睡眠不足になりがちなワーキングマザーの快眠方法は?

ワーキングマザー

日本の働くママは本当に忙しい

家事、育児、仕事すべてをこなさなければならないため、どうしても時間に追われ睡眠時間が削られてしまいがち。

あれやこれやという間に深夜になってしまい、神経も高ぶったまま。これではせっかく寝ても熟睡することができません。

睡眠時間が少ないだけでなく、眠りの質も悪くなってしまってはストレスや疲労がたまり、体調を崩してしまうことになりかねません。

日本のワーキングマザーは先進国の中でも睡眠時間が最も少ないと言われています。

これは美学でも何ともなく、決して褒められたことではありません。

健康で元気に働くにはある程度の睡眠時間の確保と質の良い眠りが重要。ワーキングマザーである方は、出来るだけ睡眠時間を確保できるように工夫し、熟睡度と睡眠の質を高めることが大切です。

そんなワーキングマザーにおすすめなのが限られた睡眠時間の中でもぐっすりと眠れる効果が期待できる栄養成分グリシンです。

グリシンが含まれている食品を積極的に摂取する、またはグリシンの成分配合の健康補助食品であるサプリメントをワーキングマザーの生活の中で継続することにより、確保できた睡眠時間の睡眠の質を高めることが期待できます。

今回はそんなワーキングマザーの睡眠の悩みを改善へと導き、睡眠の質を高めるサポートをしてくれるグリシンについてお話していきましょう。

世界中で注目されているグリシンの睡眠改善効果

今多くの睡眠サプリメントに使用され、世界中のワーキングマザーや睡眠に悩む方から注目されている栄養成分であるグリシンはゼラチンから発見された体内で生成される非必須アミノ酸の1つです。

体内にもある安全性の高い物質であり、睡眠改善効果だけでなく、コラーゲン生成・解毒作用・代謝促進など人間の身体の中で健康維持・美容のために大きな役割を果たしています。

睡眠改善としてのグリシンは血管を広げ、血流を良くし、身体の表面の温度を上げる効果が期待できます。

身体の表面の温度が上がると体内の温度は一気に下がり、それと同時に眠気が起きます。

つまりグリシンは入眠に最適な状態に身体を調整してくれる成分なのです。

さらに嬉しいことにグリシンは入眠時だけでなく、深い眠りに入った時の時間を増やす働きもあるため、深いぐっすりとした眠りを実感することが出来ます。

ワーキングマザーの睡眠時間を充実させるグリシンを効率良く摂取するには

グリシンは休息アミノ酸ともよばれている睡眠に役立つ嬉しい成分。体内でも作られますが、睡眠の質を高めたい、快適な眠りをもっと実感したいという御疲れ気味のワーキングマザーは食べ物やサプリメントなどで効率よく補うのが効果的です。

食生活の中ではグリシンを多く含む食品を取り入れること。

そして寝る30分程前にグリシンを含んだサプリメントを取るようにしましょう。

グリシンは安全性も高く、副作用はほとんどない安全な成分ですが、過剰摂取は身体に何かしらの負担をかける恐れがあります。

寝る前に飲む理想的なグリシンは3グラムが目安ですが、サプリメントによって配合量には違いがあります。

また、睡眠に役立つサプリメントにはグリシンだけでなく他にも快眠に導く成分が効率よく配合されているものもあります。

眠りを誘うハーブが配合されたものや他の健康成分を同時に摂取できるもの、グリシンにこだわったもの、グリシンの他に様々なアミノ酸を配合したものなど。

グリシン配合のサプリメントを選ぶ時にはいくつかのサプリメントを比較して、品質や価格、成分内容、評価などをトータルして自分に合う理想的なものを選び、決められた用量を守り継続することが大切です。

早く効果を得たいからと一度に大量に飲むことは避けましょう。

グリシンが多く含まれる食品って何?

グリシンは食事からも美味しく摂取することが出来ます。豊富に含まれる主な食材をご紹介しましょう。

・肉類

豚の皮・鳥の皮・牛の腿肉・ベーコン・牛肩ロース・牛スジ肉・手羽先・鶏のむね肉・豚レバーなど

 

・魚類

イカ・たら・ホタテ・タコ・伊勢エビ・サーモン・マグロ・カニ・ブリ・はまちなど

 

・その他

大豆・大豆製品・パセリ・ナッツ類・ひまわりの種・かぼちゃの種など

 

このように見るとグリシンはたんぱく質を多く含む食品に豊富に含まれているのがわかります。スープや煮物などで煮込んで作った煮込み料理などはグリシンが豊富に溶けだしているので汁ごと食べるのでおすすめです。

ただし肉の皮類などはグリシンだけでなくコラーゲンも豊富でお肌にも良い影響を与える嬉しい食品なのですがどちらかというとカロリーは高めと言えます。

グリシンを豊富に摂取することにこだわって食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまう場合があります。

食べ物でグリシンを摂取する時は3食の中に上手に食材を取り入れ、一度に多くの量を摂取することにはこだわらないようにしましょう。

そして寝る前にはサプリメントで補うようにすればカロリーも気にすることなく、グリシンを賢く摂取することが出来ます。

ワーキングマザーが満足度の高い睡眠時間を確保するためには?

忙しいワーキングマザーにとって睡眠の質を高めてくれるグリシンは心強い味方になってくれることがわかりましたが、ただグリシンさえ摂取すれば安眠できるわけではありません。

睡眠の質を高めることも大切ですが、日中眠くならず、元気に活動するためにはある程度の睡眠時間の確保は必要です。

家事は他の家族に協力してもらう

多くのワーキングマザーは無理をしがち。自分一人であれもこれも頑張ってしまうという方が多いです。家族と話し合い、家事などは上手に分担して協力してもらいましょう。

自分だけ頑張る必要はありません。

夜の電子機器使用は必要最小限にする

夜になるとついついネットショッピングに夢中になったり、テレビやSNS、ゲームなどを深夜まで楽しんでしまいがち。

しかしこれではいつまでも神経を休めることが出来ませんし、脳がリラックスしたくても出来ず、いざ眠るという時に快適に眠ることが出来ません。

寝る1~2時間前には電子機器の使用は避けるようにしましょう。

睡眠時間を確保するためにはメリハリが大切となります。最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、寝る1~2時間前にはブルーライトを浴びる電子機器は使用しないと決めてしまえばそれが当たり前となり、睡眠体制を上手に整えることが出来ます。

眠る時間は決めておく

時には夜に飲みに行くなど夜更かしを楽しむことは発散になり、悪い事ではありません。

しかし普段の日は睡眠時間を決め、夜の生活リズムを整えることは快適な睡眠にとってはとても重要な事です。夜は出来るだけリラックスすることを重要視し、快適な眠りが出来るような生活習慣を整えるようにしましょう。

寝る1時間前に入浴するのがおすすめです。入浴は心身をリラックスさせるだけでなく、身体を芯からあたため、血行を良くしてくれます。

入浴後にグリシンサプリメントを飲むとグリシンの睡眠効果と入浴後の睡眠効果を同時に得ることが出来るので、自然で心地の良い眠気が誘い、スムーズに快適に眠ることが出来ます。

寝室は気持ちよく眠れるよう落ち着いた雰囲気作りも大切です。枕やマットレスは自分にとって快適な高さのもの、かたさのものを選び、パジャマは肌触りの良いものを選びましょう。

照明なども明るすぎず、落ち着いた雰囲気にするとぐっと安眠効果が高まります。

ぐっすりと眠りたいと願うのであれば、夜にやりたいことが睡眠時間を削ってまでも必要な事かどうかを考え、さほどそうでなければ、睡眠時間に当てるようにしましょう。

睡眠の時間をもったいないと思う考えはやめ、身体を休める大切さを重視した生活を意識するとぐっと睡眠の質が高まり、日中は元気に仕事が出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です