屋やトイレ・物などにはもう少し濃いめの消毒液を作ります。

500mlのお水を用意し、ペットボトルキャップ2杯分の家庭用塩素系漂白剤(10ml)を加えて完成です。

消毒液で除菌をする際に気を付けなくてはならないのは換気です。

換気を怠ると気分が悪くなるので、必ず十分に換気を行いましょう。

顔にはマスク、身体にはエプロン、手にはビニール手袋を使用しましょう。

目の弱い方はゴーグルがあると安心です。

靴はビニール袋などをカバー代わりに出来ます。

はじめに不要な布やキッチンペーパーなどで汚物をしっかり除去してから消毒を行うことが大切です。

感染を防止するためには手が良く触れる場所はしっかりと除菌を行いましょう。

蓋やドアノブ、スイッチ、リモコンなど気になるところは徹底的に消毒しておきましょう。

家庭用塩素系漂白剤は便利ですが、カーペットや布団やソファなどの変色してしまうところには残念ながら使用できません。

こういった場合は熱湯消毒を行います。

ノロウイルスは熱にも強いため、熱湯であれば感染力を弱めることができます。

およそ90度のお湯で90秒以上加熱することが大切。

ここで便利なのがペット用のシーツです。

嘔吐物が付着したところを拭き取り、汚染された場所全体にペットシーツをカバーします。この時吸水面を上にしてカバーし、お湯を吸水量ぎりぎりまで注いだ後アルミシートやレジャーシートをかぶせてしばらく放置します。

その他、感染者の食器なども漂白剤でしっかりと消毒すること。

そして感染者も感染者以外の家族の方も必ず徹底した手洗いをすることが大切です。

手洗いは薬用の殺菌・消毒が出来るハンドソープや手指消毒スプレーなどが使用しやすくとても便利です。

大変な作業ですが自分自身と家族を守るため、徹底したノロウイルス対策は必要です。

症状が落ち着いた後もしばらくはトイレの清掃・除菌・手洗い・消毒は必ず続けましょう。

アルコール対策は万全ではないのでインフルエンザなどほかの対策方法として準備をしておき、ノロウイルスに関してはノロウイルスに最も有効な方法で対策を行ったほうが、手間も省け、素早く対処できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*