今就職の際に注目のリフレッシュ休暇とは

Pocket

リフレッシュ休暇

チェックしておきたい休暇制度

今は有給休暇や育児休暇など法律で定められた法的休暇の他に、それぞれの大企業・中小企業が任意で導入を行う法定外休暇というものが存在します。

その法定外休暇の中で注目され、増えつつあるのがリフレッシュ休暇です。

リフレッシュ休暇とは勤務年数が一定を超えた時、早ければ3年から5年・10年などの節目の際や節目の年齢となった際に付与される休暇の事を言います。

リフレッシュ休暇は通常の週休や夏季休暇や年の初め・最後の休暇には含まれません。

それとは別に付与されるもので勤労者への健康維持や精神の安定、自己啓発・疲労回復などを目的として設けられている休暇です。

今このリフレッシュ休暇を導入している大企業や中小企業は徐々に増えつつあり、特に規模の大きな企業ではすでに約半数がこのリフレッシュ休暇を導入しています。

働いている側からすれば節目・節目に会社からごほうびをいただいたようでとても嬉しい事ですし、節目というのは色々と人生や仕事に置いて考える時期でもあります。

その時にリフレッシュ休暇を取得することは物事をプラスに向けられる様々な効果があります。

今回はそんなリフレッシュ休暇がもたらす企業側・取得する側の効果やリフレッシュ休暇を取得する側の効果などリフレッシュ休暇にについてお話しましょう。

リフレッシュ休暇がもたらす企業側への効果

リフレッシュ休暇を導入する企業は導入することで大変な事もありますが、導入することにより様々なメリットや効果が期待できます。

 

・企業への関心と効果が高まる

リフレッシュ休暇を導入している企業というと休みがろくに取れないブラック企業とは違う、ホワイトなイメージを与え、就職先を探している人材確保への大きなアピールポイントになります。

 

・長く社員が会社に貢献してくれる

また、良い人材というのは企業にとっては長く働いてほしいもの。気持ちよくリフレッシュ休暇が取得できる企業というのは、社員の事を大切に思ってくれている企業という事。そんな社員想いの企業・会社は社員の心をつかみ、社員の仕事への意欲を高めることにつながります。また、長く社員が会社に貢献してくれることにもつながります。

 

・ほかの社員の育成につながる

企業というのは未来に向け社員を育成しなければなりません。社員の中の一人が何かの理由で抜けることがあった場合に、交代要員としてすぐに役立つことが出来るよう、また会社がスムーズに回るように適性確認や育成をするなど業務改善は重要な事です。

リフレッシュ休暇中の方の交代要員となることは、多能工化が実現できます。

社員の多くが複数の業務を行うことが出来るようになると、業務の効率化につながります。

社員の一人がリフレッシュ休暇を取得することは、他の社員がリフレッシュ休暇を取った時の為の参考にもなりますし、リフレッシュ休暇とは遠慮せずに取得してよいという見本となります。

リフレッシュ休暇を取得する側の効果

土日以外の平日は黙々と仕事をこなしていると、時には平日などの混んでいない時にゆっくりと旅行に行きたい、心身共に数日間ゆっくりしたい、仕事のモチベーションが最近下がっている・・など、仕事に関して悩んでいる方にとってリフレッシュ休暇はとてもありがたいもの。取得できる日数は企業にとっては様々ですが平均1週間前後と言われています。

 

・やりたくても出来なかったことができる

普段の休みではなかなかできなかったこと、やりたかったことがリフレッシュ休暇ならできます。

次の日が会社だと疲れてしまうのでできなかったというショッピングや家族サービスなどもゆっくりと余裕をもってできますし、家の修理や趣味のプラモデルや絵を書く、手芸を楽しむなど普段なかなかできないことが時間を気にせずに行うことが出来ます。

今まで興味があったけどなかなかできなかったエステやマッサージなども受けることが出来ますし、美容院やネイル、日焼けやダイエットなど自分磨きに時間をかけることが出来ます。

時間を気にせずに過ごせるというのは心身ともに癒され、息詰まった状況、疲れ切った状況から自分を取り戻せる効果が大いに期待できます。

・行きたかった旅行に行ける

ゴールデンウィークや年末などで長い休みが取れてもどこも混雑していて旅行の予約が取れなかった方、金額も高く、旅行がしたくても出来ないと悩んでいた方もリフレッシュ休暇であれば予約も取りやすく、平日であれば金額も安く旅行に出かけることが出来ます。

旅行というのは普段と違う環境で新鮮な日々を過ごすことが出来るので気分転換・リフレッシュ効果は抜群です。

・頭の中や心の中を整理できる

家でゆっくりと普段の生活で過ごしたいという方もいるでしょう。自分の部屋や家の中を掃除、断捨離、写真整理などもゆっくりとすることもできます。

時間に余裕があることで家の中だけでなく悶々としていた自分の頭の中の整理、心の整理もすることが出来ます。

・家族とゆっくり話す時間が取れる

リフレッシュ休暇は家族とのコミュニケーションを高める効果も大いに期待できます。

食事をしながら、テレビを一緒に見ながら会話するだけでも自然と自分も家族も笑顔になり、リラックスすることが出来ます。

・心身を休めることにより、体調が良くなり、仕事もモチベーションが上がる

ゆっくりと休むことにより、体調を整え、気持ちが軽くなることにより、働くことへの活力を取り戻すことが出来ます。働くことの喜び、働けることの感謝の気持ちも取り戻せ、仕事のモチベーションが上がり、不平不満もなくなり、楽しく意欲的に仕事が出来るようになるなどの元気効果が期待できます。

気持ちよくリフレッシュ休暇を取得するためのコツ

・リフレッシュ休暇制度を導入している企業での活用は遠慮することはありません。

日本人特有の自分だけ休んでしまっては周りに迷惑をかけるといった気遣いをしてしまうと、今度他の方がリフレッシュ休暇を取得する際にも気を使ってしまう取得がしづらくなる状況を生んでしまうかもしれません。

ただし、会社の状況をある程度把握し、業務に大きな支障が出ることの無いように、リフレッシュ休暇を取得するための準備は大切です。

自分の代替えとなる、対応してくれる方をきちんと選び、前もってちゃんと引き継いでおくこと、指導しておくようにしましょう。

・リフレッシュが目的ではなく、違う目的のためにリフレッシュ休暇を取得しようと思っている場合は後にトラブルを生むことになるので避けましょう。

リフレッシュの為と偽ってリフレッシュ休暇を取得し、リフレッシュの趣旨とは違う行動をする場合は、どこで誰に見られているかわかりません。

会社や部下に思わぬ迷惑をかけることになっては後々後悔することになってしまいます。

虚偽の申請はしないようにしましょう。

仕事と生活の調和は大切

日本人は働き者であるが故、休みを取ることに抵抗がある方がまだまだ多いのが現状です。本来ならリフレッシュ休暇を取得できる条件を満たしており、本人自身も本音は休暇を取り、心身共に休みたいと思っているのにも関わらず取得を申し出ない場合も少なくありません。

しかし現代は国を挙げて働き方改革が進んでいます。

せっかくの制度が誰も利用しないのでは社員にとっても企業にとってもメリットはなく、リフレッシュ休暇のあるべき意味がなくなってしまいます。

仕事と生活の調和は大切なものであることを、企業側も十分に理解し、社員が気持ちよく休暇を取得できるような雰囲気づくりが必要です。

また、働く側としても遠慮せず、ある制度は利用し、ポジティブ意識をつなげていくことが大切です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です