仕事と介護の両立

収入も介護も両方必要

仕事が大好き・仕事が生きがい・収入の為には仕事は必要。しかし急に家族の介護をしなくてはならない状態なると場合によっては介護離職をしなくてはならない状況の方もいます。

自宅での介護となると仕事内容からして今までと同じ仕事が出来ず会社に迷惑をかけてしまうことになる・心身的に両立が難しい・会社の理解が得られない・両方の親なので介護に専念するしかないなどが挙げられます。

しかし、介護離職をするという事は介護に専念することはできますが、介護者の負担がそれで軽くなるかというとそういうわけではなく、逆に様々な負担が増してしまう可能性があります。

介護離職をしてしまう事により、最も不安な事は収入がなくなってしまう事です。

収入がなくなるという事は今までの貯金を切り崩しながらの生活になるという事。

当然貯金は減っていきます。

そうなると介護の肉体的な負担だけではなく、将来への不安も高まり、肉体的・精神的・経済的と全てにおいて負担が重くのしかかってくることになるのです。

また、親の介護をする年代というのは再就職も難しい年齢だという点も大きな問題となります。

親の介護を無事に終えたとしても正社員として雇ってもらえる仕事があるのか、依然と同レベルの収入を得られる仕事につけるかというとなかなか難しく、希望よりも少なくなる確率の方が高いと言えます。

仕事との両立と介護に専念するのとではどちらを選んでも大変であり、介護者自身の心身面の健康を維持するのはどちらも困難です。

続きを読む