夏の必需品!汗臭くなるのを防ぐアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
汗臭い

汗が臭うのは菌のせい

気温や湿度が高くなってくると、顔や首筋、背中や脇などに汗をかきやすくなりますね。そしてそれが原因で嫌な臭いが出てしまいます。汗からくる臭いは出来るだけ防ぎたいものですね。

汗はとにかく臭いもの、と思っている方もあるかもしれませんが、発汗そのものは上がってしまった体温を下げるための体の自然な働きで、実はもともと汗は臭いを持っていないのです。ではなぜ汗をかくと嫌な臭いがしてしまうのでしょうか。

それは、汗をえさにして体の表面に菌が繁殖してしまうからなのです。皮膚組織の中には汗を出す腺と呼ばれる機関があります。それは2種類あって、それぞれエクリン腺とアポクリン腺といいます。

エクリン腺から出る汗からはあまり臭いはしません。無臭の汗を考えていいでしょう。それはエクリン腺からでる汗の99パーセントが水分だからです。

エクリン腺は小型で数が多いのが特徴です。それは、体から水分を発して体表面の温度を下げることが目的だからです。そのため、良い汗をかく機関とも言われていて、純粋に水だけが分泌されることに近いので嫌な臭いがしないのです。

ですがエクリン腺から出る汗にも、生活習慣病などが原因で本来なら汗に混ざらない糖質やミネラルが多く出てしまうと、悪臭の原因になってしまいます。

以前より汗をかいたときに嫌な臭いが出るようになったなと思ったら、何か病気をしている予兆かもしれないので気をつけてください。

反対にアポクリン腺には臭いの原因となる物質が多く含まれています。それは、皮膚の表面に存在している細菌のえさとなる物質です。

そのため、アポクリン腺から汗が良く出ると、その成分が老廃物である垢などと混ざりあいます。それを細菌が分解して吸収するときに、臭い物質が排出されるのです。

アポクリン腺から臭い物質が多く出るのはなぜなのでしょうか。それは、動物の持っているアポクリン腺がもともと臭いを発することを目的としているからです。

生き物は自ら臭いを発することで、異性に呼びかけたり自分の縄張りを主張する行動を取ります。人も同様で、アポクリン腺ははいわば他者をひきつけるフェロモンを発するような場所なのです。

アポクリン腺はわきの下や耳の裏などに多く存在していますが、それは動物が相手の臭いをかぐために合理的な位置であるからと考えられています。

そのため、人も汗の臭いが気になりだすとき、脇から臭い出すことがほとんどです。同時に、エクリン腺から出た汗も、表皮の清潔が保たれていなければ細菌を繁殖させる温床になってしまいます。

熱い季節の汗対策は、いかに菌を繁殖させないかにかかっています。そのためにはどのようなアイテムが有効なのでしょうか。

アポクリン腺が多い脇の汗対策グッズ

汗臭さの中でももっとも深刻なのは脇の悪臭です。上に挙げたように脇の下にはアポクリン腺が多く存在しているので、必然的に臭いの強い汗が出やすいのです。

そこで、脇の汗が臭わないようにするために、除菌スプレーやふき取りシートを使うことが重要です。脇は体の中でも通気性が悪い部分なので、必然的に菌も繁殖しやすくなっています。

脇汗対策用スプレーは、香りを添付することで汗の嫌な臭いを防ぐものと、菌の繁殖を防ぐ成分を噴霧することで臭いそのものを消すものに分かれています。

前者は女性に良く好まれています。フローラルの香りや柑橘系の香りなどで、体についた嫌な臭いを消します。ですが、更衣室などで使うときは、あまり香りがきついものだと周囲の人に迷惑をかけることになります。

そのため臭いつき汗スプレーを選ぶのには慎重でいなくてはいけません。それに、香りつきのものだと汗の臭いと混じることで余計に嫌な臭いを発してしまうこともあります。

それに対して、銀イオンやメントールなど、抗菌作用が含まれているスプレーは、汗をかきやすい場所に菌が繁殖するのを防いでくれます。特にメントール配合のものは揮発性が高く、使用後に肌がすっとするのでよりすっきり感を与えてくれます。

汗の量が多くて全身が臭うときの対策グッズ

大量の汗はエクリン腺が分泌する水分が原因です。本来ならば体全体から出る汗がそれほど臭うことはないのですが、表皮が清潔に保たれていないと雑菌によって体臭がきつくなります。

それを防ぐためには、抗菌殺菌作用のあるボディソープを使うことがおすすめです。抗菌石鹸などもあるので試してみてください。

体表面の悪玉菌が少なくなれば、菌が繁殖して臭い物質を排出することを防ぐことが出来ます。また肌荒れやにきびが出来るのも予防してくれます。

ボディソープに含まれる殺菌成分は、イソプロメチルフェノールという、臭いの原因菌のひとつである真菌を駆除するのに優れた成分です。

また、グリチルリチ酸ジカリウムといって炎症の原因となる細菌の働きを抑える成分もよく使われています。ですがこれらの成分は肌への刺激が強いのが問題です。敏感肌の方は、ボディソープを選ぶときに成分表をよく確認するといいでしょう。

服についた汗が臭うときの対策グッズ

汗をかいたままの服をそのまま放置していると、汗の水分から布地についてた雑菌が繁殖するので、結果的に嫌な臭いがしてしまいます。

すぐ着替えられればいいのですが、外出先や仕事中などなかなかうまくいかないシーンも多いですね。そういった場合は衣料用消臭スプレーをうまく使いましょう。

衣料用消臭スプレーは布に付いた雑菌や肌の老廃物など臭いの原因物質を、カプセルのようなもので包み込んで、周囲に臭いが蔓延しない構造となっています。

そのため、洗濯をする時間が無いときでも消臭スプレーを一吹きすれば次の日もまた清潔に近い状態で衣類を着用することが出来ます。

ですが、消臭スプレーのほとんどは臭いが発生するのを防ぐのが目的で、汗による汚れや繁殖してしまった菌を死滅させる効果はありません。

夏場の衣類臭を解決するためには、抗菌洗剤を使ってまめに洗濯をすることも重要です。生乾きを防ぎたいなら乾燥機を利用するのもいいでしょう。

適度な運動でいい汗をかきましょう

汗による悪臭は消臭グッズなどで対応可能です。ですが、もっといいのは体質を改善してエクリン腺に臭いの原因物質が混ざらないようにすることです。

そこで、適度な運動を習慣づけて定期的に体からいい汗を出すようにしましょう。汗は体内の毒素を排出する目的も持っています。運動によって汗から毒素が体の外に出て行くと、血の巡りが良くなったりいい効果が期待できます。

特に糖尿病予備軍の人は、汗に糖質が混ざって嫌なにおいを発することがありますが、これにも運動は効果的です。筋力トレーニングや有酸素運動をすることで、体の中に溜まった糖分を分解することが出来るので症状が悪化するのを防げます。

そして汗をかいた後は必ずお風呂などで体を清潔にしましょう。これを繰り返していると徐々に体臭が改善していきます。そして悪い汗の原因になる病気の存在にも対処することが出来ます。

運動後の汗対策にも、制汗グッズや除菌シートなどは有効に働きます。汗は体にとって必要な働きをするものです。臭い対策グッズを上手に活用して、自分も周囲の人も不快な思いをしないように乗り切りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*