肌の糖化対策について徹底解説

Pocket

糖化

肌が黄色くくすむのは肌の糖化のせい?

年齢を重ねると増えてくる肌の悩み。シミやしわなどさまざまな種類の悩みがありますが、その中の一つに肌が黄色くくすんで見える黄ぐすみがあります。現在、黄ぐすみで悩まされている方。もしかしたらそれは肌の糖化が進行している可能性があります。

糖化は放っておくと肌の悩みだけではなく、体全体の健康を損なう恐れもあるため、しっかりと改善しておく必要があります。今回は肌の黄ぐすみなどで悩まれている方に役立つ、肌の糖化対策について徹底解説したいと思います。

肌の糖化対策はAGEsを抑えることがポイント

肌の糖化は食事で摂取した糖分のうち、体内で代謝されなかった糖がタンパク質と結びつくことで起こります。糖と結合したタンパク質は劣化が著しく進行し、この過程で褐色に変色します。

日常生活での代表的な例では食パンを焼くとこんがりときつね色になりますが、この現象も食パン内に含まれているタンパク質と糖が熱によって結びつくことで変色、糖化を起こしています。

この糖とタンパク質が不正に結びついたタンパク質のことをAGEsと呼びます。劣化したタンパク質(AGEs)は前述のように褐色なため、糖化が進行することで肌が黄色くくすんだ状態に見えるようになります。現在肌の黄ぐすみなどで悩まれている方はこのAGEs対策をしっかりと行うことが必要となります。

今すぐできる!肌の糖化対策を徹底解説!

AGEsは生活習慣を少しだけ改善することで、体内での増加を防ぐことが可能となります。ここでは時間がない方でも比較的簡単に行うことができる肌の糖化対策をまとめましたので解説します。

血糖値の急上昇を防ぐ食生活を心がける

糖化を招く原因は糖質にありますが、全く糖質を摂らない食生活では逆に健康を損ねてしまう恐れがあります。そこでおすすめしたいのが血糖値の急上昇を防ぐ食事を意識的に摂取することです。

これは血糖値が急上昇するとインスリンが大量分泌され、低血糖を招くためです。人は低血糖になると空腹を感じやすくなるため、さらに糖分が豊富に含まれた食べ物を欲しがる傾向にあります。

このサイクルが続くことで体内の糖質が過剰になり、糖化を促進することになります。このような理由から糖化対策には血糖値の上昇が緩やかな食生活が推奨されています。ちなみに血糖値の上昇スピードを示す指標のことをGl値といい、血糖値の急上昇を招く食品を高Gl値食品、血糖値の上昇が緩やかな食品を低Gl値食品と呼びます。

糖化対策には一般的に低Gl値食品を中心に摂取する必要があります。低Gl値食品でよく推奨されているのが玄米です。通常の白米だとGl値は90以上(MAXは100)と非常に高いですが、玄米は50~60となっており、食後の血糖値急上昇を防いでくれます。

また、食物繊維が豊富な野菜類なども低Gl値食品の代表的な存在でもあり、満腹感が持続しやすいことからダイエットの食事メニューでも推奨されています。逆に朝食時に活躍する食パンはGl値が100に近く、すぐに空腹感が襲ってくるため、糖化対策を行うなら注意が必要となります。

適度な有酸素運動を心がける

血糖値は食後1時間後くらいには高い状態となります。この時に軽いウォーキングやジョギングといった有酸素運動を行うと効果的です。糖化対策に適度な有酸素運動が推奨されている理由ですが、血糖値がピークの時に運動を行うことで体内の糖質(ブドウ糖)をエネルギーとして使うことができるためです。

糖質をエネルギーとして使うことができれば、血糖値を下げることができるため、糖化を招きにくい体内環境を作ることが可能となります。ちなみに運動で糖化対策を行う時はあくまでも有酸素運動のみを行うようにしましょう。その理由としては無酸素運動では逆に糖が作られてしまう可能性があるためです。

筋トレなどに代表される無酸素運動は筋肉細胞内で老廃物となる乳酸が生成されます。この乳酸はその後、糖に変化することがあるため、糖化対策にはあまり効果がないというのが現在の一般的な見方とされています。運動で糖化対策を行う方はこの点に注意して、ウォーキングやジョギングなどに代表される有酸素運動を実施するようにしましょう。

質の良い睡眠を心がける

リバーシティクリニック 総合医療センターの研究によると睡眠時間が6時間未満の人は皮膚中に沈着しているAGEsの量が6時間以上の睡眠をしている人と比べて多いという結果が出ています。これは肌の新陳代謝が活発になる夜の睡眠時間が少ないことで、AGEsをスムーズに体外に排出することができないため、このような結果になったのではないかと推測されています。

もともと質の良い睡眠は糖化だけではなく、肌のターンオーバーを正常にして健康な肌を維持する効果もあります。現在、睡眠不足で肌の黄ぐすみなどで悩まれている方は最低でも6時間以上の睡眠を心がけるようにしましょう。

生活習慣の改善が肌の糖化対策にも大きな効果をもたらす

今回は肌の糖化対策に関する情報を解説しましたがいかがでしたでしょうか?糖化対策というと難しく考えてしまいがちですが、日々の生活習慣を少しだけ見直すことで改善される可能性は大きいです。

もちろん、糖化が想像以上に進行している場合は専門の医療機関で診察を受けることを推奨しますが、初期段階であればまずは生活習慣の見直しを重視してみましょう。肌トラブルでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です