毒素排出で美肌に!ダイエットもできる白湯の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白湯

昔から実践されている白湯健康法

白湯とは、沸騰させた水を一旦さまして、飲める程度の温度にしたものを言います。この白湯を飲むことで健康を維持しようとする働きかけは、民間療法として世界の広い地域出見られます。

有名なのがインドで実践されてきたアーユルベーダですね。アーユルベー健康法の考え方によると、人の体は自然界と同じように火と風と水に表現されるパワーバランスに影響されて生きているのだそうです。

生まれてから人は自然に体内に、火、水、風の要素を持っています。そしてこれらのバランスが偏ったり崩れたりすることによって、病気になったり不調を起しやすくなります。それを改善するのが白湯です。

白湯とは、水を沸かすことで火の要素が加わり、さらにそれを冷ますことで風の要素も含みます。つまり、3つの要素のすべてが揃っているので体内のパワーバランスの調整に優れた飲み物といえるのです。

この解釈は近代医療からは根拠がないとされていますが、歴史のある民間医療は臨床データの集積地ともいえます。

この方法が長く民間に受け入れられてきたということは、実際に健康維持などの効果を得ている人が多いからなのでしょう。では、白湯がどのように体に影響するのか見ていきましょう。

毒素排出で体の調子を整える

白湯を飲むことで、体内の毒素が排出される、つまりデトックスの効果が期待できます。トックスとは英語で毒のこと。化学薬品や残留農薬などから知らず知らずのうちに体に残っていく毒素のことなのです。

体が毒素を溜め込んだままでいると、むくみやすくなったり疲れが取れないなどの弊害があります。特に食生活が乱れて添加物の多い食事を続けていると、この傾向が強くなります。

体が毒素として認識しているのに、いらないものとして排出できずにいるのは、小腸や大腸などの消化器官の働きが鈍くなって老廃物を外に出せなくなっているからです。

白湯を飲むことで、腸が温まり動きが活発になります。さらに、水分の補給にもつながるので便を柔らかくすることも出来ます。腸の蠕動運動が回復すると、消化の過程で出てくる不要なものが外へ外へと押し出されていきます。

そのため便通が良くなり、便に含まれる老廃物や毒素も体から出て行ってくれるのです。特に便は大腸内に残ったままになっていると、そこからさらに毒素が体に吸収される悪循環が生じます。

白湯の1番大きな利点は、このように体の中に溜まった毒素を外に出すことなのです。健康な体を維持するためには、不必要なものを体内に溜め込まないのが重要です。

デットクスで得られる美肌とダイエット効果

白湯で体内のデトックス効果を得られることが分かりました。そして毒素を排出することは、美肌や痩身にもとても効果的なのです。

まず、体に毒素が溜まると肌荒れが起きやすくなります。それは肌を含む全身には免疫機構があって、体に害をなすものを攻撃する力を持っているからです。

体に取り込まれた毒素は一旦肝臓に運ばれます。そこで解毒されて腎臓からいらないものが対外に排出されていきます。

ですが、体に入ってきた毒素の量があまりにも多くなると、時として肝臓での解毒が追いつかなくなることがあります。

すると、毒素を含んだ血液が全身を巡ることになってしまい、肌の毛穴付近にも届くのです。すると、肌表面の免疫機構が外敵の存在を認知し、攻撃しようとします。その結果として肌に炎症が出来たりにきびになったりするのです。

また、体の中の毒素が排出されないままに残っていると、血管が萎縮し血行が悪くなって、代謝が落ちてしまいます。代謝は人の体がエネルギーを消費するための働きであり、これが鈍くなると食事から得た熱量がどんどん溜まって脂肪になってしまいます。

つまり肥満につながってしまいます。デトックスすることによって体から毒素が出て行くと、免疫が落ち着いたり代謝が上がっていくので、美肌効果やダイエット効果が期待できるのです。

美容と健康のための白湯の上手な飲み方

デトックスの効果を最大限に得るためには、白湯の飲み方にも気をつけなければいけません。どのようなタイミング、でどのくらいの量をとればいいのでしょうか。

まず、白湯を飲むタイミングは朝起きてすぐがもっともおすすめです。寝起きの体は深部体温という体の奥のほうの体温が低くなっている状態です。暖かい白湯を飲むことで、体温が上がり目が覚めやすくなります。

また冷え性にも効果的です。それに寝ているとき人の体は知らずに汗をたくさんかいています。そのため軽い脱水状態になっているので、朝一番の白湯は体の水分補給にぴったりなのです。

また、朝は排出の時間帯でもあります。目覚めてすぐの白湯によって、休憩していた腸をやさしく起すことが出来るのです。そのため便秘の改善により効果的なのです。

また、夜寝る前に飲む白湯もおすすめです。それは、1日動き続けていたからだをじんわり温めることで疲れが取れやすくなるからです。

また副交感神経優位を導き、眠りに入りやすくしてくれます。ぐっすり眠ることによって美容のためのホルモンが出やすくなるという調査結果もあります。

それに、白湯を一杯飲むことを習慣にすると、いわゆる「入眠儀式」となり、体が「今から寝るぞ」という準備に入りやすくなるのです。すると眠りも深くなって次の朝元気に目が覚めます。

飲む量の目安としては、1回にマグカップ1杯ほどが目安です。1日の総量としては500ml~1lがいいでしょう。マイボトルなどに準備していって、仕事の合間などの水分補給にしてもいいですね。食事中に飲むのも良い方法です。

白湯を作るときの注意点。水道水ならよく沸かして

水道の水は料理などにも普通に利用するので、白湯を作るときにも水道水を使う方がほとんどだと思います。もちろん水道水は体に悪いものではありません。

ただ、短時間だけ沸かすと水道水からは発がん物質が出来てしまうという報告があります。そのため、料理や白湯に使うお湯を沸かすには、5~10分程度はしっかりと沸騰させなくてはならないのです。

そこで、白湯を作るにはミネラルウォーターを使うことがいいとされています。含まれている成分が、温められることによって腸から吸収されやすくなるのです。

ミネラルウォーターなら、やかんを使って沸かさなくても500Wの電子レンジで1分ほど加熱するだけで簡単に準備が出来ます。そのままだとカップも熱いので、適宜冷ましてから飲むようにしてください。

このように白湯健康法は簡単に実践が出来て費用もかからな理想的なメソッドです。特別な道具も要りませんし、お湯を用意するだけなのですぐ始められます。

さらに、朝時間が無かったり寝起きが悪かったりして朝ごはんが食べられない人にもメリットがあります。体が温まって寝覚めが良くなりますし、腸が動き出すので食欲が出て昼間のどか食いを抑える効果も期待できるのです。

白湯を使って簡単にできる美肌とダイエット。何をやっても続かなかったという方でもこれなら継続して取り組むことが出来るかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*