毎日忙しく効率よく家事をこなしたいなら時短収納がおすすめ

収納
Pocket

忙しい家事を楽にする知っておきたい収納方法

季節が変わり、今までは違う新たな生活を始める方、またはそういった家族がおられる方、毎日お弁当を作ることになり、家事がますます忙しくなる方など環境の変化に色々と戸惑っている方は多いのではないでしょうか。

また、特別環境は変わっていないけど今までの環境からさらにステップアップさせたい、無駄な事は省いて効率よく快適に生活をしたいと願っている方もいらっしゃると思います。

家事が苦手な方、片付けの苦手な方のほとんどが無駄な収納方法をしていることに気づいていません。

ほんの少し収納方法を変えれば台所仕事や洗濯物整理などがやりやすくなるという事に気づかず、わざわざやりづらい方法で収納をし、手間と時間をかけてしまっている場合が多いのです。

無駄のある収納方法だと一旦は片付いてもまたすぐに効率の悪い作業の積み重ねで元の状態に戻ってしまうことがほとんど。

周囲からも効率の悪さを指摘され、ますます家事が苦手になり、ついには片付けをあきらめ、汚部屋化してしまう方もいます。

そんな方たちを大きくサポートしてくれることで今話題となっているのが時短収納です。

数々のテレビ番組や雑誌でも大きく取り上げられており、多くの主婦や単身赴任中の方、ひとり暮らしの方のハートをわしづかみにしています。

時短収納とは動作にかかる時間を最小限にしてくれる収納方法、整理整頓方法の事を言い、収納名人・アドバイザーの方が誰もが感心する、凄技の収納方法を実際に実践しながら紹介してくれています。

見るだけでも参考になり、自分でもやってみたくなるものばかり。

テレビ番組などは録画し、雑誌なども切り抜いて時間の空いたときに観るようにしておくと良いでしょう。

今回はそんな名人の方の時短収納方法を元に主に家事の中でも台所作業と洗濯物作業、おもちゃ収納が効率よくこなせる時短収納方法についてお話ししていきたいと思います。

台所を時短収納したい!

主婦にとってキッチン・台所は一日の内でかなり長い時間いる大切な場所。

お子様や介護をされている方などは通常の食事の用意のほか、お弁当や特別な食事などを作る場合もあり、限られた時間内で効率の良い作業が求められます。

台所仕事をもっともっと効率よく時短につなげたいと思っている方は多いと思います。

ちょっとした収納方法でそれを実現することは可能。

まずは自分の台所がどのような状態かチェックしてみましょう。

・使用するものが使用しやすい場所においてある

台所だけでなく、仕事場や自分の部屋などすべての部屋に共通して言えることですが、使いたい場所の近くに、使用するものが置いてないと探す手間と時間がかかるため、効率が悪くなります。

出来るだけ調味料・調理箸やお玉、フライ返し、フライパンやお鍋などはコンロのすぐそば、ざる・ボウル、計量カップなどはシンクのそばなどやりたいことがすぐに手の届く場所にあり、動かずに探さずにさっと取り出せる工夫をしましょう。

ゴミ袋はゴミ箱の近くが勿論良いですし、キッチンペーパーやラップなども料理中にすぐ手の届く場所に置くと便利です。

電子レンジや冷蔵庫が使いづらいと思った時は置く場所を検討する必要があるかもしれません。

・便利グッズは本当につかう?

100円ショップなどで時短ができるかと様々な便利調理グッズを買い込んで台所に置いている方は多いのではないでしょうか。

その膨大なグッズがかえって台所の効率を悪くしている可能性もあります。

キッチングッズはよく考えると毎日必ず使用するものは限られており、意外とシンプル。

物が増えてしまうと混乱し、場所の確保や管理も大変になり、手間が増えてしまう場合があります。

これではかえって仕事の能率が悪くなってしまいます。

一度すべてのグッズを確認し、不要なものはしまう、よく使うものとたまに使うものと分けて頻繁に使用するものはすぐ取り出せる場所に置きましょう。

自分の部屋だけでなく、台所も断捨離をすること。

最低限に必要なものをチョイスし、めったに使用しないものは思い切って処分するか、片付けてしまいましょう。

物があふれ、取り出すのに探しながら行う台所仕事は面倒で効率が悪いもの。

台所にあるもの、冷蔵庫内などは「スムーズに取り出せるようにする」をルールにして収納をすると快適になります。

100円ショップで購入するものは台所の場合、便利グッズを購入するよりも収納・出し入れしやすくなるものを購入しましょう。

台所というのは一番の時短の秘訣はすぐに手を伸ばして取れるところに最も使うものを置くこと。

そして出来るだけわかりやすくさっと取りだしやすいように分類するのを心掛ければばっちりです。

洋服の時短収納したい!

毎日着る洋服はどうやって収納するのが楽チンで便利かと考えるとおすすめなのがハンガー干しをしてそのままラックに収納する方法です。

なんといっても嬉しいのはたたまなくて済む事。

干すときにしわにならないようハンガー干しをし、乾かしたら、そのままラックに掛けるだけ。

家族一人ひとり専用スチールラックと、ハンガー干しが出来ない下着類やハンカチ・靴下などを入れる引きだしタイプのポリプロピレンケースを設置すればばっちりです。

まずは思い切って大量のハンガーを用意しましょう。

滑りにくく場所を取り過ぎない、種類が統一されたハンガーなら見た目も綺麗で、量も多く収納できます。

そしてハンガーにかける以外の洗濯物(下着・靴下・タオルやハンカチ等)を取り込みながら仕訳けられる大き目のボックス(かご)を数個用意しましょう。

色別に下着類・靴下類・タオルとハンカチ類などにわかるようにしておくと便利です。

洗濯物を取り込むときはまずはハンガーにかけたものをそのままラックにかけて収納。

その後にその他の下着類や靴下・タオルやハンカチ等を各ボックスに乾いたものを入れましょう。

これですでに洗濯物が仕訳けられているのであとは専用のポリプロポレンケースにたたみながらしまうだけ。

あっという間に洗濯物の片付けが出来てしまいます。

ハンガーをラックに掛ける時は服の向きを統一すること。

見た目的に綺麗にすると楽しく収納が出来ます。

ラックの側面などもベルトやスカーフ、バッグや帽子などがかけられるようにしておくと便利です。

長めの服が多い方はスチールラックにキャスターを付けるか、キャスター付きラックを購入すれば服を床につけることなく収納できますし、移動もらくらく。

部屋の模様替えなどもすぐにできます。

簡単でスッキリおもちゃ収納

最近は大人も子供もおもちゃを持ち、楽しむ時代。

フィギュアやカプセルトイ、ミニカーなど細かいおもちゃで一杯になってしまい、部屋が片付かずに困ってしまっていませんか?ちょっとした時短収納方法をご紹介しましょう。

便利なのはホームセンターなどに売っているカラーボックスなどにさっと入れられるインボックス。

投げ込み収納が出来るのですぐにおもちゃを片付けることができます。

蓋をしたいものは別に蓋が売られているのもあるので便利です。

細かな人形やカプセルトイなどは5段ほどある透明のレターケースなどに収納すると見やすくて便利。すっきりと収納でき、さっと取り出すことが出来ます。

バラバラであちこちの入れ物に入れてしまいがちなパズルなどはジッパー付きのファイルが便利です。

ディッシュスタンドを横に立てるとフィギュアなどディスプレイ収納が出来ます。

ぬいぐるみなどは100円均一ショップの衣装用の収納袋が便利。小さ目のぬいぐるみはウォールポケットを使用すると簡単に見た目にも可愛く収納できます。

また、空いているスペースにハンモックを吊るしておくと、ぽんと乗せて収納できます。

ウッドボックスにキャスターを付けておけば、さっと片づけたい時にも子供も喜んで収納します。

自分や家族が楽なように、使いやすいように考えて収納していき、無駄なものは増やさないように心がけるとどんどん家事の負担が減り、ストレスも減り、時短につながります。

楽しみながら実践してみましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*