老眼

40代になると見えづらくなる?

40代となると急に疲れやすくなる・白髪がチラリと見え始める・髪に艶が無くなる・しみやしわ・たるみ・くすみが気になるなど明らかに20~30代の時と違う身体の変化が起きてきます。

中高年の年代となってくると少しずつ老化というものが足音を立てて、存在感を高めつつ近づいてくるのです。

これが台風のようにピークを過ぎたら老化の症状も消え去ればよいのですが、存在はどんどん大きくなっていき、一度症状があらわれると綺麗に無くなるという事はほぼありません。

様々な老化現象の中で、見た目的に変化は殆ど感じませんが、毎日の暮らしの中で少しずつ支障が出てくるのが目の老化である老眼です。

中高年と言われる40代を過ぎたころから近くのものを見るとぼやける・新聞などの細かい字が見えづらくなる・針に糸が通らないなど不便を感じたことはありませんか?

この症状は目の老化によるもの。

これは老眼と言われ、遅かれ早かれ誰もが年齢と共に起きる症状であり、40代半ばになると約8割の方が今までと違う目症状を実感していると言われています。

老眼は目のピントが合う距離がだんだんと遠くなっていくのが特徴。

老化と共に水晶体のピント合わせの力が低下していくのが原因です。

続きを読む