福祉関係の資格

Pocket

資格

福祉の分野はとても専門性が高いことから、数多くの資格が用意されています。

仕事をしていく上で必須ではないというケースもありますが、資格があって困ることはないでしょう。

どのような福祉の分野で仕事をしていきたいのかによって取得していく資格は大きく変わっていきます。

無数にある資格から自分に合ったものを選んでいくと同時に、資格だけでなくモチベーションを大切にしていくことが福祉の分野では重要になります。

福祉の資格としてもっとも大きな影響力を持つ資格

 

福祉の仕事に従事する際に、万能性の高いもっとも大きな影響力を持っている資格としては、社会福祉士があげられます。

社会福祉士は非常に多くの福祉の分野、現場で仕事をしていける資格であり、児童福祉から高齢者福祉まで幅広く、深い専門性を持って活動をすることはができます。

また、福祉と支援を必要とする人を結びつける役割も持っていると言えるでしょう。

 

次にメジャーなのが、精神保健福祉士です。

これは非常にわかりやすく言ってしまうと、社会福祉士の精神分野に特化したような資格です。

そのため活動場所は主に、精神保健分野となります。

 

また、比較的取り易い資格として介護福祉士があります。

現場の職員として持てる資格の中ではかなり専門性が高いものであり、介護の分野でしっかりと仕事をしていきたいのであれば取得をしておくべき資格でしょう。

 

医療と福祉の狭間にある資格

 

福祉系、医療系両方の資格とも言えるのが、作業療法士です。

作業療法というのは、さまざまな活動を通して、心身に対するリハビリテーション、機能の回復などを図っていく療法です。

ただ、医療にも福祉にも専門性を発揮できるという大きなメリットがある一方で、医療の分野で仕事をしている人と福祉の分野で仕事をしている人とでは、職業の価値観が全く違い、協力しあえないような状態になることも多く、非常に立場が不安定になりがちな職業、資格でもあります。

近年では福祉分野での活動に大きなスポットが当たることも多くなってきており、福祉系の資格としても徐々に注目を集めてくるようになってきています。

 

福祉分野では資格以上にモチベーションが大事

 

福祉の分野での仕事では資格以上にモチベーションが非常に大切になってきます。

相手の立場を考える、状況を正確に把握するなど、モチベーションを高く保っておかないとできないようなことが山ほどあります。

資格を得てそれで満足してしまったり、資格に対して優越感を感じ無資格の人を見下すようなことがあれば、福祉の分野で仕事をしていくことは非常に難しくなるでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です