年上に見られる?老けて見える表情筋の衰えによる顔のたるみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顔のたるみ

鏡でみると気になる顔のたるみ

ふと鏡を見ると何やら全体的に顔の表情が下がって見えて大ショック!!

目の下は下がり口元もさがってこれでは若々しさが全く見られない。

年齢より年上に見られてしまってはどうしよう・・そんな顔のたるみにお困りの方はいませんか?顔が下がって見える最大の原因は加齢による表情筋の衰えです。

筋肉は使わないと弱くなってしまいます。

しかし顔というのはよほど表情が豊かな方ではない限り、日ごろ表情筋を大きく動かすという事はほとんどありません。

そのため年齢と共に加齢だけでなく様々な理由が重なってしまい、一度顔のたるみが出来てしまうとどんどん症状が進行してしまう危険性があります。

加齢が原因なのだからもうじたばたしても仕方がない・・とあきらめてしまうとどんどんたるみと老け顔は進行してしまいます。

諦めてしまうのはもったいない。顔のたるみというのは気になったらできるだけ早くケアをスタートさせましょう。

日頃の生活習慣を振り返り、表情筋の衰えによる顔のたるみの改善方法を実行すれば顔のたるみを予防・改善することは可能です。

若く見られるためにはどうしたらよいのか、若々しさを取り戻すためには何をしたらよいのか今回は表情筋の衰えによる顔のたるみの改善・予防方法につてご紹介しましょう。

 

老化だけではない!その他の表情筋のたるみの原因とは

表情筋のたるみというのは加齢によるものが最も大きな原因ですがそれに輪をかけてたるみの原因となるものが重なると症状はどんどん進行していきます。

老化意外のたるみの原因について挙げてみましょう。

 

紫外線による悪影響

太陽の紫外線による影響というのは年齢と共に悪化していきます。

紫外線を浴びることによる老化を光老化と呼びますが紫外線の強い刺激を受けることにより、ハリや弾力を作る元の真皮が壊れていき、しわ、たるみが出来る原因となります。

 

ターンオーバーの乱れ

顔のたるみは加齢が原因の表情筋の衰えによるものの他に加齢によるターンオーバーの乱れも大きな原因として挙げられます。若いうちは規則正しくターンオーバーが行われていた肌も加齢と共にお肌の生まれ変わるサイクルが徐々に遅れがちになり、乱れが起きます。

ターンオーバーのサイクルが乱れるとお肌が潤いを無くし、固い部分や乾燥した部分が増え、ハリや弾力も失われ、たるみやしわが出来るようになるのです。

姿勢の悪さも顔のたるみの原因

姿勢が悪いと人に指摘されたことはありませんか?全身で写る自分の姿、写真でたまたま写った姿を見て姿勢の悪さを感じた方などは要注意。

姿勢の悪さというのも顔のたるみの大きな要因となります

姿勢が悪い人というのは顎が前に出て首の後ろが縮み、首の全面の皮膚が下になるため顔の皮膚も下がり、これが続くとたるみを生じます。

細かい作業をする人やパソコンを作業する人などはこういった姿勢になりやすいので定期的に姿勢を整え、ストレッチなどを行い、正しい姿勢を意識することが大切です。

 

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣が続いてしまうと睡眠不足となりがちです。

睡眠不足はお肌には大きなダメージとなります。

睡眠不足が続くとターンオーバーが乱れるだけでなく、成長ホルモンの分泌も悪くなるためお肌の老廃物や角質が残るためお肌のたるみを引き起こします。

 

運動不足によるもの

表情筋のたるみは運動不足の方にも起こりやすいと言えます。運動をしないと身体の代謝が悪くなり、肌のハリ、艶がなくなり、たるみを引き起こします。

さらに肥満気味となり顎のたるみも生じやすくなります。

 

表情が乏しい生活

仕事や家事・子育てに追われ、毎日の生活に追われすぎて気持ちに余裕がなくなり、ため息ばかりをついて無表情になっていませんか?

スマホやパソコンに真剣な顔をして画面に没頭すると首や肩、眉間などに力が入り癖となった表情が顔のたるみを引き起こす可能性があります。

 

お肌の酸化によるもの

体内で発生する活性酸素は人間にとっては必要なものですが、加齢やストレス、紫外線や過度の運動などにより必要以上に増えてしまうとお肌の老化を早め、しわやたるみを増やす原因となります。

 

過度なダイエット・栄養不足

過度なダイエットをして栄養が偏る・偏食が激しく栄養が偏るなど食事面でバランスがとれていないとお肌に悪影響を及ぼし、たるみを引き起こす原因となります。

 

このようにお肌のたるみの原因は表情筋の衰えの他にも多くの原因が関係しています。自分に思い当たるものをチェックし、改善していくことが肌のたるみの改善・解消につながります。

 

表情筋を鍛え、お肌のたるみを解消する方法とは

それではこの困ったお肌のたるみの原因となっている表情筋を鍛え、お肌のたるみを解消・改善するための方法をご紹介しましょう

 

お笑い番組を見る・友人と楽しく会話・カラオケ

好きな友人とおしゃべりを楽しむ、お笑い番組や好きなテレビを見て楽しむことは表情を豊かにし、自然な笑顔が出ます。表情豊かに笑う事は表情筋を鍛えることが出来ます。

また、表情豊かにカラオケを歌う事も楽しみながら表情筋を鍛えることが出来ます。

遠慮なく大きな口を開けて表現力を高め歌ってみましょう。

表情筋を鍛えるトレーニングを行う

ボイストレーニングと同じ様に表情筋を鍛えるトレーニングを毎日行うことにより、お肌のハリと艶、たるみを改善することが出来ます。

トレーニングを行う際は、背筋を伸ばして姿勢を良くしてから行うこと。

まずは口を大きく目も大きく開け、あ・い・う・え・おの形を作りましょう。

顔を中心にまとめるように顔をつぼめしばらくキープし、元に戻しましょう。

頬をぷうっと膨らませてしばらくキープ、その後頬をへこませ口をすぼめキープします。

大きく口を開けてしばらくキープ。その後ゆっくりともどします。

目をギュッと閉じてしばらくキープ。その後ゆっくりと目を開けていきましょう。

笑顔を作るように口角を上げしばらくキープ。その後緩めましょう。

これらのトレーニングを見ながら表情を意識し、各数回ずつ行うようにしましょう。

 

規則正しい生活とバランスの良い食事

健康と美肌を維持するためには規則正しい生活とバランスの良い食事というのは基本中の基本。出来るだけ早寝早起きを意識し、朝昼晩ほぼ決まった時間に食事をし、体内リズムを整えるようにしましょう。睡眠時間は十分にとるようにすること。

 

一日の疲れを取り、ターンオーバーを整えるためには質の良い睡眠はお肌に良い影響を与え、ハリと艶を取り戻し、たるみを解消へと導きます。

また、適度な運動も心がけましょう。無理のないウォーキングやストレッチ、ヨガなど自分で楽しめ、続けられる運動がおすすめです。

 

紫外線予防を心掛ける

外に出かける時は紫外線カットをしましょう。

日焼け止めは必ずつけ、サングラスや帽子、日傘などを上手に利用し、お肌の老化・顔のたるみを食い止めましょう。

 

ポリフェノール・コラーゲンを摂取する

顔のたるみを改善させるためには表情筋を鍛えるトレーニングを続けながらバランスの良い食事、そしてお肌に良いポリフェノール・コラーゲンを意識して摂取するようにしましょう。

ポリフェノールは抗酸化作用が抜群。活性酸素の発生を避けお肌の老化と酸化を防ぐことが出来ます。赤ワインやベリー類、緑茶などに多く含まれています。

コラーゲンは豚足やウナギ、フカヒレ、すっぽん、鶏皮、ゼリーなどに多く含まれますが、食生活で摂取するだけでは補いきれないため、サプリメントやコラーゲン入りの美容液などで内側からも外K側からも摂取する様に心掛けましょう。

どれも無理なく継続することが大切です。

出来ることを少しずつ無理なく実行すれば徐々に表情筋を鍛えることが出来、顔のたるみを解消・改善へと導きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*