睡眠と肌荒れの関係

Pocket

お肌トラブル

日頃から様々な肌荒れに悩まされている貴方、実は肌荒れを起こしているのは睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠と肌荒れは非常に密接な関係にあるもので、睡眠の質が変わるだけで肌に様々な影響を与えます。

睡眠不足はもちろん、質の良い睡眠が取れていないと肌の疲労が思うように解消されないので肌荒れを起こす要因になってしまうでしょう。

そこで、睡眠と肌荒れの関係性についてご説明します。

肌も時間が経つほど疲れている!

前提として、私たちの肌は身体と同様に時間が経つほど疲労を溜めているということを知っておきましょう。

肌は常に紫外線を初めとする外的要因に晒され続けている為、ダメージを蓄積すると共に疲れているのです。

肌が疲れているなら美容成分を与えてカバーすればいいと思われるかもしれませんが、疲れている肌に何をしようと効果を完全に発揮出来るわけではありません。

そこで大切になるのが睡眠です。

睡眠は肌の疲労を解消させる重要なもの

肌の疲労を解消する為には、成長ホルモンの分泌、そして肌のターンオーバーを正常に保つことが何よりも大切です。

睡眠によって成長ホルモンが分泌されると、肌のターンオーバーが正常に保つことができ、肌の疲労回復が促進されます。

ですが、この成長ホルモンを初めとした肌の疲労を回復させる働きは睡眠中に行われているので、睡眠不足だと思うように疲労回復効果が働きにくくなります。

睡眠中に多く分泌されることから適切な時間に眠って正しく睡眠時間を確保しなければなりませんが、睡眠時間を確保していない状態だとほんの少ししか疲労が解消されないでしょう。

肌の疲労が思うように解消されないようだと朝から肌が疲れているのでスキンケアなどを行っても効果が発揮されにくく、ニキビや乾燥といった様々な肌荒れの原因となります。

正しく睡眠が取れていると様々な効果が発揮される

正しく質の良い睡眠時間が確保されていると、様々な効果が発揮されます。

・コラーゲンの生成

・肌の疲労回復や免疫力アップ

・肌組織の修復や再生

・肌の水分保持力の回復

・新陳代謝を正常にする

以上を初めとする美肌に不可欠な効果が得られるので、質の良い睡眠を心がけるだけでも美肌に大きな影響を与えるでしょう。

まとめ

肌荒れの予防や改善には質の良い睡眠が必要不可欠です。

特に睡眠不足は肌の天敵と言っても過言ではありませんし、乱れた生活習慣も肌にとってはNGな行動でしかありません。

最低でも7時間の睡眠を確保するように心がけましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です