複数の腫瘍に対して効果があるとされる免疫薬「オプシーボ」

Pocket

痔

免疫療法とは?

免疫療法とは、自分の免疫の力で癌細胞を消滅させる治療方法です。

自分の免疫を利用するということから、抗がん剤に比べて体への負担が少ない、副作用等が少ないとされています。

今現在大きく注目されている免疫薬として「オプシーボ」という薬があります。

オプシーボがもたらす効果

免疫療法と聞くと、一般的なイメージとして免疫力を高めると考えている人が多いと思います。

しかし人の免疫力というのは一定以上上がらないように出来ており、上がり過ぎると自分の細胞を攻撃したりなど、自己免疫疾患につながってしまうこともあります。

食事療法などで免疫を高めるということは、がんの治療にはならず、あくまでも癌細胞を増やさないための予防、現状維持であることを忘れてはいけません。

オプシーボは、免疫力を高めるというものとは少し違うものとなります。

通常癌細胞とは免疫細胞の力で消滅をします。

しかし、生き残る癌細胞は免疫細胞から見えない(免疫細胞の力を抑制する)物質を放出していきます。

つまり免疫力をいくら高めても、自分自身の細胞だけでは癌細胞に攻撃することはできないのです。

オプシーボは、その免疫細胞を抑制させる物質を取り外し、「攻撃」できるようにする薬となります。

オプシーボは決して万能な薬ではない

上記のような紹介をすると、どんながんにも通用する夢のような薬に思えてしまいますが、そうではありません。

オプシーボは深刻な副作用をもたらす可能性のある薬でもあります。

オプシーボは通常癌細胞のみに効果があるとされますが、人の体の中で何らかの異変がおこり、免疫細胞が通常の細胞を攻撃するケースも見られます。

そうなると、通常の細胞が通常の機能を果すことができなくなり、甲状腺機能障害や肝機能障害、命に関わる肺炎など重篤な副作用に襲われることがあります。

また、免疫薬であっても、耐性はできるものであり、オプシーボも耐性によって効果が見られなくなってしまうケースがあります。

免疫薬として非常に大きな注目をされ期待されてきた一方で、決して使い勝手の良い薬ではないこともわかってきています。

薬を利用するにはがん治療の設備がしっかり整っておく必要があります。

抗がん剤が必要なくなることはない

抗がん剤というのは時に劇薬のように表現されることがありますが、現代の抗がん剤は治療薬として非常に優秀な部類に入ります。(副作用は当然あります)

免疫治療の最大の欠点は、進行の早いがんに対して全く対応できないことがあるという点です。

進行が早すぎて効果が出るまでにどんどん進行してしまうということです。

抗がん剤は即効性を期待できるため、初期の段階でしっかりとがんに対応することができれば、その後の免疫治療を効果的に進めることもできるようになります。

そのため、オプシーボと抗がん剤との併用が重要視されています。

免疫療法は、自己免疫細胞の暴走という大きな副作用を持っており、それはオプシーボも例外ではありません。自己免疫細胞の暴走は時に、抗がん剤の副作用よりも深刻な症状をもたらしてしまう可能性があることは知っておくことが大切です。

決して万能な薬ではありません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です