最近毛が傷みやすく、パサパサに・・何とかしたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪の毛傷み

髪の毛の変化は身体や精神面の危険信号?

昔はツヤツヤでサラサラの髪が自慢だったのになんだか最近毛が傷みやすく、コシが無い、洗った後もパサパサ、毛が細くなってすぐ絡まる、切れ毛になる、白髪が増えたなど自分自身の髪に不安や悩みを抱えてはいませんか?このような状態になったのは髪に栄養素が行きわたっていない証拠。つまり、栄養不足で不健康になっているという事なのです。

髪の毛をみるとその人の今の健康状態がわかるというように、身体や精神面などに何か異常をきたすと、髪の毛は急激に変化し始めます。

髪の状態が今までと違うと感じたら心と身体のどちらか、また両方に危険信号が出ていると言っても過言ではありません。

髪に栄養素が行きわたらない不健康となっている状況の時は、いくら高級なシャンプーやトリートメント剤を使用したとしても、なかなか本来の髪の美しさを取り戻すことは困難です。

ここでは健康な髪を取り戻すために必要な栄養素や食べ物、様々なケア方法などについてお話していきましょう。

毛に栄養素が行きわたらない原因

本当に健康な髪を取り戻したいのであればまずはなぜ髪に栄養素が行きわたらないのか、原因を知りたいですよね。主な原因をいくつか挙げてみますので、思い当たるものがあるかどうかチェックしてみましょう。

急激なダイエット、偏食、食生活や生活習慣の乱れ

急激なダイエットを行い、ろくなものを食べていない・インスタント食品やジャンクフード、脂っこいものや好きな物ばかりを食べている・外食が多い、食べる時と食べない時がある・毎日の生活が不規則といった生活を続けて入りと、栄養バランスが悪くなり、髪に必要な栄養素が不足気味となってしまいます。

ホルモンバランスがみだれている

妊娠中や出産前後、ダイエット中、閉経前後の更年期などはホルモンバランスの乱れによる影響で髪の毛根部まで栄養が行きわたりにくくなります。

そのため薄毛や白髪、抜け毛などになる場合があります。

血液が足りていない

貧血気味、冷え性、生理中、出産後、授乳中などは身体をめぐる血液が不足気味となり、髪に栄養が届きにくくなる場合があります。

ストレス、精神的な悩み

ストレスや精神的な悩みを抱えているとホルモンバランスの乱れや、代謝不足を起し、髪にも栄養が行きわたらなくなる場合があります。

喫煙

たばこの吸い過ぎはホルモンの分泌を悪くするほか、有害物質の影響で身体や髪の血流が悪くなる可能性があります。

何らかの病気の前兆・薬の副作用

髪の毛の急激な状態の悪化は何らかの病気や薬の副作用という場合があります。

規則正しい生活や食事を意識していても良くならない場合は一度病院を訪れ、医師に相談してみましょう。

甲状腺疾患や膠原病、婦人科系の病気や皮膚疾患などといった病気は抜け毛や薄毛になる可能性があります。

また、抗うつ剤や通風、てんかんなど薬なども人によっては髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があります。

治療のため薬を飲み始めたら髪の毛が抜けてきたという場合も早めに医師に相談しましょう。

運動不足・睡眠不足

運動不足や睡眠不足は血流や身体の代謝を悪化させ、自律神経を乱す、ホルモン分泌を悪くするなど様々な悪影響をあたえます。

適度な運動と十分な睡眠を心掛けることが大切となります。

カラーリングやドライヤーの使用のし過ぎ

髪の悩み解消やおしゃれの為にカラーリングやパーマ、縮毛矯正などを頻繁に行うのも髪を傷めやすく、栄養が行きわたらないきっかけとなります。

またドライヤーのかけ過ぎも髪を傷める危険性があります。

髪の毛に良くない食べものとは

偏った食生活、バランスの悪い食生活は禁物。

髪に必要な栄養素を届けることが出来ません。

また、フレッシュなものではないインスタント食品、加工食品、ジャンクフード、脂っこいもの、甘いものなどが多いのも髪の毛穴を詰まらせ、頭皮に栄養素を行きわたりにくくしてしまいます。

健康な髪にするために必要な栄養素・食べ物は

まず、健康な髪にするために必要な食事というのは穀類・野菜・果物・肉・魚・豆類・海藻類・きのこ類など出来るだけ新鮮でバランスの良い食事を意識することが大切です。

無理にではなく、出来る範囲で意識をしながら楽しく食事作りをし、身体や髪に栄養を与えるため、美味しくいただきましょう。

食事というのは自分自身の身体と健康な髪をつくりだす大切な時間。

腹八分目でよく噛み、楽しみながら食事をすることで心も体も元気になります。

 

バランスの良い食事を心掛ける中で、積極的に摂り入れたい髪の毛に特に必要な栄養素と言えばたんぱく質・ビタミン・亜鉛・鉄分・ヨウ素などが挙げられます。

たんぱく質

髪の毛はケラチンと呼ばれるたんぱく質が主成分となっています。

髪だけでなく健康な身体を維持するためにも良質のたんぱく質の摂取は欠かせません。大豆や鶏肉、牛や豚のヒレや赤身、白身の魚、卵といった脂身の多くないものが理想的です。

普段の食事で積極的に摂り入れましょう。

ビタミン類

良質のたんぱく質を吸収し、身体と髪の毛行きわたらせるためにはビタミン類の働きが重要となります。

代謝を良くするビタミンAを多く含む人参、たんぱく質の吸収を良くするビタミンB群を多く含む緑黄色野菜、たんぱく質の構成を促進し、抗酸化作用のあるビタミンCを多く含む柑橘類、髪に栄養を行きわたらせる働きをするビタミンEを多く含むクルミやアーモンドなどのナッツ類などが挙げられます。

ビタミン類や代謝や循環を促進してくれるので健康な髪を取り戻すために食生活にふんだんに摂り入れましょう。

亜鉛などのミネラル類

髪に良いミネラル類も意識して摂取しましょう。

代謝を良くする亜鉛は牡蠣やさば、いわし、牛肉などに豊富に含まれています。

鉄分は血行を良くしてくれる働きがあります。貧血気味の方は特に摂取しましょう。

あさり、マグロ、レバーなどに多く含まれています。

ヨウ素は頭皮の環境を良くし、健康的な髪に必要な甲状腺ホルモンの働きを活発にしてくれます。

昆布やヒジキやわかめ、イワシ、アジ、鶏肉、大豆、イワシなどに豊富に含まれています。

その他にプラスアルファとして髪の毛の成長に必要な女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンや頭皮に適度な潤いを与えてくれるオメガ3脂肪酸、抗酸化作用の高いポリフェノールやリコピンなども摂り入れましょう。

イソフラボンは大豆・大豆製品に多く含まれており、オメガ3脂肪酸はさんまやアジ、ウナギ、イワシ、鮭などに豊富に含まれています。

ポリフェノールはブドウやチョコレート、ブルーベリー、緑茶など。

リコピンはトマトに大変多く含まれています。

 

なかなか食べ物で摂取しきれない場合はサプリメントや酵素ドリンクなどで補うことが出来ます。

最近では髪に良い栄養素が含まれた髪用のサプリなども販売されていますので、使用する際は内容や品質などを比較検討し、良質で評価の高い商品を選ぶようにしましょう。

髪に外側から健康にする方法

髪は内側からのアプローチが大切ですが、外側のケアも非常に重要です。

皮脂汚れなどで詰まらせないよう、髪に充分な栄養素をあたえるためにも髪は定期的に洗い、清潔を保つようにしましょう。

洗う時は髪に優しい髪の成分と同じであるアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

指の腹で髪や地肌を優しくマッサージするように洗うと血行が良くなります。

髪に栄養を与え、ダメージを改善してくれるトリートメントも定期的に行いましょう。

ドライヤーはあまり髪に近づけすぎないように、乾かすようにしましょう。

内側からも外側から髪を優しくいたわることで髪に充分な栄養が届き、徐々に艶やかでしっかりとした髪へと改善していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*