難聴

年をとると聞こえづらくなる?

年齢が進むにつれ身体の色々なところに変化があらわれ、戸惑うことが多くなります。

老人性難聴もその1つ。早い方では50歳を過ぎたころから症状があらわれます。

老人性の難聴は特徴があり、例えば人との会話を聞いた場合、音自体は聞き取ることが出来るのですが、年を追うごとにその内容が何を話しているのかがわからなくなり、聞き取りにくくなってきます。

また、低い音よりも高い音から聞こえが悪くなってくる方が多いです。

聴力は右だけ、左だけと片方だけというのではなく、両耳の聞こえが同時に悪くなります。

ある日突然悪化し、聞こえが悪くなるというのではなく、ちょっとした異変を感じ始め、徐々に聞き取りにくい状態と変わっていきます。

続きを読む