睡眠不足になりがちなワーキングマザーの快眠方法は?

ワーキングマザー
Pocket

日本の働くママは本当に忙しい

家事、育児、仕事すべてをこなさなければならないため、どうしても時間に追われ睡眠時間が削られてしまいがち。

あれやこれやという間に深夜になってしまい、神経も高ぶったまま。これではせっかく寝ても熟睡することができません。

睡眠時間が少ないだけでなく、眠りの質も悪くなってしまってはストレスや疲労がたまり、体調を崩してしまうことになりかねません。

日本のワーキングマザーは先進国の中でも睡眠時間が最も少ないと言われています。

これは美学でも何ともなく、決して褒められたことではありません。

健康で元気に働くにはある程度の睡眠時間の確保と質の良い眠りが重要。ワーキングマザーである方は、出来るだけ睡眠時間を確保できるように工夫し、熟睡度と睡眠の質を高めることが大切です。

そんなワーキングマザーにおすすめなのが限られた睡眠時間の中でもぐっすりと眠れる効果が期待できる栄養成分グリシンです。

続きを読む

Pocket

お肌のゴールデンタイムがあるというのはウソ?ほんと?

ゴールデンタイム
Pocket

なかなかとれない睡眠時間

世の中というのは当たり前の様に語り継がれながら根拠があるのかないのかわからない噂というのが存在しています。

例えばお肌のゴールデンタイム。午後10時から午前2時までの間というのは成長ホルモンが豊富に分泌されるので、その時間は必ず寝るように心がけると美肌を維持できるというもの。いつまでも美しくありたいと願う女性のほとんどは本や雑誌など様々な情報でこの噂を何度となく耳にしています。

これはあながち間違っているわけではありません。お肌のため、健康維持のために夜早めに睡眠をとって十分な睡眠時間を確保するというのは大変良い事です。

しかし、今の忙しい日本の世の中に午後10時に眠れる人が一体どのくらいいるのか疑問になりますよね。

お肌に良いことだなとは納得は出来ても実際実行しているという方は今の時代ごくわずかなのではないでしょうか。

続きを読む

Pocket

今テレビ番組でも話題!パーソナルトレーニングって何?

パーソナルトレーニング
Pocket

一度はやってみたいパーソナルトレーニング

綺麗に筋肉をつけたい!引き締まった身体を手に入れたい!と最近では性別関係なく様々な年代の方が美しい肉体をめざし、フィットネスクラブやトレーニングジムなどで身体を鍛えています。

しかし、ある程度目標を達成すると人間は欲が出てくるもの。

よりパワーアップした肉体を目指したい、さらに身体を引き締めたいなど現状のトレーニングに不安や不満を感じている方も多いのではないでしょうか。

また、トレーニングに興味があり、筋力を鍛えてみたい、鍛えながら痩せたいと思っていても1人でのトレーニングは不安、食事などの管理のやり方などがわからないと一歩がなかなか踏み出せないという方もおられると思います。

そんな方たちにご紹介したいのが今テレビ番組やテレビCM、雑誌などで話題となっているパーソナルトレーニングです。

続きを読む

Pocket

ストレス発散に効果的!いつでも気軽に行える瞑想

瞑想
Pocket

瞑想のストレス発散効果

過酷な労働や人間関係のトラブル、就職や進学の悩みなど私たち人間は様々なストレスを受けながら日々を過ごしています。このストレスというのは上手に発散をしないと徐々に心や体に負担がかかり、身体のあちこちに色々な悪影響を及ぼす原因となる可能性があります。

適度なストレスというのはそんなことに負けないぞ!頑張るぞ!という自分自身を成長させるプラスな面へとつながる事もありますが、自分が追い込まれてしまう、辛く苦いマイナス方向へと言ってしまうほどのストレスとなると眠れない、食欲不振、頭痛、肩こり、めまい、精神不安定といった症状などに悩まされ、さらには心身症やうつ病、自律神経失調症、胃潰瘍など大きな病気へと発展する方もいます。

ストレスを感じたらためずに出来るだけこまめに発散することが大切となります。

ストレスを発散する方法には好きなスポーツで身体を動かす、美味しいものを食べる、友達とおしゃべりする、スポーツ観戦やコンサート、カラオケなどで大声を出すなど様々な方法がありますが、その中でおすすめなのが瞑想です。

瞑想はいつでもちょっとした空き時間に出来、お金もかからずに短時間でストレス解消できると今ビジネス成功者やサラリーマン・OLの間でも人気が高まっており、多くの方が実践しています。

瞑想というとなんだか宗教っぽくてちょっぴり抵抗があるという方、瞑想は聞いたことがあるけど詳しくはわからないという方も多いと思います。

今回はストレス発散効果が期待できる瞑想についてお話していきましょう。

続きを読む

Pocket

体内時計って何?

体内時計
Pocket

人間だけでなく、植物や動物、虫にも備わっている体内時計

体内時計とは1日(24時間)の周期の変化に合わせていくシステムであり、生き物には身体のありとあらゆるところに目に見えない時計というのが内蔵されています。

その機能の事を体内時計と言います。

体内時計は身体全体の細胞に存在している遺伝子であり、体内時計のおかげで意識をせずに1日の生活リズムがつくりだされます。

この体内時計が正常に機能することにより、朝は太陽が昇ると起き、昼は活発に動き、夜はぐっすりと眠るという1日の生活がリズムよく行われ、健康を維持することが出来るのです。

つまり体内時計というのはもともと人間をはじめ生き物の心と身体を健康に維持していくための身体の大切な機能なのです。

しかし、この体内時計のバランスが崩れてしまうと心身に様々な悪影響や不調が出てくる可能性があります。

体内時計がなぜ乱れるのか、乱れるとどのような悪影響があるのか、一度乱れた体内時計を整えるためにはどうしたらよいのかなど、体内時計についてお話していきましょう。

続きを読む

Pocket

なんだか最近太ってきた・・原因は基礎代謝が下がったため?

基礎代謝
Pocket

たくさん食べても太りにくい

若いころはダイエットなど気にしたことが無いのに年齢を重ねたら太りやすい体質になったという方、無理なダイエットをした後、脂肪がつきやすくなったという方、最近体重が増えて便秘がちという方、もしかしたら基礎代謝が下がり、痩せにくい体質になっているかもしれません。

人によってたくさん食べても太りにくく痩せやすい人、食べる量は多くないのに太りやすく痩せづらい人がいるのは基礎代謝が盛んな人と基礎代謝が落ちている人との違いなのです。

沢山食べても太りにくく痩せやすい体質を手に入れたい!多くの方がそうなりたいと思っていても実際はどのようにしたら基礎代謝を上げることが出来るのか、痩せやすい体質を手に入れるためにはどうしたらよいのかよくわからないと悩んでいます。

今回はそんな基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を手に入れるため、基礎代謝について色々とお話していきましょう。

続きを読む

Pocket

アクセサリーなどが原因で起こる金属アレルギーの対処法

金属アレルギー
Pocket

金属アレルギーとは

多くの種類の金属は、電解質という電気分解を起こさせる溶液につけると、イオンを発生させます。これを金属イオンといいます。

人がかく汗も、電解液の一種と考えられています。そのため、アクセサリーに使われている金属が汗の電解質によって分離を起こし、体の中に入ってしまいます。

あるいは、金属の成分が汗で溶け出すことによって、体の中に吸収されるとも考えられています。この、溶け出した成分が体の中で新しいタンパク質を作り出します。これをアレルゲン物質といいます。

そして、それに対する拒絶反応を、金属アレルギーと呼ぶのです。アレルギーとは、免疫の異常活動状態と言えます。免疫とは、普段体に病気の原因となるウイルスや細菌などが蔓延しないよう、白血球が働いて異物を駆除する働きです。

これが異常に活性化すると、本来健康であるはずの細胞まで攻撃し始めてしまい、患部が傷ついて炎症などの症状を引き起こします。

金属の成分は体にとって毒となるものもあります。金属アレルギーとは、体の中に入ってきた金属の成分を異物と感知した免疫機構が、駆除のためその部分の細胞に強い刺激を与えている状態なのです。

汗で溶け出す金属の量はほんのわずかですが、使われている素材や人の体質によっては敏感に反応してしまいます。特にアレルギーを起こしやすい金属の中に、コバルト、アマルガム、パラジウム、水銀、ニッケル、すずなどがあります。

これらの金属は合金される場合に使われることもあり、アクセサリーや歯の詰め物の素材になる場合もあります。そうしたところから金属の成分が体に入り、アレルギーを起こしてしまうのです。

そのため、金属アレルギーを防ぐためには、アレルゲン物質になりにくいプラチナやステンレス素材のものが使用されているものを選ぶといいでしょう。

また歯科医で治療を受ける場合は、万が一のため自分に金属アレルギーがあるかどうか、あらかじめ調べておくといいですね。

金属アレルギーはなぜ発症するのか

金属アレルギーは発症しない人もいれば、大人になってから発症する人もいます。なぜこのような差があるのでしょうか。何がきっかけで金属アレルギーがおこってしまうのでしょうか。

まず1つには、汗をかきやすいかどうか、汗の量は多いか少ないかという問題があります。汗をたくさんかく状況下で金属製のアクセサリーを着けていたり、金属でできたものに長時間触れていたりすると、アレルギーを起こしやすくなります。

これは、汗が多いとそれだけ金属の成分が溶け出しやすくなるからです。汗っかきなどと言われるように、汗の分泌量は人によって違います。そのため、同じようにアクセサリーを着けていてもアレルギーを起こさない人もいるのです。

また、アクセサリーを着ける回数によっても発症する確率は変わってきます。毎日金属製のアクセサリーを着ける習慣がある方、特にピアスなど直接体の中に近い部分に触れているものは、アレルギーを起こしやすいのです。

あるいは、空気中に含まれている金属イオンを長年吸収し続けることによって発症するという見解もあります。これは長い時間をかけて体に蓄積した金属イオンが原因です。

そのため、ある日突然アレルギーを発症してしまう人もいるのです。その場合、体内にアレルゲン物質があるので、金属に触れていなくても全身に皮膚炎が現れます。どこにできやすいのかは人によって違います。

また、アレルギーを起こすかどうかは、アレルゲン物質に対する体質の差でもあります。これは個人差が大きく、実際にはアレルギー体質を持っているのになかなか発症しないということもあるようです。

金属アレルギーが発症するのは、汗、金属に触れる回数の多さ、空気中の金属イオン、もともとの体質などがそれぞれ働きあっているからです。すべてに該当する場合、症状も重くなりやすいでしょう。

金属アレルギーで起きる症状

金属アレルギーは皮膚に起こる症状で、医学的には「接触性皮膚炎」と呼ばれています。ですので、主な症状は炎症反応です。

ひどくなるとかゆみが治まらなくなったり、炎症を起こしている箇所が熱を持ったり腫れ上がってかぶれてしまうこともあります。

湿疹ができることもあります。その場合にはかゆみがひどくなってしまうので、かきむしってしまい、症状をさらに広げてしまうという不安があります。

このかゆみという症状が皮膚炎の一番つらいものでもあります。かゆみを我慢するのは困難で、ほうっておくと無意識にかきむしってしまうことがあるからです。

かゆいところをかきむしっていると、患部の痛覚が刺激されるのでいったんはかゆみが引いたように感じます。しかしその後でもっと反動が起こり、もっとかゆくなることがあります。

そしてそれを解消しようとしてさらにかきむしり、どんどんかゆみが広がってしまうという悪循環に陥るのです。そこで、皮膚炎が起きた場合には早急に治療しなくてはいけません。

かゆみがひどい場合の治療法

症状が軽い場合は、金属製のアクセサリーを使うことなどを数日控えてみましょう。軽症の金属アレルギーの場合は、原因から遠ざかれば症状は回復します。

ですが、金属アレルギーの治療には、皮膚科を受診することが重要です。個人では症状が金属アレルギーにあたるのか判断できないからです。なんのアレルゲン物質が問題を起こしているのか、検査して確かめてもらいましょう。

その上で、金属アレルギーであることがわかれば治療を始めます。まず炎症を抑えるために、ステロイド剤の塗布を行います。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンの一種で、免疫を回復し、炎症を抑えるなどの効果があります。皮膚疾患の治療には広く使われている薬剤です。

まずはステロイド剤を使って炎症を抑え、皮膚の状態がどうなっていくかを観察します。かゆみが改善しなかったり、さらにひどくなっていくような場合には、抗ヒスタミン剤を投与してさらに様子を見ます。

抗ヒスタミン剤とは、体内でアレルギー反応を起こす原因を作るヒスタミン受容体に働きかけてヒスタミンの働きを阻害し、アレルギーを治療するための薬です。

それでもさらにアレルギー症状が治まらない場合には、アレルギーの専門医を受診するしかありません。専門医とは、日本アレルギー学会の認定を受けた、アレルギーに深い知識を持つ医師のことです。

アレルギー専門医にかかれば、長引く症状などがどうして起こっているのか、何の金属のせいなのか、かゆみを抑えるためにどんな処方を行えばいいのかなどを診断してもらえます。

日本にはアレルギー症状を持っている患者が多く、そのためアレルギー専門医のクリニックも多く存在しています。そのため、金属アレルギーの症状がひどくなった場合にはどこにかかればいいのか、探しやすいでしょう。

近隣の医療機関や保健センターなどに問い合わせると、アレルギー専門医がどこにいるのかがわかります。個人クリニックならばインターネットで検索すれば見つかります。

ここまでひどい症状を出さないためにも、不安のある方は一度皮膚科を受診してアレルギーのチェックを受けることをお勧めします。そしてどの金属ならば使っても大丈夫か、知っておくことが重要です。

Pocket

充実した老後を過ごすために欠かせない趣味の存在

老後の趣味
Pocket

人生100年時代の老後

高齢化が進んでいく中、平均余命は伸びて行きいまや「人生100年時代」の到来も近いと言われています。しかも、医療の発達によって100歳でも健康ですごせる人口も多くなっていくでしょう。

このような状況下にあって、退職するのが75歳だったとすると、その後余暇の時間が25年もあることになります。65歳で退職すれば35年という年月を過ごすことになります。

もちろんこれは予測であり、すべての人が100歳まで健康でいられるわけではありません。しかし、平均余命が今後も伸びていって、ある程度健康な状態を維持しながら生活していく高齢者が増加するのはまず間違いないでしょう。

そこで欠かせないのが趣味の問題です。現役世代に仕事や子育てに集中していて、自分の時間をほとんど取ってこなかった、というのが、これからの後期高齢者の特徴でもあります。

そんな75歳以降の人たちが、いきなり仕事を失ってやることを無くしてしまうと、一気に生活が張りを失います。そして家の中に引きこもりやすくなり、体力が失われていってしまいます。

そうした状況を変えるためにも、頭や体を適度に使う趣味の存在が必要なのです。これは認知症の予防にも効果的な意味を持っています。

老後の趣味の問題は、単なる暇つぶしではありません。膨大な余生を充実して送るために、健康、お金、人間関係を円滑にしておく手段でもあるのです。

この3つは、高齢者の生活にもっとも欠かせないものになっていくでしょう。お金を失わず、健康を維持して、社会に参加し続けること。これが、高齢者の生き方になっていくのです。

老後に趣味を持っていないと…

内閣府の調査によって、現在60~70代の8割が生活に生きがいを感じているということが分かりました。ではどのようなときに生きがいを感じているのでしょうか。

それは、人と会ったり、スポーツや趣味に熱中しているときがもっとも生きがいとして受け止められているようなのです。孫の成長を見守るというのも大きな生きがいでしょうね。

では、人と会う機会がなく、没頭できる趣味やスポーツを持っていない高齢者の生活はどうなっていくでしょうか。それは、やはり張りのない、生きがいを感じられない余生になってしまうのです。

特に、1人暮らしの高齢者が生きがいを感じにくくなっていると言われています。1人暮らし、いわゆる独居老人問題は深刻です。

1人で暮らしていると、人とコミュニケーションをとる機会が薄れ、自宅に引きこもって新聞を読んだりテレビを見たりする毎日を送るようになってしまいます。

こうした環境は、脳にもよくない影響を与えます。外に出ずに、適度の刺激を与えないと、人の脳はどんどんその力が低下していくのです。そして、老人性うつになってしまったり、認知症の発症を招きます。

また、自宅いることに対してストレスを感じてしまい、近隣の子供や子育て家庭と高齢者がトラブルを起こすという問題も起きています。

脳が活力を失うことで、冷静な判断が出来なくなり、ちょっとしたことでもすぐカッとなって、時には深刻な事件を引き起こしてしまいます。これは早急に解決しなくてはならない問題です。

生きがいもなく長い時間を過ごすことは、体験した人にしか分からないつらさがあります。そうして社会とのつながりを失って、孤独死に至ってしまう高齢者が、都市部を中心に増えています。

つまり、何か趣味を持っていて外に出る習慣があることが、人生100年時代が来たときに必要不可欠になるのです。人とのつながりを失わないことが、生きがいを感じ続けることにとって重要です。

趣味の存在は、人と人をつなぐきっかけになります。人間関係の輪が広がれば、自然と精神も穏やかになり、ストレスを溜めにくく健康にもいい影響を与えます。

そして近隣の人たちともトラブルを起こすことなく、円満な関係を保ちつつ毎日をすごしていくことが出来るようになるでしょう。

高齢者に人気のレジャー・アクティビティ

では、老後にする趣味はどのようなものがあるのでしょうか。今までなんらかの趣味を持っていた方はそのために時間を使えるので問題ないですね。

これまで趣味といえるほどのものを持ってこなかった方に、ある程度体力がなくても出来る、あるいは体力回復のために出来る趣味を紹介しましょう。

まずは簡単な体力づくりとして、登山がおすすめです。登山といっても、実際には山歩きという程度の簡単な運動です。日本は山が多い国です。全国の都道府県別の登山ガイドも出版されています。図書館などにもあります。

そういったもので調べれば、自宅近くの簡単に登れそうな山がどこにあるのかすぐ分かります。中には山頂まで道路が整備されていて、難しい準備をしなくても運動靴で登れる山もありますよ。

そして、山の緑は脳によい刺激を与えてくれる上に、植物が発しているフィトンチッドという物質がストレスを解消してくれます。そしてもちろん足腰が衰えない良い運動になります。

山登りが出来るようになったら、今度は写真に目を向けてみましょう。なんといっても、自然は被写体の宝庫です。1人で上っても、木々の間から見下ろす町や、小さな花、湧き水など、目を引くものがたくさんあります。

今は素人でも簡単に操作できるのに、本格的な写真が撮れるカメラが廉価で市販されています。そうしたものを購入するために、いろいろと情報を調べることも楽しいものです。

山登りに慣れてきたら、今度は少し遠出をして近隣の県にある山にトライするのもいいですね。その際、所在地にある温泉を調べておくのもおすすめです。

温泉めぐりも高齢者の趣味の中で人気のものになっています。山に登って少し疲れた後の泉質のいいお湯は格別なものでしょう。体にもいい刺激ですし、達成感を得た後の自分へのご褒美になります。

それに、温泉によっては病気に効果を持っているところもあります。特に肩こりや腰痛など高齢者が抱えやすい症状に効くものもあるでしょうし、肌の乾燥を防いでかゆみなどを解消してくれるものもあります。

温泉めぐりと関連して、国内旅行もおすすめです。老後の特権は時間が自由に使えるということですね。そのため、若いころ行ってみたかったけれど時間がなくて行けなかった観光地にいくらでもいけます。

注目を浴びているのが。キャンピングカーをレンタルして自炊しながら旅行をする、というスタイルです。中には中古などで自分専用のキャンピングカーを持つ方もあるようですね。

この場合は、運転をするという負担が伴いますが、運転技術が衰えないためにも習慣的に車に乗っていることは重要です。もちろん、視力や聴力などに問題が出てきたら速やかに医師の判断を仰ぎましょう。

このほか、ピアノなどの楽器にトライすることも体や脳の健康のために良い刺激をくれます。ピアノは手の指を複雑に動かすので、脳の働きを活発にしてくれるのです。

認知症予防として今芸術的な趣味を持つことは重要だとされています。初心者には、大人の塗り絵という本も出版されているのでそうしたものからはじめてみるのがいいでしょう。

このように趣味とは人に活力を与えるものでもあり、生活に張りをくれるものです。ぜひ体力や時間、お金と相談しながら、熱中できるものを探してください。

Pocket

高電圧で身体の不調を治療する電位療法

電位療法
Pocket

電位療法とは?高電圧を使った治療のメカニズム

電位療法とは、電極と電極の間に高い電圧をかけて電界というものを発生させ、その間に座ることで人の体の不調を直すと治療法です。

開発が始まったのは、高圧電線下付近で暮らしていた人たちが比較的健康で病気が少ないことが着目されたからでした。そこで、普通の電圧に比べて高電圧で、高周波の電気を使い、人に体を刺激する電位療法が考案されました。

高電圧は体に悪影響では、という声もありますが、高電圧と言っても、通常の医療機器にそこまで高い電力は使いません。

むしろ微量の電気を使って肩こりや頭痛などを治療する医療方法は昔から考案されていました。

電位療法とそのための電位治療器は、電気を使った民間療法の発展系と考えればいいでしょう。現在では国内に多くの電位医療機器メーカーが存在し、家庭用の販売も行われています。

こうした電位治療器は、特に整形外科などで患部のリハビリに使われることが多いです。慢性的な痛みに対して効果が高いとされているからです。高齢者の腰痛や肩こりなど、年齢を重ねたことから来る痛みの治療に用いられます。

電気を使うことでストレスを解消し、不眠を改善

不眠症を経験したことがある人は、全国で5人に1人とも言われるほど高い確率で存在しています。夜眠れないことは健康に対して深刻な問題です。

深夜時間帯に熟睡出来ていないと、体内リズムが崩れ、朝起きられなくなります。そして様々な不調の原因を引き起こすのです。

なぜ不眠症になってしまうのでしょうか。夜寝られなくなる原因は、疲労、寝方の問題、騒音障害、病気によるもの、精神疾患など様々なものがありますが、一番大きな原因をあげるとストレスになります。

現代我が国は、超過勤務による過労を訴える人の増加が国会でも問題にされるほど、高ストレス社会となっています。ワークライフバランスを整えることが急務ですが、なかなか成果を発揮していません。

そのような中、仕事関係でストレスを抱えてしまい、神経の働きが乱れることで、夜眠れなくなる人が多いのです。興奮を司る交感神経が優位になってしまっているのですね。

高ストレスにさらされた状態では、常に神経が興奮したままです。その結果、心臓や肺に負担がかかったり、脳梗塞などの生活習慣病の原因になるのです。

ストレスは今や国民病とも言えるものです。生活上で起こるストレスの解消は、書籍やテレビ番組などで特集が組まれ、様々な取り組みがされるほど深刻な問題になっています。

そしてぐっすり眠る事自体が、ストレスを改善するために必要なのです。高ストレス状態は体にも心にもダメージを与えます。そして眠りはそうしたダメージを回復させてくれるのです。

電位療法には、興奮の原因になるストレスを解消する効果があると言われています。それは、電界の中に居ることでカルシウムの受容体が活性化し、神経を穏やかにするというものです。

イライラにはカルシウムが利くことはよく知られています。カルシウムは神経の働きに作用するので、ストレスの解消にはとても効果的なのです。

そのカルシウムが体の中に取り入れられやすくなると、おのずと気持ちが落ち着いて行きます。そして、ストレスが軽減して穏やかに眠れるようになるのです。

血流を改善して肩こりを治します

昔から、磁力が血流に影響を与えるという民間療法が広く行われていました。市販されている医療品や医療機器にも、磁石が使われているものがありますね。

磁力の力で血行を改善し、肩こりなどを治療するのが目的です。電位療法にもこれと同じ働きがあると考えられています。

電圧を浴びることで肩こりが改善する仕組みは、電位治療器に座っていると、体内の血管のつまりが解消されて血液がさらさらになり、血行がよくなることにあります。

実際に電位治療器を身体に充てていると、患部がじんわりと暖かくなるのを感じる人もいるようです。これは停滞していた血行が良くなって、体温が上がってきているからです。

電位療法はただ座っているだけという簡単な施術です。機械本体以外に準備するものはとくにありません。現在電位治療器を使用しているクリニックは全国に多くあります。

お近くの医院に問い合わせれば、電位治療が可能かどうかわかるでしょう。長引く肩こりや頭痛などで悩んでいる方は、一度相談してみるといいでしょう。

科学的根拠はまだ不明。誇大セールスにも気をつけて

このほかにも電位療法には様々な効果があると言われています。便秘の改善が出来たり、鬱状態に対して効能を発揮するなどです。

ですが、これらの効果、効能はまだ研究段階なのです。実証されているとされた効果は、動物を用いた実験の結果です。人を使った実証実験の結果は出ていないのです。また現在得られている研究成果が、電位療法によるものという実証も出来ていません。

つまり、電位療法にはまだ「確実に治る」という科学的根拠がないのです。あくまでも、臨床的に使用した結果、体の不調が改善した方が多いと言うのが現状です。

効果を実感している人が居るので、治療の意味が全くないわけではないでしょう。しかし、何故電位療法が健康に良いのかについては結論が出ていません。

不眠や肩こりの原因は人によって違うこともあり、また体質や体格も1人1人違います。そのため、人によっては電位治療を行ってもまったく効果がない場合もあるかもしれません。

もちろん、効果がある方は継続して治療を続けることで健康で快適な生活を送ることが出来ています。電位療法が習慣になっている方も居る事でしょう。

しかし、体質的に合わないような場合、医療施設で試してみて、肩こりなどが改善しなかいかもしれません。そんな時はあまりこだわらずに他の治療法も試してみましょう。

また、過去に「糖尿病が治る」などの大げさなセールストークを用いて、家庭用の電位治療器を販売しようとした業者が違法として問題になった例もあります。

誤解を避けるためにも、電位治療器で糖尿病は治りません。糖尿病には薬物療法や食事療法、運動習慣の改善が重要なのであって、ただ座っているだけの電位療法は効果がないのです。

電位治療器には様々な効能があるのは確かです。しかしそれらの効果は、あくまでも根本的な治療ではなく、症状の緩和が実際だと言う見解もあります。

それなのに、問題となった業者は実際にはない効能を謳って販売意欲をあおり、違法にセールスを行っていたのです。そう言った業者はまだあるかもしれません。訪問販売や通信番組の誇大広告に敏感になる必要がありますね。

効果があるかは個人差あり。慎重に使いましょう

この様に、高い効能があると言われている一方で、全く科学的根拠がないともされているのが電位療法の実態です。そのため、治療を受ける際には慎重になりましょう。

中には悪徳な治療院もあります。効果がない事を知っていながら患者に施術を行うと言うものです。こうした医療関係の事件は後を絶ちません。

不眠や肩こりは、体験している人にとっては深刻な悩みですね。直すために藁をもすがりたいという場合もあるでしょう。電位療法を行う場合は、信頼できるクリニックを選び、自分に合っているのか確認することが重要です。

Pocket

子育ての新常識?祖父母が孫を育てる必要とそれによるメリット

孫の子育て
Pocket

増加する共働きによって求められる祖父母の力

近年、子育て世帯で夫婦共働きというケースが増えています。もともと共働きの傾向は、長引く不景気の影響で2000年ごろから増加傾向にありました。

しかし、2007年の金融危機、そして2011年の東日本大震災を受けて、その比率は一気に上昇をし始めています。様々な出来事が家庭の収支に関する考え方を変えてきたようですね。

今後は女性も貴重な労働力として、社会の中で活躍するようになっていくでしょう。そこで、働きに出るお母さんに変わって子どもの面倒を見るおじいちゃん、おばあちゃんの力が重要になります。

子育ては母親が1人でやる物という考え方はもう以前のものになりつつあります。女性が働く時代の到来とともに、祖父母も子育てのサブではなく、メインの一端を担わなければならなくなるのです。

そこで、実際に自分の孫を育てるというシーンに遭った時、どのように対応したら良いのかまとめました。

孫育て・1日のスケジュール

孫の面倒と言っても、お母さんが働いている場合は日中保育園に預かってもらえることもあるでしょう。ですが待機児童問題は深刻です。実際には1日自宅で、ということもあるようです。

それに病気にかかってしまうと登園できませんから、おじいちゃんたちが自宅で面倒を見てあげなくてはいけません。孫の年齢にもよりますが、1日世話をするとなるとどのようなスケジュールになるでしょうか。

先ず、朝7時~8時の間に出勤する両親から孫を受けとります。お母さんが連れて来てくれることもあるかもしれませんが、子ども夫婦宅まで迎えにいかなくてはいけない事も。

あるいは同じ時間帯に保育園に送っていきます。それからは4時半ごろまでは園で世話をしてもらえますので、おじいちゃんおばあちゃんは自宅で緊急連絡がないか気をつけましょう。

ちいさな子は急な発熱や怪我が多いものです。預かり時間内でも迎えに行って病院に連れて行かなくてはいけません。その場合、地域によっては子どもの医療費補助の制度があります。補助券などをちゃんとお母さんから預かっておきましょう。

園から帰ってきたら、あとはお母さんかお父さんが迎えに来るまで遊んであげたり、食事を与えたり、お風呂に入れたりします。

特に食事は好き嫌いをしたり、アレルギーがあって食べられない物があるかもしれないので、お子さん夫婦とよく確認し合っておきましょう。

子育て経験のないシニア向け孫育て講座

この様に小さな子どもを育てると言うのは、なかなか大変な仕事です。自分の現役世代に仕事が忙しく、子育ての経験がほとんどないおじいちゃんも居る事でしょう。

そんな方は、いきなり今日から孫を預かれと言われても困ってしまいますね。そこで、自治体が主催している孫育て講習会に参加してみましょう。

実は、おじいちゃんおばあちゃんの子育て時代と今では、医療の面などからも育児の方法はかなり変化しています。外気浴のさせ方やおやつのあげ方、しつけの問題などなかなか複雑です。

そこで、子育て経験のあるおばあちゃんも一緒に現在の孫育てについて知識を深めてください。実は、お子さん夫婦と祖父母との間で育児の意見対立がよくあるのです。

家族の間に軋轢を作らないためにも、時流に合った子どもとの付き合い方を知っておくことは大切です。社会福祉課、児童家庭課、子供家庭支援センターなどの名称の部署を探せば情報を教えてくれると思います。試してみましょう。

祖父母と触れ合う事で孫へのメリット

祖父母が子育てに主体的に参加することは、両親の負担を減らすと言うことで大きなメリットになります。でも、親だけではなく孫にも良い影響が期待できるのです。

子どもとは、小さいうちからたくさんの人とふれあって、その人たちから多くの愛情を注がれることが必要です。そうでない子どもは、精神の発達に問題があったり、情緒が不安定になってしまうと懸念されています。

そこで、お父さんお母さんだけでなく、おじいちゃんたちからもたくさん愛情をかけられ、かわいがられて育った子どもは感受性が豊かになり自立心も高くなるのです。

これを子どもが築く心の絆、「アタッチメント」と言います。アタッチメントの対象は基本は1人ですが、複数人あってもいいのです。

アタッチメントの対象とは、精神的な拠り所でもあります。そういう対象が多いほど、子どもは毎日を安心して過ごせるので、まっすぐな性格に育つと言われています。

体力的な問題…無理なく孫と過ごすコツ

しかし、現実問題として、60代70代になってから3~5歳程度の子どもの面倒を見るのは本当に大変ですね。特に体力的に不安を持っているおばあちゃんも多い事でしょう。

だっこをせがまれたり、体を動かして遊んでいると足腰を痛めてしまうかもしれません。孫育ては毎日の事なので、無理なく過ごす事が重要ですね。

そこでおすすめなのが、絵本の読み聞かせです。孫育て講習でも紹介されるかもしれません。今、ブックスタート運動といって1歳半ごろから絵本の読み聞かせを始めることが情緒の発達に効果的と注目されています。

そこで、絵本をたくさん用意して読み聞かせをしてあげましょう。本に触れることは感情や感覚の発達を促すとともに、してはいけない事、危ない事を覚えるきっかけにもなります。

それに孫を膝に座らせて本を読んであげるのは、おじいちゃんとしても有意義な体験になるでしょう。子どもは本を読みながらいろいろなことを質問します。それが孫とのコミュニケーションになるのです。

また、孫の好きなキャラクターのアニメや映画などを見せてあげるのもいいですね。テレビは子育てによくない物だと以前は考えられていました。

ですが、それは子どもに1人で見せている場合のこと。一緒にテレビを見ながら、要所要所で声掛けをすると、こちらも良いコミュニケーション手段になります。

大きな車だね、かっこいいね、など何かしら言葉をかけてあげましょう。そして、孫が話す事には必ず返事をしてあげましょう。

この様に家の中で過ごす工夫をすれば、体力を削らなくても孫と遊ぶことが出来ます。少し大きな子どもだったら、将棋などを教えてあげるのもいいですね。

もちろん外で遊ぶことも良い事です。まだまだ体力に自信がある、と言う方は、近所を散歩したり公園に連れて行ってあげてください。

特に大型遊具が置かれている公園に行くと、子どもは1人で自由に遊んでくれます。4歳以上の子供なら、終始付いて回る心配もありません。

多少転んだりして怪我をするかもしれませんが、それも大切な経験です。子どもを見守りながら、自分はベンチでゆっくりしていることが出来ます。近くにそんな公園がないかどうか調べてみましょう。

祖父母が子育てに積極的に参加することは、様々なメリットがあります。ですが、主役となるのはやはり両親。何もかも丸投げにされるのは間違っています。

孫育てをするときは、「これは自分たちには出来ない」ということをはっきりさせておくことも大切です。孫育てでストレスを溜めないためにも、おじいちゃんたちが自分たちのライフサイクルを確保することが大切なのです。

Pocket