右脳を鍛えると受験にいい?

Pocket

右脳右脳というのは鍛え甲斐があり、どんどん進化する

人間の脳というのは右脳と左脳と2つに分かれているのは知られていますが、その働きというのはどのように分かれているのか、よく知らないという方は多いです。

通常人間が生活する中で良く使用するのは左脳。

話しをする、書く、分析する、論理的・科学的に考える、言語を認識する、数字を理解する、計算するといった機械的な傾向が強いのが特徴です。

右脳というのはひらめきや直感など人間的な傾向が強いのが特徴。

芸術・創造・空間・音楽・直感・感性・感情を司り、芸術脳と言われています。

また右脳は嗅覚や味覚・触覚・聴覚・視覚を担っています。

右脳というのは鍛えれば鍛えるほどどんどん進化し、イメージ力を掻き立て、直観力を養うことができます。

右脳を鍛えることにより頭の中のイメージを膨らませることができ、多感で情緒豊かな楽しい人生を過ごすことができます。

論理的な判断が出来る左脳が発達している方は様々なことが的確にでき、仕事なども面では大変頼りになりますが、何か面白みに欠け、理屈っぽくなってしまいがち。

しかし、これから仕事上様々なアイディアを生む必要がある、芸術的な仕事がある、イメージトレーニングが必要なスポーツを行うなどといった機会がある場合は右脳を鍛えると、仕事の面でも毎日の生活の中でもやりがいと楽しみができ、人生に彩りが生まれるなど沢山のメリットがあります。

また、頭の固いイメージが無くなり、丸みが生まれ、様々な方と楽しい交流が出来るようになります。

論理的に判断することも出来、感情的な判断も出来るようになれば、周囲から慕われ、人間味に溢れ、落ち着いた頼りになる存在になれるでしょう。

自分自身も何事も慌てず、ストレスも大きく貯まることなく、精神的に落ち着いた毎日をすごせます。

では右脳を鍛えるには実際にどうしたらよいのか、じっくりとお話していきましょう。

続きを読む →

Pocket

テレビや雑誌でも話題の高血圧とは

Pocket

高血圧

数々の健康関係のテレビ番組や雑誌などでも高血圧というのは良くないものであり、高血圧を下げるためのサプリメントや食品、運動方法などが紹介されています。

しかし、健康診断などで高血圧気味といった結果が出てもピンとこない。

自分としてはあまり自覚症状が無いので気にならないという方の中には、高血圧であっても具体的な事は何もせず、放置状態にしている方もいます。

しかし、高血圧状態を放置しておくことは大変危険。

爆弾を抱えているようなものであり、ある日突然高血圧が原因の病気などで寝たきりとなる可能性があるのです。

高血圧を下げる必要がなぜあるのか、これだけメディアに取り上げられるほど高血圧が問題となっているのかを具体的に知れば高血圧が怖くなり、下げる努力をしようという気持ちになるはず。

病気となってからでは後悔しても遅いのです。

今回は高血圧をなぜ下げる必要があるのか、高血圧を下げるためにはどうしたらよいか詳しくお話ししましょう。

続きを読む →

Pocket

ジムにいきすぎはよくない?

Pocket

ジムジムに行く頻度と、効果の違いとは!

ダイエットや健康維持のためにジムに通っている人も多いですが、毎日行く人もいれば、週末のみ、週3回などジムに行く頻度は様々です。

毎日ジムに通っても変化を感じない人もいれば、週末のみジムに通い体に変化を感じる人もいます。

この差は一体何で、ジムにはどれくらいの頻度で通うのがいいのでしょうか。

続きを読む →

Pocket

結局どちらがいいの?布団とベッドを比較してみよう

Pocket

ベッド

睡眠というものは身体を休め、細胞が活性化され、ホルモン分泌が行われる大切な営みです。

人は、人生の3分の1を睡眠に使っているといいます。

それだけ寝ている時間は長いわけで、その時間を快適に過ごすことが重要になってきます。

そのために大切なアイテムと言えば、布団やベッドです。

そこで今回は、この二つを比較していきたいと思います。

続きを読む →

Pocket

介護現場の人手不足の原因とは?

Pocket

介護人手不足

介護の現場は今、慢性的な人手不足にあり、多くの事業所がぎりぎりの人員で業務を回さざるを得ない事態に置かれています。

そのため夜勤など人手が欲しい時間帯でも1人で仕事をしなくてはならなくなり、個人の負担が大きくなって離職し、ますます人手が無くなるという悪循環に陥っているのです。

高齢者の数は今後も増え続けます。

2025年には戦後もっとも人口の多かった団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、反面15歳~64歳の生産年齢人口が激減して、国民の5人に1人が75歳以上という未曽有の「超・超高齢化社会」が到来するのです。

介護者の数が確保できないと世の中が成り立たなくなるところまで日本は追い込まれているのです。

続きを読む →

Pocket

介護業界の未来は明るい?介護ロボットの開発で分業化が可能になるか

Pocket

介護ロボット現在多くの老人介護施設が、業務の煩雑化による職員の肉体的精神的負担を課題にしています。

そのため離職者の数も多く、介護の現場はどこも慢性的な人員の不足に苦しんでいます。

同時に介護報酬の2.7%引き揚げにより、運営者としても厳しい経営を強いられているのが現状です。

人材不足による個人の負担と、人を雇うことができない事業者の負担を同時に軽減する施策として、今介護現場におけるロボット開発に期待が今寄せられています。

続きを読む →

Pocket

筋肉痛の時におすすめの食べ物って!?

Pocket

筋肉痛

筋肉痛になってしまった時におすすめの食べ物にはどういったものがあるのでしょうか!?「早く筋肉痛を治したい・・・」とか、「年齢と共に筋肉痛が治りにくくなった・・・」という方も少なくないと思います。そんな、筋肉痛に悩まれている方へおすすめの食べ物を紹介致します。

続きを読む →

Pocket

高齢者ドライバーによる事故はなぜ起こる?悲劇をおこさないためには?

Pocket

高齢者ドライバー

高齢者ドライバーによる交通事故は年間数百件も起きています。

加齢によって運転能力が低下するので、年を取るにつれて事故を起こすリスクは高くなっていくのです。

これは認知症にかかっているかどうかが問題なのではありません。

加齢による心身の能力の低下は自然な反応です。

どんな人でも年齢を重ねると事故を起こしてしまう危険性と隣り合わせになると言うことなのです。

続きを読む →

Pocket

リハビリに強い!老人ホームを選ぶときのポイントを解説

Pocket

リハビリ

老人ホームへの入居を検討しているときに、リハビリが充実しているかに着眼して選びたいという希望もとても高くなっていますね。

ただ、老人ホームにもさまざまな種類があるためにリハビリが充実しているかどうかというのは、分かりにくさもあり迷ってしまうものです。

入居者の心身の状況次第で、リハビリによって目指したい目標は千差万別。

適切なリハビリが提供されなければ、その目標を目指すことができなくなります。

それほどにリハビリの意義は大きいものとして認識されています。

今回は、リハビリを重視した老人ホームの内容や特徴から選ぶときのポイントについて解説して行きます。

続きを読む →

Pocket

ジョギングの適度な頻度はこれだ!

Pocket

ジョギング

ジョギングは無理なく続けられる運動としては最適な手段のひとつです。

ジョギングのコースや時間、そして日数などは、自己判断なため適切な頻度がなかなかつかめないものです。

ジョギングが健康やダイエットに適する理由は、何といっても有酸素運動だからです。

有酸素運動とは、呼吸で取り入れた酸素を最大限に利用することで蓄積されている余分な脂肪を燃焼させられる運動となります。

エネルギーの消費は、血液中のエネルギーが使われたあとに内臓脂肪が消費するという順番なのですが、この切り替わりの時間が有酸素運動を続けて約20分後といわれているのです。

それに筋肉の疲労の回復時間を考慮すると、ジョギングの最適な頻度は1回のジョギング時間は20分程度で、1週間に3~4日、さらには1日置きということになります。

またジョギングにおいて何より大切なことは、習慣化しながら楽しむことではないでしょうか。

続きを読む →

Pocket